【元・学生インタビュー25】茨城大学卒 保科美織

2017.11.9

社会人の方に学生時代や今の仕事についてお聞きする【元・学生インタビュー】。

25人目は、茨城大学卒の保科美織 (ほしなみお) さんです。

自己紹介

茨城大学 教育学部 情報文化課程 2017年卒の保科美織 (ほしなみお) です。

現在は、株式会社KDDIエボルバでオペレーターとして働いています。

趣味は休日に音楽ライブに行くことです。椿屋四重奏がお気に入りのアーティストで、ライブにはよく行きます。また、中学・高校時代の山形の友達と遊んだり、ご飯に行ったりすることもありますね。

大学時代について教えてください

大学では「プロジェクト科目」というユニーク授業があり、1〜3年生まで、その活動を頑張りました。私はその中でも「映像工房プロジェクト」というところに所属しており、学生で班を組んで映像作品を制作し、上映会をしていました。1,2年生のうちは、先輩から撮影の技術やスケジュール管理などを学び、3年生になったら、1,2年生の指導や映像制作、上映会までの全体の進行をおこないました。

映像工房プロジェクトでは、これまで学内でのみ上映会を行っていましたが、私が3年生になった代で、学外でも上映しようということになりました。これまでに前例がない初の試みだったので、上映会場をどこにするか、どうやって会場を貸してもらうかなど、新しくしなければならないことが多く、当初はかなり大変でした。また、動員がどれくらいかも予想がつかなかったので、学内で行っていたとき以上に、広報にも力を入れましたね。

地元のさまざまな人にお願いして回った結果、水戸市の商店街近くの広場と、地元のライブハウスを貸していただけることになり、無事、上映会を行うことができました。広場での上映会は屋外モニターを設置していたので、道行く人が足を止めて見てくれたり、近くの歩道橋の上から見てくれる方もいました。事前の広報に力を入れたことと、上映会当日に呼び込みを頑張った結果、多くの方に映画を見ていただくことができ、初めての学外イベントとしては成功することができました。

どのように就活をおこないましたか?

最初は東京で就活を行っていました。就きたい業界や職種は特になかったので、まずは合同説明会で名前の知っている企業のブースに行き、そこから徐々に選択肢を広げていこうと考えていました。しかし、東京で就活するうちに、毎日電車で通勤するのは嫌だなと感じるようになりました。また、目的がないのに東京にいるのは自分のためにならないと思ったため、宮城か山形に就職の軸足を移すことにしました。

ハローワーク主催のUターン学生向け合同説明会に参加し、いろいろな企業を見ていましたが、働きやすそうか、長く働けそうか、福利厚生は充実しているかといったことが企業を選ぶ基準でした。他には、体育会系すぎる企業は自分と雰囲気が合わないので、避けていましたね(笑)。

合説でKDDIエボルバのブースに行ったところ、人事の方の対応が良く、1対1で話をしてくれました。合説にいた企業の中では、一番親身に話を聞いてくれて、こちらからいろいろと質問を聞きやすい雰囲気でした。距離感が近く、信頼感があると思いました。社員の方からも「風通しがいい職場ですよ」という話をお聞きしたので、実際に会社見学をして、選考を受けてみることにしました。

面接は良い感じに進んだのですが、内心、「本当にこの会社に決めてもいいだろうか」と迷っていました。そこで、当時のセンター長との面接の際に「まだ迷っています」と正直に伝えたところ、「自分の人生だから好きに決めていいんだよ」と、無理に引き留めることなく、私に寄り添ってアドバイスをしてくれました。こういった一人ひとりを思う姿勢に共感し、入社することに決めました。

今の仕事について教えてください

KDDIエボルバはコールセンターです。クライアント企業から委託を受けて、その企業のお客様からのお問い合わせを電話で応対しています。私は「オペレーター」として働いており、主にテクニカルサポートをおこなっています。具体的には、お客様にiPadアプリの操作方法をお教えしたり、会員ログインページの利用方法をお伝えします。メールでのお問い合わせ対応もおこなっています。

仕事ではiOSのアプリの操作が必須なのですが、私はこれまでiOSの機器を使ったことがありませんでした。なので現在の仕事を通して、勉強になったなと感じています。最初の頃は、アプリの削除やインストールをする方法すら分かりませんでした。しかし今では、子供が触れる機能の制限方法やブラウザの設定変更など、より詳しい操作方法もご案内できるようになりました。対応し終えた後にお客様から「よくわかりました」と感謝されるのは嬉しいですね。

専門的な知識や経験がなかったので、前例がないような不具合があったときは、パニックになることもありました。しかし、トラブルが起きている最中にもお客様から聞き取りしなければならない項目があるので、お客様にご安心していただくために、自身が冷静に対応する必要があります。今では場数を踏むことでだいぶ慣れてきましたね。また、最近はテクニカルサポート以外の仕事も任せてもらっています。今後も新しい仕事にどんどんチャレンジしたいと思います。

大学生へ応援メッセージをお願いします

卒業してから分かったのですが、社会人は大学生に比べて自分の時間がありません。なので、自分の好きなことややりたいことはどんどんやりましょう !

就活では「自己分析をたくさんした」という人に惑わされないようにしてください。自己分析は大切ですが、どんなに分析しても新しいことができるようになるわけではありません。それよりは、自分が何をしたいのか・どういうことが軸なのかをはっきりさせた方がいいと思います。働きやすさ、職場環境、福利厚生など企業選びの軸になりうる要素はたくさんあります。ぜひ、自分の納得のいく選択をしてくださいね。

保科さんの所属する会社について

保科さんからお知らせ

初めは分からないことだらけでしたが、周囲の方々のサポートのおかげで、ひとつひとつが自分自身の成長につながっていると感じています。

KDDIエボルバは働きやすさを大事にしており、職場環境がとても良いです。社の一員として少しでも会社に貢献できるよう、これからも経験を積んでまいります。

株式会社KDDIエボルバさんの情報

【企業HP】https://www.k-evolva.com/
【Facebook】https://www.facebook.com/KDDIEvolvaYAMAGATAWORKPLACE/
【Instagram】https://www.instagram.com/kddievolvayamagata/
【メール】yamagata-saiyo@k-evolva.com
【TEL】 0120-996-954 受付/平日9:00~18:00

※お問い合わせの際は「ナツクサを見ました」と言っていただければスムーズです。

関連記事

【元・学生インタビュー9】亜細亜大学卒 今井郁美
【元・学生インタビュー9】亜細亜大学卒 今井郁美
【元・学生インタビュー5】東北文教大学卒 加藤詩織
【元・学生インタビュー5】東北文教大学卒 加藤詩織
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ