【元・学生インタビュー23】文教大学卒 池田咲

2017.11.2

社会人の方に学生時代や今の仕事についてお聞きする【元・学生インタビュー】

23人目は、文教大学卒の池田咲 (いけださき) さんです。

自己紹介

文教大学 健康栄養学部 管理栄養学科 2015年卒の池田 咲 (いけださき) です。

現在は、株式会社KDDIエボルバでラウンダーとして働いています。

休日は旅行に行くことが多いですね。希望日にお休みをとることができるので、連休を使って旅行をすることもあります。最近は、石垣島や竹富島などの沖縄の離島に行くことがマイブームです。台湾や韓国に行くこともありますね。

大学時代について教えてください

大学ではバスケサークルに所属したり、日産スタジアムでの物販のバイトもしていましたが、一番頑張ったのは勉強です。私の通った管理栄養学科は、栄養士や管理栄養士の資格をとるための学科で、大学在学中のほとんどの時間は実習とレポートの繰り返しでした。実習では、主に病院や小学校に赴いて、学校で習った知識を元に、患者さんや子供たちに対して栄養の指導や献立の立案を行います。

特に、3週間の病院実習は本当に大変でした。大学では授業や教科書を通して「これでもか」と学び、しっかり事前準備をして実習に臨みますが、やはり生身の患者さんと接すると全然違います。まず、なによりも患者さんに良くなってもらうために栄養の指導や献立の立案を行うので、実習といえど大きな責任があり手を抜けません。

また、患者さんによっては食べてはいけないものがあったり、1日の摂取カロリーに制限などがあります。それを一人ひとり考えながら献立を考えるのは大変です。さらに、なぜこういう食事をとらなければいけないのかを、患者さんに教えなければいけません。栄養の計算や数値を見せるのも必要ですが、それ以上に相手を思って、丁寧に説明することが大切だと感じましたね。実習は大変でしたが、一人ひとり、相手を思う考え方・姿勢を学べたのは貴重な経験でした。

どのように就活をおこないましたか?

地元の山形に戻って就職するという選択肢もありましたが、大学が神奈川だったので、まずは首都圏での就活を行いました。説明会では良いことしか言われないと思ったので、代表電話に電話して出た社員の対応や態度を見ていました。丁寧に対応してくれて、雰囲気の良さそうな企業を絞っていきました。

大企業を中心に、食品関係など自分が学んだ栄養に関係ある企業を回りましたが、書類選考の時点で大学名で落とされるような感じでした。そこで首都圏での就活をやめて、山形での就職に切り替えることにしました。山形は説明会の規模が首都圏と比べて小さく、自分を売り込みやすかったですね。しかし、食品関係の企業では、山形でも結果が振るわず内定を頂くことはできませんでした。

そんな折、父親からKDDIエボルバの自社ビルが山形に完成するという話を聞きました。そこで、ビックウィングで開催された合同説明会に参加し、ブースに足を運ぶことにしました。はじめはコールセンターと聞いて、クレーム対応など良いイメージが湧きませんでした。

しかし、当時のセンター長から「会社が10年後生き残るためには、社員を大事にしなければいけない」という話を聞いて、働きやすい職場を大事にする企業理念に共感しました。また、コールセンターでの仕事は、大学で勉強した栄養とは全く違う分野ですが、相手を思う姿勢は同じです。自分の学びを活かして、新しい分野に挑戦したいと思いました。

今の仕事について教えてください

KDDIエボルバはコールセンターです。クライアント企業から委託を受けて、その企業のお客様からのお問い合わせを電話で応対しています。私は「ラウンダー」として働いています。ラウンダーは、メインで電話応対する「オペレーター」と同様に電話応対もしますが、それだけでなく、オペレーターが対応に困って手を挙げたときに、アドバイスやサポートを行います。また、お客様とのやり取りの記録や数値データを資料にまとめる仕事もしています。

私の部署では、外車メーカーの窓口を担当しています。高級車を扱っているので、プレミアムなお客様が多く、オペレーターやラウンダーには高いクオリティーが求められます。特に忙しいお客様が多いので、効率よく回答するために「ナレッジ」というものを作成しています。ナレッジとは必要なデータや数値をエクセルで見やすくまとめて、効率的に探せるようにした資料です。私の作ったナレッジが活用されて、通話時間・保留時間の短縮に繋がったときや、クライアントに提出する数値目標が達成されたときは、とてもやりがいを感じますね。

外車メーカーの窓口になる前の担当では、問い合わせの件数が多く、数をこなすのが大変でしたが、今は一本一本をより丁寧に対応していかなければなりません。また、オペレーターで解決できない問題は、ラウンダーの自分でもすぐに解決できないことがあります。知識不足・経験不足については上司と相談しますが、やはりどんどん場数を踏み、経験を積んでいくのが大切だと思っています。

大学生へ応援メッセージをお願いします

社会人になると使える時間が限られてしまいます。なので、大学生のうちは勉強が忙しくても、使える時間はサークルやアルバイトなど、自分のやりたいことに使ってください。

また、企業を選ぶ際は自分が何をしたいのか、何を大事にしているのかをはっきりさせておけば、企業選びがしやすくなります。もし、自分が何をしたいのかがわからないときは、人柄や雰囲気が良いと思った企業を選んでみるのもいいかも知れません。

池田さんの所属する会社について

池田さんからお知らせ

私たちの仕事は電話でお客様をサポートします。形のないサービスに難しさを感じる部分はありますが、私は自分の声にスキルや知識を乗せることで提供できるサービスの良さもたくさん感じています。

KDDIエボルバはオープンな社内空間と季節ごとのイベントもあり、とても働きやすい環境です。一緒にエボルバでやりがいのある仕事を楽しくしませんか?

株式会社KDDIエボルバさんの情報

【企業HP】https://www.k-evolva.com/
【Facebook】https://www.facebook.com/KDDIEvolvaYAMAGATAWORKPLACE/
【Instagram】https://www.instagram.com/kddievolvayamagata/
【メール】yamagata-saiyo@k-evolva.com
【TEL】 0120-996-954 受付/平日9:00~18:00

※お問い合わせの際は「ナツクサを見ました」と言っていただければスムーズです。

関連記事

【元・学生インタビュー21】宮城学院女子大学卒 長岡千枝
【元・学生インタビュー21】宮城学院女子大学卒 長岡千枝
【元・学生インタビュー9】亜細亜大学卒 今井郁美
【元・学生インタビュー9】亜細亜大学卒 今井郁美
【元・学生インタビュー5】東北文教大学卒 加藤詩織
【元・学生インタビュー5】東北文教大学卒 加藤詩織
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ