【リポート】人を好きになるって ? 「SOU-BU FESTA 2017」

2017.10.12

2017年10月12日(木)に東北芸術工科大学にて「SOU-BU FESTA 2017」が開催されました。

社会人のゲストを呼び、ラウンドテーブルという形式で交流するこのイベント。学生は社会人からお話を聞いて将来について視野が深められたようです。

今回は当日の様子を写真を通してご紹介したいと思います。

SOU-BU FESTA 2017について詳しい内容はこちら
【10/11・12開催】人を好きになるって ? 「SOU-BU FESTA 2017」
【10/11・12開催】人を好きになるって ? 「SOU-BU FESTA 2017」

当日の様子

開催場所はアトリエ棟3階の総合美術演習室。演習室まではポスターが貼ってあったので迷わず行くことができました。

廊下にはこんな装飾が施されていました。結構大きなサイズでびっくり !

演習室では総合美術コース1~3年生60名が開始を待っていました。

スタッフの総合美術コース 3年 高橋洋充さんからの開会のあいさつです。

担当教員の佐原先生からは「いろんな経験をした社会人から是非なんでも聞いてください」というお言葉をいただきました。

14:05からはゲストの方からキャリアについてお話をいただきました。「大人になってもまだもがいています」ということに驚きました。

いよいよラウンドテーブルの時間です。学生たちで会場を準備し、ゲストの到着を待ちます。

ゲストの方を迎えてラウンドテーブルの開始です。積極的な学生に驚いているゲストの方もいました。

さっそくキャリアについてのお話をしていました。少人数のテーブルだからこそ、突っ込んだ質問ができたようです。

深い人生のお話に真剣になる場面も。

こちらのテーブルでは話に花が咲いたようで、みんなで笑いあっていました。いったいどんなお話をしていたのでしょうか ?

ラウンドテーブルでは15分おきに他のテーブルにローテーションします。これを5回繰り返して、学生は社会人の方と交流します。

ローテーションの5回それぞれにテーマがありました。筆者は人生で一番やらかしたこと、思ったことに一番興味を持ちましたね (笑)

5回のローテーションが終わり、ゲストの方からの総括の時間です。

「挑戦して失敗しても若いならやり直せる」。人生の先輩から言われると説得力がありますね !

最後は佐原先生からスタッフの方々へねぎらいの言葉が。会場の学生もスタッフに拍手を送りました。

まとめ

ゲストの方に、人生の節目節目における転機、物事への考え方などを話していただいたこのイベント。

なかなか大人と話す機会はないので貴重な経験になったのではないでしょうか ?

スタッフの皆さん、お疲れさまでした !

こんな記事もオススメです

【リポート】夏の議員インターンシップ 最終報告会に行ってきた
【リポート】夏の議員インターンシップ 最終報告会に行ってきた
【リポート】今年のテーマは「昭和レトロ」芸工祭 2017
【リポート】今年のテーマは「昭和レトロ」芸工祭 2017
【リポート】アート、食、音楽を愉しむ。石巻のReborn-Art Fesに行ってみた。
【リポート】アート、食、音楽を愉しむ。石巻のReborn-Art Fesに行ってみた。
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ