【学生団体インタビュー06】Academic cafe

2015.6.21

「学生団体インタビュー」と題したこの企画では、山形で活躍している大学生のサークルや団体を取材し、その魅力をどんどん発信しています。

第6回は、山形大学のプレゼンディスカッションサークル、アカデミックカフェの紹介です!

自己紹介

150621_cafe4

山形大学医学部医学科5年生の阿部尚美です!

Academic Café の創始者で代表です。

150621_cafe5

山形大学人文学部人間文化学科1年生の、菅野愛です。

アカデミックカフェの紹介

高木「アカデミックカフェについて教えて下さい!」

阿部「議論できる仲間が欲しい、せっかく総合大学に来たのだから見識を広めたい!という人が集まる、プレゼンディスカッションサークルです」

菅野「カフェや教室で飲み物やお菓子を囲みながら話すので、そんなに硬い雰囲気ではないです」

阿部「何をやっているのかよくわからないとよく言われるのですが、一言で言うと、知的なおしゃべりコミュニティです」

150621_cafe2

普段の活動

高木「普段はどんな活動をしているのですか?」

阿部「月に1度のイベントを企画しています。テーマを決めて、自由にプレゼンを作ってきて発表し、それについて議論するという会です」

菅野「そのテーマについての専門的な知識は必要なくて、自分が持っている知識や経験の中から考えて、それを共有するというイメージですね」

阿部「『生と死』というテーマで開催したときは、医学部の人が生命の定義について解説したり、人文学部の人がコミュニティの生死について発表したりしました。医学部なのに日本人の死生観をプレゼンした人もいて面白かったですね」

20130923①

メンバー紹介

高木「他に面白いメンバーはいますか?」

阿部「機能高分子工学科なのに数学が好きすぎるメンバーがいます。この人が数学について語るのがすごく面白くて、数学が嫌いだった人文学部の人も彼の話を聞きたがるくらいです」

菅野「私は、高木先輩が面白いと思います」

高木「え、私ですか」

※筆者もAcademic cafe のメンバーです

菅野「いろんな団体に顔を出して、いろいろな分野の知識があるので、どんな話をしても面白いです」

高木「そう言っていただけるとありがたいです」

菅野「変な人ですよね」

高木「えっ」

150621_cafe6

一押しポイント

阿部「やっぱり、面白い人が集まるのがAcademic Cafe のいいところですね」

菅野「自分の好きなことについて語っても、ひかれない場って貴重だと思います」

阿部「いろいろな価値観を持っている人が集まるので、視野がすごい広がりますね」

菅野「直接意見を投げかけて、すぐに反応が帰ってくるリアルな場なので、そこがSNSと違って濃いコミュニケーションが出来る理由なんだと思います」

阿部「メンバー外の人も参加できるので、ふらっと社会人の方が来たりとか、芸工大生と交流できたりとかもします」

20130629①

イベント紹介

高木「この記事を見てくれている人が参加できるイベントはありますか?」

阿部「今週末、6月27日(土)に、一般参加ができるアカデミックカフェが開催されます」

菅野「サークルに入る必要は無いので、気軽に参加できます」

阿部「テーマは、『各分野のホットな話をしよう』です。プレゼン資料を用意してきた人が発表して、参加者全員でそれについてディスカッションします。山形大学のサイタセンターで、13:45開場、14:00開始です」

菅野「途中参加・途中退室、手ぶら参加OKです。メンバー外の参加は無料です」

阿部「その次のカフェが10月の八峰祭になってしまうので、予定が合いそうな人は是非来てください!」

Y-ai掲載用①

最後に一言!

高木「最後に何か言っておきたいことはありますか?」

阿部「私達と一緒に、イベントの企画、開催をしたい人も募集中です!」

菅野「アカデミックカフェの魅力は、参加すれば分かります。むしろ参加しないと分かりません! 是非一度、カフェに遊びに来てください♪」

150621_cafe

関連リンク

【学生団体データベース】

Academic Cafe

ライター:  山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ