【元・学生インタビュー18】東北芸術工科大学卒 武藤由希奈

2017.9.30

社会人の方に学生時代や今の仕事についてお聞きする【元・学生インタビュー】

18人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科卒の武藤由希奈 (むとうゆきな) さんです。

自己紹介

東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科 2017年卒の武藤由希奈 (むとうゆきな) です。

現在は株式会社ジョインセレモニー パレスグランデールの新入社員として、ウエディングプランナーの基礎研修を行っています。研修終了後は企画室で勤務する予定です。

休日は友達とランチをしたり、家族と温泉に行ったりすることが多いですね。また、水回りの掃除が好きで、主にお風呂掃除をやっています。水回りはピカピカじゃないとダメなんです(笑)。

大学時代について教えてください

大学時代に力を入れたことはアルバイト月山青春音楽祭の2つです。

私は服が好きなので、アパレルのお店で働きました。大学にいるとなかなかそういう機会がありませんが、アルバイトを通して、老若男女の幅広い人との関わりを持つことができました。特にアルバイト仲間の存在は大きかったです。大学生活で大変なことがあったらいつも相談していました。

ときどき気難しいお客様もいて、お叱りを受けることもありましたが、そのような時は丁寧な対応を心がけました。最初は不機嫌そうだったお客様から、最後に感謝の言葉をいただいたときは、自分が成長できたと感じて嬉しかったですね。これを乗り越えたら何でも出来ると思いました。

月山青春音楽祭は、全ての準備・企画・運営を学科の学生たちだけで行うイベントです。企画や広報の担当に人気が集中してしまったため、協賛金を集める「協賛班」のチーフを任されました。お金を集めるのはとても大変なことです。そのため、最初は抵抗感があったのですが、途中から前向きに取り組んでいきました。

私は何事もため込んでしまう性格なので、プレッシャーや不安を感じたときは、とにかく周りの人に話しました。大学の先輩や先生はもとより、母やバイト先の店長さんに相談したこともありました。同世代だけでは解決出来ない問題も、違う世代の人に相談すると視野が広がり、解決への手がかりとなりました。最終的に協賛の目標金額を超えることができ、班のメンバー全員で喜びました。

どのように就活をおこないましたか ?

やりたい仕事が明確でなかったため、まずは卒業制作から手をつけることにしました。卒業制作でテーマにしたのが「法要」です。私は祖父っ子だったのですが、最期を看取ることが出来なかったので、この機会に祖父への恩返しをしようと思いました。

祖父の葬儀の際、ジョインセレモニーの方より親身に対応してもらったことから、話を聞いてもらえるのではないかと思い、パレスグランデールに足を運び相談してみることにしました。学生のざっくりした考えでしたが、真摯に話を聞いてくれて「卒業制作を一緒にやりましょう」と言っていただき、実現することが出来ました。

法要というと、ネガティブで形式化されたイメージをもっている人が多いですが、本来は故人を中心に親族が集まり、皆で思い出を偲ぶことができる大切な機会です。そういったコンセプトを再認識できるように、ホームページでの情報発信やミニペーパーの作成を企画室の方より協力して頂き、進めていきました。

卒業制作に親身に協力していただいた姿勢に憧れて、ここで働きたいと思いました。また、一緒に企画を行っていく中で、会社の雰囲気もとてもよくわかりました。合説や他社の企業見学にも参加しましたが、最終的にジョインセレモニーへの入社を決めました。

今の仕事について教えてください

入社後3ヶ月はパレスグランデールのゲストサービス課にて、結婚式や宴会などの会場スタッフ研修をします。具体的には、会場の設営・撤去や、飲食物の配膳やオーダーなどを行い、サービスマンとしての基礎を学びます。結婚式の演出に合わせてサポートを行うので、式の流れが現場研修を通して理解できるようになります。

それ以降は、パレスグランデール内のフロント・衣裳部・レストラン、葬祭部門の平安典礼、冠婚葬祭互助会などで研修を行い、ジョイングループ全体の仕事内容や部門間の繋がりを理解します。

新入社員なのでできることは限られていますが、どの部門でも、お客様から感謝されることのありがたみを実感しました。結婚式で新郎新婦さんから言葉をかけてもらったとき、また葬儀の際にお客様から感謝されたときには、自分の頑張りが報われたと感じます。先輩社員から感謝されたときも嬉しいですね。

結婚式は華やかに見えますが、裏側のスタッフは体力勝負で、入社前とのギャップを感じました。仕事で大変なことがあると、周囲の人に話をするようにしています。家族はもちろんですが、同期が19人いるので、それぞれ違う部署にいても相談できる仲間が沢山いるのはありがたいですね。

大学生への応援メッセージをお願いします

はじめから自分の居場所はここだと決めつけない方が良いかもしれません。自分のゴールを早い段階から決めないで、大学内外のさまざまな経験を通して視野を広げてほしいと思います。

就活においても、サークルをやっていないとダメだとか、特別な趣味を見つけたりする必要はないはずです。自分の場合はたまたま卒業制作がきっかけで就職につながりました。自分を無理に作るのではなく、ありのままの姿を出していくのが重要だと思います。

また、ひとりで解決しない悩みがある場合は、自分の殻に閉じこもらず、周囲の人にどんどん相談したり、頼ることが大事です。きっと道が開けますよ !

武藤さんの所属する会社について

武藤さんからお知らせ

マイナビ2019を是非ご覧ください !!

株式会社ジョインセレモニーさんの情報

ジョイングループのHPがリニューアルしました !
リクルート情報もありますので、是非ご覧ください !

【ジョイングループ】http://joingroup.co.jp/
~想儀という名の葬儀へ~【平安典礼】http://www.heian-tenrei.com/
~山形の結婚式場~【パレスグランデール】https://palace-net.co.jp/
~”東北初”シビルウエディング専門式場~【オワゾブルー山形】https://oiseau-yamagata.com

【会社情報】

【2016企業インタビュー】株式会社ジョインセレモニー (山形市)
【2016企業インタビュー】株式会社ジョインセレモニー (山形市)
【元・学生インタビュー11】東北福祉大学卒 高橋香輔
【元・学生インタビュー11】東北福祉大学卒 高橋香輔
【元・学生インタビュー3】北海道教育大学函館校卒 松田祥子
【元・学生インタビュー3】北海道教育大学函館校卒 松田祥子
【元・学生インタビュー1】東北学院大学卒 鈴木航
【元・学生インタビュー1】東北学院大学卒 鈴木航

【連絡先】
adopt@palace-net.co.jp (受信可能な設定にした上で)
990-2447 山形市元木1-13-25
ジョイングループ業務支援部 川合 / 山形市元木1-13-25 / (023)633-3491

※説明会やお問い合わせの際は「ナツクサを見ました」と言っていただければスムーズです。

この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ