【駅ファブ】3Dプリンターでスマホホルダーを印刷してみた その1

2015.6.8

今週も駅ファブに行ってきました。

ここは行くたびに新しい作品が増えているので、毎週行っても飽きません。

今回は、iPhoneのナビ機能を活用するべく、スマホのカーホルダーを作りたいと思います。

本当はスマホケースをつくる予定だったのですが、6Plusが大きすぎて3Dプリンターのプレートの幅では足りませんでした…

4Sくらいまでなら一発で印刷できたんですけどねー。

データのダウンロード

150531_3dprint14
http://www.thingiverse.com/thing:473656 よりスクショ

海外サイトで、よさげな3Dデータを見つけたのでダウンロードします。

個人で使用するぶんには問題ないのですが、今回はサイトでも紹介するので、商用利用可のクリエイティブ・コモンズだったこのモデルに決定。

ちなみに、データを改変しても、製作者の名前と、同じ商用利用可のライセンスを引き継げば再配布できます。

遠い異国の製作者様に感謝しながら、ダウンロードの完了を待ちます。

150531_3dprint15

ってこの方、日本人や! ( ノリ突っ込み )

印刷設定

普通のプリンターで印刷する時に印刷品質や紙の種類を選ぶのとおなじように、3Dプリンターで印刷するプラスチックの素材や、丈夫さを決める印刷設定を行います。

一昔前に比べてだいぶ簡単に設定できるようになっているらしく、つまずくことはほとんどありませんでした。

150531_3dprint1

[ Print ] をクリック

150531_3dprint2

[ Preferences ] ( 好みの設定 ) をクリック

150531_3dprint4

1層ぶんの高さを0.35mmに、密度をスカスカに設定。

150531_3dprint6

[ OK ]を押して、印刷開始!

150531_3dprint9

USBケーブル経由でデータが送られて、

150531_3dprint10

印刷されていきます。

150531_3dprint11

1時間半ほどで印刷完了。

150531_3dprint12

サポート材をヘラで剥がします。

150531_3dprint13

内側もペリペリっと剥がします。

プラスチックを熱で溶かして積層させていくので、こういうサポート材が無いと固まる前に垂れる可能性があるんですね。

そして、もういくつかの部品を印刷する前に終了時間に。

組み立ては次回に持越しです。

関連リンク

【駅ファブ】3Dプリンターでスマホホルダーを印刷してみた その2

( 執筆中 )

ライター:山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ