【学生インタビュー20】東北芸術工科大学 歴史遺産学科4年 高橋果子

2015.9.1

気になるあの人は何をしているんだろう?

学生インタビュー20人目は、芸工大 歴史遺産学科 高橋果子さんです!

自己紹介をお願いします。

芸工大で民俗人類学を学んでる高橋果子です。芸工祭実行委員会熱気球部 に所属しています。

よろしくお願いします。

歴史遺産学科について教えてください!

同級生は30人しかおらず、みんな仲良くやっています。みんなで集まって「鹿鍋」をやったり飲み会をしていました。「マタギ研究」の先生が鹿肉を持ってきてくれるんですね。そんな東北の自然と近い学科です。

私の専攻する分野に関しては、民俗人類学という分野です。ここではある民族の伝統的な文化、信仰、風俗、慣習、思考の様式を解明することを学びます。。

具体的には、文献講読などのデスクワークから聞き書き調査などのフィールドワークまで、様々な方法で文化や信仰にアプローチしていきます。

他に課外活動として東北文化研究センターのお手伝いなどもしていました。

20150826_kako8

東北文化研究センターではどんなことをしていたのですか?

東北文化研究センターでは、研究員さんのお手伝いをしています。そこでは、研究員さんの調査を学生がお手伝いし、成果をブックレットにする活動も行っています。

過去に行った場所は秋田の阿仁根子や、青森県の下北半島にある野平という地域です。

現在は山形県の白鷹町でヤシキバヤシ調査のお手伝いをしています。

私もこの活動に参加し、東北文化研究センターの蛯原先生に指導を頂ながら、ブックレットを形にしていきました。

20150826_kako

調査とはいったいどういうことをするんですか?

調査は、東北の各地に行き、現地の方からお話を頂いたりすることです。このような調査では、地域の方との関係がとても重要です。勝手に土地に入り込んで話を聞くというより、仲良くなり自然と土地について話してもらいます。

無理やり聞くと、どんな人でも嫌になっちゃいますよね。

高橋さんが思う東北の好きなところを教えてください!

東北は北の地域なので、協力をすることが当たり前でした。除雪であったり、狩りに出て得た肉を当たり前のように地域の人に分けたり。。

そんな東北の助け合うという精神が好きなんです。

助け合う、だから東北の人はやさしいのかもしれませんね。

他に、東北は日本史の表に出てくるのが遅い土地でした。西の人からすれば、非常に謎の土地だったんですね。

そんな、東北のミステリアスな部分も好きです。

最後に卒業論文について教えてください。

私の卒業論文のタイトルは、「旧石切町民俗誌と仙台すずめ踊り」です。

なぜ、仙台すずめ踊りなのかというと、踊りのルーツは約400年前に関西から来た石工たちの踊りと広く知られています。しかし、実は歴史が数十年しかなく、今の形になったのは歴史的にごく最近だそうです。

そのような仙台すずめ踊りが「伝統」と呼ぶことは正しいのでしょうか。大阪堺市がこのルーツを元に「里帰り」という形で仙台すずめ踊りが堺市で踊られている現状があります。

作られた伝統によって行事が成り立っているが、その伝統を気にすることなく楽しんでいるのが事実である。現に私もそうです。

卒業論文を通して「伝統」とはなにか、その本質に迫りたいと思います。

詳しくは、芸工大の卒業・修了制作展で歴史遺産学科を見に来てくださいね。

20150826_kako4

(おまけ1) Q. 大学に入ってから興味を持ったことはありますか?

今、歴史など昔のことを勉強していますが、SF作品が幼いころから好きでした。

大学に入ってからは、勉強もそうですが、さらにSF作品を良く見るようになりました。

中でも先輩に勧められたプラネテスというSF作品が好きです。

公式サイトは下のリンクから

http://www.planet-es.net/

このアニメは、人類が宇宙に出るために、人間や愛とはなんなのかということを考えさせられるテーマを持っています。

宇宙と聞くと、大きいものを想像しますが、実は今私が「人間とはなにか」を知るために東北を調べることに繋がっていると思います。

是非一度、見てください。

(おまけ2) Q. オススメのお店を教えてください。

駅の近くにあるモクカフェです。オシャレな雰囲気と内装で、マスターのこだわりを感じることができます。もちろんスイーツはおいしいです!

もう一つは、フォーラム山形の隣にある、ラトリエ ドゥ シャルロットです。アメリの世界観であったり、トイレのドアに映画 第九地区のエイリアンお断りのステッカーが貼ってあるなど、映画好きにはたまらないフレンチレストランです。

20150826_kako9

編集後記

今回は歴史遺産学科の友人にインタビューしました!

歴史遺産学科おもしろかったなぁ~。

筆者も東北出身なので、調査先であった今エピソードなど、
ここには書けないことが多くありますが、インタビューしてて面白かったです!

ありがとうございました。

ライター まっちんぐゆーいち

この記事を書いた人
まっちんぐゆーいち
写真撮影ならお任せ!

アクセスランキング

おすすめまとめ