【6/11(月)~6/16(土)開催】木見尻郁弥・柏侑来 2人展 「Pisces」

2018.6.12

6/11 (月)~6/16 (土) に、美術科 洋画コース 木見尻郁弥・柏侑来による「Pisces」が東北芸術工科大学 学食2階ギャラリースペースにて開催されています。

今回は、展示をしているメンバーに見どころを詳しく聞いてきました !

自己紹介

kimikashi
美術科 洋画コース3年 木見尻郁弥 (きみじりふみや) です。3月17日生まれのうお座です。好きな音楽はandymoriの「teen’s」です。

kimikashi
美術科 洋画コース3年 柏侑来 (かしわゆうき) です。3月13日生まれのうお座です。好きな音楽はandymoriの「誰にも見つけられない星になれたら」です。

「Pisces」とは ?

美術科 洋画コース 木見尻郁弥・柏侑来による展示です。

展示名である「Pisces」は12星座の中のうお座を意味しているのですが、自己紹介でも言ったように私たちは3月生まれのうお座なんです。この共通点は同学年でも私たちだけなので、奇跡的だと思いこの展示名にしました。また、うお座は古くから音楽や芸術に深く関係する星だと言われているので、2人にとって大切な絵画、そして音楽から着想を得た展示にしました。

今回の展示のテーマは「音楽とときめき」です。2匹の魚=私たちが創り出す展示空間を、ぜひ楽しんでもらいたいですね。

作品について教えてください

kimikashi僕自身の今回の作品テーマは「愛ってなに ? 」です。愛は不確かで、不明確な存在だからこそ、色々な形で存在していますが、結局、何なのかは分からない。好きと嫌いの両極端な問題ではないと思っているので、視覚化出来ないものだからこそ表現したいと強く思いました。絵に使われている模様や、色づかいにもぜひ注目してほしいです。

kimikashi私は今回「少年の記憶」を題材とした作品を展示します。私には双子の兄がいるのですが、幼い頃から兄の姿を見て育ってきたので、男の子の生活を客観視してきました。その当時の記憶と、私が好きなレトロ調を融合した絵に仕上がっていると思います。キャンバス以外にも様々な素材を使って描いているので、固定概念に捉われないユニークな作品になっていると感じますね。

展示の見どころは何ですか ?

kimikashi作品をじっくり見てほしいというのもあるのですが、展示の空間を楽しんでもらいたいですね。僕は以前から、作品とお客さんとの距離の遠さに違和感を感じていて、展示の中には多くの作品があるのに、自分の好みで判断をしてしまうのは、勿体ないと思ったんです。自分たちの空気感を見にきてくださる方々に感じてもらい、装飾や空間全体でコミュニケーションが出来ればと思いますね。

kimikashi今回の展示スペースはエントランスホールとは違った小部屋感があるので、2人のゆるい雰囲気を十分に味わってもらえると思います。ゆるいと言いつつも、固定概念に捉われない変わり種の作品と展示になっているので、私たちのあたたかい色を感じてもらえれば嬉しいです。

最後にひとこと !

大人になってしまった私たちの青春ソングを、どうぞお聴きください。

「Pisces」 詳細

日時

6月11日 (月) ~ 6月16日 (土)

平日 9:00 ~ 21:00

※ 最終日は9:00 ~ 15:00

会場

東北芸術工科大学 学生食堂2階ギャラりー

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー85】東北芸術工科大学 釣りサークル 釣糸 (つりーと)
【学生団体インタビュー85】東北芸術工科大学 釣りサークル 釣糸 (つりーと)
【学生インタビュー261】東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科3年 柴レオン
【学生インタビュー261】東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科3年 柴レオン
【ゆる~く調査79】芸工大生にとって「変態」とは何か聞いてみた
【ゆる~く調査79】芸工大生にとって「変態」とは何か聞いてみた
この記事を書いた人
きくち
つながりは力。

アクセスランキング

おすすめまとめ