【まとめ】レポートの乗り切り方を4年生の先輩に聞いてみた。

2017.7.21

みなさん、レポートは進んでいますか?

芸工大はレポートの量や形式の指定が多かったりして大変ですよね。

そこで今回は、幾多のレポート提出を乗り切った経験を持つ、企画構想学科の先輩にいろいろ聞いてみました !

レポートを乗り切る方法

レポートを乗り切るには、夏休みを想像するのが一番です。

—— といいますと…… ?

レポートをする時間 = 楽しい時間に

150723_report2

目の前のことばかり見ていると、集中力が切れてしまうんですね。だから手が止まってしまう。

楽しい未来を想像しながら目の前のレポートに向き合いましょう。

レポートを書いている時間が、いつのまにか楽しい時間になっていること間違いなしです。

—— そういうことですか。先輩の中では、夏休みは「楽しい」の代名詞なんですね。

自分の土俵で相撲をとる

160721_re1

おすすめの方法はもう一つあります。

自分のフィールドに、レポートの方を持ち込んでしまう方法です。

例えば、映画について論じるレポートがあったとします。自分は音響・音楽に興味があったので、それについて詳しく書けるように論を展開していきました。

そうすると、難しいレポートを作成するのに自分の得意分野の知識を活用できるんです。

苦手な部分は軽く触れる程度でいいんです。苦し紛れにコピペするよりよっぽど頭に入りますから。

長いレポートを書く方法

長めのレポートを書く時は、最初に書くことをリストアップしてしまいましょう。

最初から順番に書く必要はありません。書きやすそうなところから書いてしまうんです。

そこがたくさんかけそうならその分量を若干増やしてしまえば、他が楽になりますから。

—— 小説や脚本を書く時と同じようなプロセスですね。

時間が無くてもクオリティの高いレポートを

レポートをする時間が無かったら、そのレポートについて、1週間前から頭の中でなんとなくでも考えていましょう

前日に1文字も書いていなくても、頭のなかに大枠はあるので、一夜漬けで書いたレポートでもクオリティの高いものが出来ます。

レポートは、準備も大事

あとは、暇な時間に参考文献とか、出典の書き方、段落の分け方など、文章の書き方の基礎を学んでおくといいでしょう。

ネットで検索するといい記事がいくつもヒットするので。

そうしておくと、レポート期間にやらなければいけないことの量が減るので、レポートの内容をブラッシュアップするのに時間が使えます。

——レポート期間でなくてもできることはあるんですね。

勉強するなら外に出よう

カフェで勉強するのがおすすめ

150723_report3

自分の部屋では気が散りやすいので、カフェや喫茶店などで勉強するのがおすすめですね。

その時に、きれいなお姉さんの隣に座ってはいけません。

気が散ってしまって、文章が思い浮かんでこないからです。

勉強におすすめのお店

私のいちばんのオススメは、松見町のタリーズです。

あそこでコーヒーを飲みながら勉強している人が多いので、自分も勉強しなきゃ ! という気にさせてくれます。

—— ありがとうございました !

おわりに

今回は芸工大の先輩へのインタビューでしたが、山形大学生のレポートにも共通する部分は多いのではないでしょうか ?

先輩の経験が詰まったノウハウ記事ですので、レポートの作成に役立ててくださいね !

こちらの記事もオススメです

【まとめ】夏の風物詩 ? 山形のホラースポットまとめ
【まとめ】夏の風物詩 ? 山形のホラースポットまとめ
【まとめ】忘れもの、ヤマを外す、勘違い…経験してほしくないテストでの失敗談まとめ
【まとめ】忘れもの、ヤマを外す、勘違い…経験してほしくないテストでの失敗談まとめ
【まとめ】雰囲気を楽しみたい ! 大学生オススメのカフェ7選
【まとめ】雰囲気を楽しみたい ! 大学生オススメのカフェ7選
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ