【授業紹介】山形を元気にする企業家に学ぶ – ホンモノの地域貢献と地域活性化とは何か –

2015.6.20

一年生は入学から3ヶ月近くが経過し、生活にも慣れてきたのではないでしょうか?

ナツクサで独自にアンケートを実施した結果、

普通の授業は慣れてきたから、社会人と関わってみたい!

先輩とディスカッションをしてみたい!

という声が寄せられました。

そこで、今回は教授に突撃取材を敢行。

「山形を元気にする企業家に学ぶ – ホンモノの地域貢献と地域活性化とは何か -」という授業を、インタビュー形式で紹介します!

※この授業は、単位互換で芸工大生も履修することが出来ます。

※今年の授業は中盤まで開催していますが、聴講という形で、後半のみの参加も可能です!

イントロ

インタビュアー:高木直人 ( 以下高木 )「よろしくお願いします」

福島真司教授 ( 以下福島 )「よろしくお願いします」

150620_hukusima

高木「この授業の概要について教えて下さい!」

福島「え、君去年も一昨年も出てるじゃないですか」

高木「インタビューなので、知らない人にも伝わるように書くんですよ!」

福島「あ、了解しました」

授業紹介

福島「この授業は、真の地域活性化とは何か、自分自身で主体的に生きるとは何かを、山形に生き、山形を元気にする企業家・起業家のみなさんから学ぶ授業です。」

高木「いつ開講されているんですか?」

福島「山形大学で開かれる4回の休日授業、山形県中小企業家同友会例会等の参加、そして2回の企業訪問のうち、一定数の参加と授業専用のSNSへの書き込みで評価をするので、自分の参加できる時に参加することが可能です」

高木「普通の授業とは、かなり方式が違いますよね。中小企業家同友会というのは?」

福島「いい経営者になろう、いい会社をつくろう、いい経営環境をつくろう、という理念のもと活動している経営者団体のことです」

高木「その同友会さんが、なぜ授業に関わっているのでしょうか?」

福島「山形県中小企業家同友会では、よい経営環境をつくろう、という理念の中で、地域の若者を育てるという事業を行っています。その一環としてこの連携授業があり、無料で社長さんが講演に来てくださったり、学外の活動のときに送迎費用を負担してくださったりしています」

高木「同友会の皆様に感謝ですね」

福島「はい。皆様には足を向けて寝られませんよ!」

高木「全方位アウトですね」

授業の様子

高木「今年の授業の様子を教えて下さい!」

福島「え、君今年も」

高木「インタビューなので!」

福島「あ、はい」

福島「最近は山形大学も特別講義が増えてきて、受講生が分散してしまったのか、今年は10〜20人くらいです。ただ、人数が少ないぶん、濃密なディスカッションが繰り広げられていますね」

高木「いいですね。普通の授業ではなかなかできない体験だと思います」

福島「社会人、しかも、山形で活躍する経営者とのディスカッションですからね。学生同士でも深い議論が出来ますし、超おすすめの授業です」

高木「私も、この授業のおかげでいろいろな方とのつながりができたので、受講してよかったです。」

今後の予定

高木「これからの予定を教えていただけますか?」

福島「これからの予定は、以下の通りです」

6/24 (水) 17:45 – 18:50 同友会新庄最上支部設立総会

6/29 (月) 18:30 – 21:00 同友会さくらんぼ支部例会

7/13 (月) 19:00 – 21:00 同友会マイナンバー制度学習会

7/17 (金) 19:00 – 21:00 同友会山形支部社員教育委員会学習会

7/18 (土) 8:30 – 19:15 被災地企業 (岩手同友会) 訪問及び講演

7/23 (月) 18:30 – 21:00 同友会さくらんぼ支部例会

8/2 (日) 9:00 – 12:00 大学での講演 -おわりに-

福島「この記事を読んで気になった人は、私まで連絡してください!」

高木「今日はインタビューにお答えいただき、ありがとうございました!」

福島「こちらこそ、ありがとうございました」

お問い合わせ先

山形大学 EM部教授 福島真司

shinji-fukushima@jm.kj.yamagata-u.ac.jp

関連リンク

山形県中小企業家同友会

http://yamagata.doyu.jp

ライター:山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ