【学生インタビュー257】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 小出和

2017.10.4

“ 気になるあの人は何をしているんだろう ? “

学生インタビュー257人目は、東北芸術工科大学 企画構想学科3年 小出和 (こいでのどか)さんです。

自己紹介

東北芸術工科大学 企画構想学科3年 小出和 (こいでのどか) です。

大好きなことは睡眠です。高校生の時に14時間くらいぶっ続けで寝たことがあります。今も12時間くらい寝続けることがあります (笑)

芸工大に来たきっかけを教えてください

高校生の時から音楽が大好きで、将来は音楽プロデューサーになりたいと思ったことがきっかけです。他の大学も検討したのですが、オープンキャンパスで感じた学科の雰囲気が決め手となり企画構想学科を志望します。

オープンキャンパスのワークショップにてグループワークをおこなったのですが、学生が主体性を持って進められる形式に魅力を感じました。他大学は講義形式が多く、この実戦形式に惹かれたんです。

また、企画構想学科が「月山青春音楽祭」や「オトナルヤマガタ」という音楽イベントを毎年開催していることも将来の夢と繋がりそうだと思いましたね。

今学んでいることを教えてください

「YAMAGATAひらめきコンペティション」という、企業から課題として出題される商品・サービスについてのアイデアを募集するコンペを企画運営しています。

私はイベント班のリーダーを務めており、班員に指示を出す立場です。班としては11月3日に行われるイベントのゲスト手配や当日マニュアルを作ったり、備品の準備などを進めています。

イベントまで1か月を切ってしまったのですが、夏休みを有効活用できなかったのが痛かったですね。2か月間、メンバー全員が集まることができなかったので、そのしわ寄せが今きています。

ハードなスケジュールですが、11月3日を無事迎えられるように頑張りたいと思います。

大学生活で力を入れていることを教えてください

授業以外にはゼミの活動に力を入れています。山下ゼミに所属しており、現在はタウンページとコラボレーションしている企画を進めています。

具体的には山形の場所にフォーカスを当て、そこに思い出のある人へインタビューをおこないます。それをタウンページ山形版の一部に特集として掲載しています。後期は「山寺」にフォーカスを当てて取材をおこなっています。

山下ゼミでは「自分の足と目と耳で事実を知る」をモットーに掲げています。なので、実際に現地に足を運んでいます。例えば、山寺の一番上にある郵便ポストをずっと担当している方や仏像修復士の方に会いに行く予定です。

この活動を通して取材の方法や、編集について学ぶことができています。このスキルは将来の仕事にもつながると思うので、本気で取り組んで行きたいと思います。

音楽がお好きなようですね !

中学2年生の時に邦ロックにドはまりしたのがきっかけで音楽が好きになりました。当時はサカナクションがお気に入りでしたね。

実は音楽にここまで肩入れしているのには理由があります。中学2年生の頃、学校に友達があまりいなかったんです。しかし、音楽ライブに行くようになってからライブ会場で友達ができるようになりました。音楽のコミュニティってすごいですね !

今もライブや音楽フェスにはよく行きます。「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」「アラバキロックフェス」は最近行きました。

学校以外でも友達ができた感動は今でも覚えています。私はこの音楽の力をもっと活かしたいと思って、音楽プロデューサーを目指そうと思ったんです。

おまけ.オススメのお店を教えてください

「道頓堀 桜田西店」がオススメです。私のバイト先でもあるのですが、イケメンとカワイイ子が多く働いていますよ ! お待ちしております (笑)

YAMAGATAひらめきコンペティション詳細

公式ポスター (タップすると拡大表示ができます)
公式ホームページ

https://hiramekicompe.com/

公式SNS

Twitter[@tuadsolt_compe]

Facebook[@solt Tuad]

Instagram[@tuadsolt]

お問い合わせ先

YAMAGATAひらめきコンペティション事務局(東北芸術工科大学企画構想学科内)

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

[TEL]023-627-2178(平日受付時間 11:00~17:00 ※1-2)

[FAX]023-627-2140

[Mail] hcpyamagata@gmail.com

※1土曜日曜、祝日期間を除きます。 ※2学校閉鎖期間中(8/11~8/20)はメールでの対応のみとさせていただきます。

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー256】東北芸術工科大学 プロダクトデザイン学科3年 増田彩
【学生インタビュー256】東北芸術工科大学 プロダクトデザイン学科3年 増田彩
【学生インタビュー252】東北芸術工科大学 プロダクトデザイン学科 2年 岡谷知幸
【学生インタビュー252】東北芸術工科大学 プロダクトデザイン学科 2年 岡谷知幸
【学生インタビュー251】東北芸術工科大学 企画構想学科 3年 布川昌幸
【学生インタビュー251】東北芸術工科大学 企画構想学科 3年 布川昌幸
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ