【2017学祭インタビュー】今年のテーマは「昭和レトロ」芸工祭実行委員

2017.9.3

“山形の学祭の魅力をお届けする【2017学祭インタビュー】”

学祭実行委員会のみなさんやブースを出す学生の方にインタビューを行い、見どころや意気込みを聞いていきます。

2017年の第1回目は、東北芸術工科大学の学祭「芸工祭 (げいこうさい) 」を主催する「芸工祭実行委員会」さんにインタビューしてきました。

自己紹介

洋画コース 3年 高田菜摘 (たかだなつみ) です。実行委員長を務めています。全体のスケジュール管理や実行委員の円滑な運営をおこなっています。

建築環境デザイン学科 2年 岡崎千春 (おかざきちはる) です。副代表を務めています。高田先輩のサポートと「白A」というパフォーマンスグループとの連絡業務をしています。

日本画コース 1年 丸山詩織 (まるやましおり) です。イベント部局に所属しています。外部団体との連絡業務を主にやっています。

芸工祭実行委員について教えてください

芸工祭実行委員は今年は9月の16・17日に開催される芸工祭の運営をおこなう団体です。今年は1、2年生を中心に総勢51名が活動しています。様々な学科の個性的なメンバーが集まっています。

芸工祭実行委員は「青春」を楽しめる団体です。制作など一人で取り組むことが多い大学生活の中で、学科学年入り乱れて芸工祭という一つのものの完成を目指します。

また、芸工祭の業務のみをおこなうだけではなく、花見や芋煮など季節ごとのイベントが盛んです。打ち上げでは涙を流す人も・・・。実行委員の全員が本気で青春を楽しんでいます !

みなさんの雰囲気について教えてください

今年も個性的なメンバーが会室をにぎやかにしています。2,3年生は独り言を言いながら作業をしていたり、1年生が来ると先輩っぽくシャキッとふるまったり。面白いですよ(笑)

今年から実行委員に所属しています。規模も大きいので、活動もかなり厳しいのかなと思っていましたが、新しい企画へのチャレンジなどのびのびと活動させてもらっています。

また、部局ごとに集まって、ブース会というのを月1回しています。活動後にご飯に行ったり、家でパーティーをしたり、仕事はこなして騒ぐ時は騒ぐ、遊ぶときは遊ぶのON,OFFはハッキリとしている団体だと思います。

今年のテーマはなんですか ?

今年のテーマは「昭和レトロ」です。「昭和=変化と上昇」と捉え、新しいことにチャレンジしたいという想いで設定しました。

新しい取り組みとして、フリーマーケットの新設をおこないます。また、昨年まで展示をおこなっていた体育館はイベントステージとして生まれ変わります。ぜひお楽しみに !

装飾も昭和をイメージ。放浪看板っぽいものを色んな所に設置したり、昭和をイメージしたフラッグを飾ります。また、鏡池を銭湯の湯船に、芸工大本館を富士山に見立てて装飾を施します。

芸工祭の見どころを教えてください

たくさんありすぎて何から話すか迷っているので、3つだけお話します !

1つ目は、世界的エンターテインメント集団「白A」によるパフォーマンスです。9/17の18:30から体育館で開催します。「パフォーマンス」と「テクノサウンド」を融合させた近未来型エンターテインメントをお見逃しなく !

2つ目は、大友啓史監督によるトークショーです。9/16 14:30から本館201講義室で開催します。「るろうに剣心」シリーズ、「3月のライオン」を手掛けた大友監督から、名作を生み出す情熱を語っていただきます。

3つ目は、9/16 16:30から開催の「文芸ラジオ」です。ワンピースのサンジ役で知られる声優の平田広明さんへの公開インタビューです。プロフェッショナルの素顔に迫ります !

最後に一言お願いいたします

今年は東京の美大に負けないクオリティーを目指しています。展示や作品販売に力を入れて、芸工大のクリエイティブ感を全力で楽しめるような仕掛けがいっぱい !

昭和のようなテンションで、学生や来場される方はもちろん、スタッフも楽しめる芸工祭を迎えたいと思います !

芸工祭ニイゼロイチナナ 詳細

日時

9月16日(土) 9:00~19:00

9月17日(日) 9:00~19:30

場所

東北芸術工科大学

アクセス

東北芸術工科大学公式HP

関連リンク

公式Twitter

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー79】Art in Life (東北芸術工科大学)
【学生団体インタビュー79】Art in Life (東北芸術工科大学)
【学生団体インタビュー75】東北芸術工科大学 軽音サークル
【学生団体インタビュー75】東北芸術工科大学 軽音サークル
【学生団体インタビュー73】東北芸術工科大学 エアソフトサークル
【学生団体インタビュー73】東北芸術工科大学 エアソフトサークル
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ