【徹底検証】なぜ山形大学には静岡県出身の学生が多いのか? その2

2015.5.7

その2です。

NHK 放送文化研究所・編

現代の県民気質 ——全国県民意識調査—— ( NHK出版 ) 1997

を買いました。

今回は、ここに書いてある、

山形県民がどの都道府県に一番親しみを感じているか?

の統計を使って、以前算出した、

山大生の印象に残る出身地ランキングを補正していきたいと思います!

統計

150507_graph

前の記事のグラフに合わせて18番目まで表示。現代の県民気質より。

やはり、宮城がいちばん親しみを感じるようです。

東京や北海道は、距離が離れていても親しみを感じていますね。

これを使って前回の数字を補正しましょう!

150503_graph2

※前回の検証記事で求めた、印象に残る山大生の出身県ランキング

宮城を基準にしたいので、19.6 ÷ 各項目の数字を計算。

( こうすると宮城の補正値が1になるので、掛けても元の数字が変わらない )

補正値のグラフはこうなります。

150507_graph4

これだと補正がかかりすぎる気がするので、少し弱めます。

具体的には、19を足して20で割ります。

そうすると、こんなグラフに。

スクリーンショット 2015-05-07 12.26.15

先ほどは、静岡と北海道の補正値に約4倍の差がありましたが、これで約1.5倍にまで緩和されました。

これを先ほどをグラフに掛けると…

150507_graph8

なんと、暫定3位につけていた栃木が急浮上。

山形県民は静岡より栃木の方が馴染みが無いようで、それが反映された結果となりました。

逆に北海道は3位に後退。文化的な近さがあるので、人数が多くてもそんなに驚かないイメージに近い気がします。

まとめ

考えうるいろいろな要素で印象度を算出しましたが、静岡県は安定して上位に食い込んでいました。

それが、静岡県出身の人が印象に残りやすい要因かもしれません。

意外だったのが、北関東と山形が、距離は近くても文化的には遠いこと。

その割には山大への進学者が多いので、今度は北関東の特集をしてみようかな、と構想中です。

機会があれば、このグラフが実態に近いものかどうかのアンケートもしてみたいですね。

リンク

【徹底検証】なぜ山形大学には静岡県出身の学生が多いのか?

ライター: 山大3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ