【学生インタビュー250】東北芸術工科大学 文芸学科 1年 樋口詩歩

2017.8.29

“気になるあの人は何をしているんだろう ? “

学生インタビュー250人目は、東北芸術工科大学 芸術学部 文芸学科 1年 樋口詩歩(ひぐちしほ)さんです。

自己紹介

東北芸術工科大学 芸術学部 文芸学科 1年の樋口詩歩 (ひぐちしほ) です。

趣味はアプリゲームと音楽鑑賞です。ゲームはパズルゲームとか、FGO(Fate/Grand Order)をよくします。

芸工大に来たきっかけを教えてください

高校3年の春に、文芸学科の小説家志望の高校生向けに開かれた講義に参加して、その時の教え方が分かりやすかったので、ここで学びたいと思いました。

私が小説を好きになった理由は、小学生の時に祖父の家で見つけた『狼王ロボ』を読んで「あ、面白いな」って。その時の感動は生涯忘れないですね。

そんな理由もありまして、私の将来の夢はシナリオライターなんです。他にもいろんな小説や漫画を読んだり、ゲームをやったりしているうちに自分でシナリオを書いてみたいと思います。

大学は楽しいですか ?

思っていたより面白そうな授業が沢山あったのでとても楽しんでいると思います。学科の授業はもちろんですが、心理学なども受講してみたいです。学んだことはキャラクターの心情表現などに活かしたいですね。

目標とするスキルとしては、自分の思い描いている物語を書きだせるようになりたいので、文章力を身に着けたいです。そのために学科の課題をしっかりとこなしていきたいと思います。

あと、美術館や博物館で働くことにも興味があります。可能性を広げるためにも学芸員の資格も狙ったいきたいと思います。(笑)

夢に向けて努力していることはありますか ?

本やゲームなど自分の興味のあるものに片っ端から挑戦し、良い所、面白い所を勉強しています。しかし、コンテンツを買うために大金が必要なのは難点ですね

そのためにアルバイトを始めました。生まれて初めてのアルバイトなので大学生活とうまく両立できたらいいなと思っています。

最後に一言お願いします !

FGO (Fate/Grand Order) をやっているという人がいましたら、ぜひお話しましょう (笑)

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー249】東北芸術工科大学 芸術学部 洋画コース3年 滝口あかり
【学生インタビュー249】東北芸術工科大学 芸術学部 洋画コース3年 滝口あかり
【学生インタビュー248】東北芸術工科大学 企画構想学科 3年 石山佳樹
【学生インタビュー248】東北芸術工科大学 企画構想学科 3年 石山佳樹
【学生インタビュー247】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 佐藤真友奈
【学生インタビュー247】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 佐藤真友奈
この記事を書いた人
まだアカウントが作成されていないライターです。

アクセスランキング

おすすめまとめ