【元・学生インタビュー21】宮城学院女子大学卒 長岡千枝

2017.10.21

社会人の方に学生時代や今の仕事についてお聞きする【元・学生インタビュー】。

21人目は、宮城学院女子大学卒の長岡千枝  (ながおかちえ)  さんです。

自己紹介

宮城学院女子大学 学芸学部 心理行動科学科 2015年卒の長岡千枝 (ながおかちえ) です。

現在は株式会社KDDIエボルバでリーダーとして働いています。

休日は1人で温泉や岩盤浴に行って、仕事の疲れをリフレッシュすることが多いですね。よく行くのは「沼木温泉 辻が花」や「岩盤浴 アジアンルルド」などです。

大学時代について教えてください

大学時代は、学科のイベントを運営する委員の活動を頑張っていました。私の担当は会計でしたが、学科の飲み会や交流会の企画・運営にも積極的に携わりましたね。イベントは、学年の上下や先生などとの距離を縮めて、お互いの親睦を深めることはもちろんですが、下級生と仲良くなることで、心理学の実験やアンケートの依頼を頼みやすくするという目的もあります。アンケートなどの依頼は授業や卒業論文で重要になってくるので、この円滑なサイクルを絶やさないためにも、委員は活動しています。

大学祭では、学科で「ココロミル」という心理学を活かしたユニークなブースを出展しました。人間の目の錯覚を利用したトリックアートの展示や、心理学科の学生による性格判断、ウソ発見器の体験などができるブースで、子供から大人まで広く人気を集めることができました。この学科ブースは毎年一番の売上を上げていて、ここで得られた売上が、そのまま学科の飲み会や交流会の運営費に充てられるようになっています。まさに学びを活かしてお金を得て、そのお金を学びのために活かす、という好循環を作れていましたね(笑)

どのように就活をおこないましたか?

地元山形での就職と宮城での就職で迷っていましたが、まずは、就活解禁後の合同説明会に参加しました。事務職に就きたかったので、該当する企業をとにかく回っていましたね。また、大学のキャリア支援センターにも足を運んで企業の情報を集めたり、履歴書の添削や面接練習をしてもらいました。

説明会では、担当者の雰囲気や話す内容が信頼できそうかどうかを企業選びの1つの基準にしていました。例えば、良い面ばかりを強調して、仕事の大変な部分や本音の部分を教えてくれないような企業は避けていましたね。どんな仕事にも大変なことがあるわけですから。あとは、あまり大きい企業ではなく、中小企業をよく見ていました。人数が少ない方が、アットホームで働きやすい環境だと思ったからです。

現在の会社には、山形のビックウィングで開催された合同説明会で出会いました。はじめはコールセンターと聞いて、あまり良い印象がありませんでした。しかし、企業見学で訪れた際、宇宙基地のような自社ビルの外観と、オシャレでイマドキな内装を見て、「山形にこんな企業があるのか」と驚きましたね。特に、開放的な社食や休憩スペースなど、働きやすい環境作りに力を入れている事に惹かれました。また、職場見学や選考を通してお話した職場の方々の人柄が良かったことも決め手でしたね。

今の仕事について教えてください

KDDIエボルバはコールセンターです。クライアント企業から委託を受けて、その企業のお客様からのお問い合わせを電話で応対しています。その中でも私は、実際に電話応対する「オペレーター」の方が困ったときに一緒に回答を考えたり、適切な対応ができるようにアドバイスをする「リーダー」として働いています。また、社内で解決できない質問に対しては、業務を依頼したクライアント企業に問い合わせをしたり、お客様とのやりとりの記録や電話応答率などの報告をするのもリーダーの役割です。

私の部署では、とある通販サービスと修理受付のお問い合わせを担当しているのですが、在庫状況が変動したときや、新しいキャンペーンが始まったときに、オペレーターが上手く対応できない場合があります。その際は、自分がオペレーターだったときの経験を活かして、一緒に説明内容を考えます。また時には、ワイヤレスのモニターを通して、お客様とのやりとりを聞きつつアドバイスをすることもあります。その結果、オペレーターが適切に対応できるようになると嬉しく感じますね。

一方で、イレギュラーで難解なお問い合わせがあった際、私も焦ってしまい状況を悪くしてしまうこともあります。オペレーターは私を信頼して助けを求めてくるのですが、そこで適切にアドバイスができないと、お客様にご迷惑をお掛けしてしまい、オペレーターも不安にさせてしまいます。こうした事態を避けるために、わからないことがあればすぐに上司に相談しに行き、自分の中に回答の引き出しを増やすようにしています。気軽に上司に相談できる職場環境なのでとてもありがたいです。

大学生へ応援メッセージをお願いします

社会人になると、お金はあっても自由な時間があまり取れなくなります。なので、学生のうちに自分の興味のあることをどんどんしておいてほしいと思います。勉強も大切ですが、学生の時にしかできないことはたくさんあります。

私は自己分析などをあまりしておらず、準備不足のまま就活を始めてしまいました。皆さんには自己分析をした上で、やりたい仕事や行きたい企業を選んで欲しいと思います。また、面接のときはしっかりと自分の意見を言うのも大事です。本番は緊張するかもしれませんが、家族や先生に面接の練習をお願いして慣れておけば、きちんと自分のことを伝えられるようになりますよ。

長岡さんの所属する会社について

長岡さんからお知らせ

電話対応に苦手意識や、不安に思うことが最初はありましたが、お客様の困っていることを解決できたり、感謝の言葉を頂くことでやりがいを感じることができました。

KDDIエボルバはサポートが手厚く、環境もよい働きやすい会社だと思います。一緒に働ける仲間が増えることを楽しみにしております。

株式会社KDDIエボルバさんの情報

【企業HP】https://www.k-evolva.com/
【Facebook】https://www.facebook.com/KDDIEvolvaYAMAGATAWORKPLACE/
【Instagram】https://www.instagram.com/kddievolvayamagata/
【メール】yamagata-saiyo@k-evolva.com
【TEL】 0120-996-954 受付/平日9:00~18:00

※お問い合わせの際は「ナツクサを見ました」と言っていただければスムーズです。

関連記事

【元・学生インタビュー9】亜細亜大学卒 今井郁美
【元・学生インタビュー9】亜細亜大学卒 今井郁美
【元・学生インタビュー5】東北文教大学卒 加藤詩織
【元・学生インタビュー5】東北文教大学卒 加藤詩織
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ