【12/22・23開催】SFコメディ !? 劇団めざましどけい 卒業公演2017

2017.11.19

12月22日、23日に「劇団めざましどけい 卒業公演」がおこなわれます。

公演タイトルは「イントレランスの祭り」。ユーモアあふれるSFコメディーで、見どころ満載だそうです !

そこで今回、公演の魅力を劇団めざましどけいさんに直接聞いてきました。

自己紹介

人文学部 人間文化学科 4年の「じゃん」です。役者と演出 (劇のトータルコーディネーター) を担当しています。ぜひ当日は劇中で私のことを探してみてください~。

地域教育文化学部 造形芸術コース4年の髙野琴絵 (たかのことえ) です。私は役者でヒロイン役を担当しています。他には音響と宣伝美術も担当しています。

卒業公演について教えてください

 

12月21日(水)18時から22日(木)13時からと18時から。山形市にある遊学館2Fホールでおこないます。

卒業公演は4年生がメインで劇をおこないます。また、卒業公演の特徴として大道具が豪華です。

また、一番参加する部員が多く劇自体も大規模なんです。

今回のテーマは ?

劇のタイトルは「イントレランスの祭り」です。宇宙人がやってきた日本が舞台で、主人公が恋人に「私宇宙人だったの」と告白されるところから始まります。

テーマは「不寛容」です。宇宙からの難民が地球で過ごしている世界で「差別や偏見」と向き合いながらお話が進みます。

宇宙人に寛容派、宇宙人を容認しない派、様々な立場・意見の中で主人公たちが試されます。価値観とはなにか、考えさせられる劇になると思います。

見どころを教えてください

重たいテーマと思われがちですが、軽くユーモラスな展開が中心です。

また、劇団めざましどけいのコンセプトとして「笑い」を大切にしているんです。なので劇の随所にネタが仕込んでありますのでお楽しみに (笑)

台本で描かれるキャラクターと部員の持っている個性が、SFの世界観にお客さんを引き込みます。

当日への意気込みは ?

劇中でヒロインは宇宙人の女王になれと言われる。しかし、私は宇宙人でもないし、女王になる気持ちもわかりません。なので、日々の生活の中で宇宙人の気持ちや女王になるプレッシャーを想像しています(笑)。当日はお客さんにその気持ちを伝えられるように役作りを頑張りたいと思います。

私は演出ではありますが、役者としてステージに立ちます。ステージでは、「またこいつが登場したよ(笑)」と笑ってもらえるような魅力あるキャラクターになりたいです ! 帰った後でも思い出してもらえるような、心に残る劇をお届けしたいと思います。

最後に一言お願いします

4年間の集大成をお見せしたいと思います !

ぜひお越しください !

詳細

日時

・12月22日(水) 18:00~
・12月23日(木) 13:00~
・12月23日(木) 18:00~

場所

遊学館2Fホール

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー64】劇団めざましどけい (山形大学)
【学生団体インタビュー64】劇団めざましどけい (山形大学)
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ