【夏休み】山形大学 小白川バスケットボール会に夏合宿について聞いてみた

2017.7.14

7月も中旬になり、いよいよ夏休みが近づいてまいりました。

夏と言えばいろいろありますが、サークルでの合宿を楽しみにしている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回、この夏に合宿するサークルさんへどこでどんなことをするのか聞いてきました !

自己紹介

takahashi地域教育文化学部 異文化交流コース 2年 佐々木翔 (ささきかける) です。代表を務めています。バスケ歴は12年です。コーヒーが好きで、よくカフェ巡りをします。オススメは駅前の月カフェですね。

takahashi地域教育文化学部 生活環境科学コース 2年 小野凌我 (おのりょうが) です。副代表を務めています。ポディションはパワーフォワード(オールラウンドに)です。休日は居酒屋とプールの監視員をしています。

小白川バスケットボール会はどんなサークルですか ?

僕たちは「ゆる~くバスケットボールを楽しむ」をコンセプトに活動しています。小白川キャンパスの学生約70人が中心に、毎週金曜日と日曜日に練習をしています。

やりたい人は春と秋にフープフェスタという大会に向けて練習をしたり、山大カップという山大のバスケサークル同士で試合をするイベントへの参加するメンバーもいますね。

未経験者も多く、男女混合で練習や試合に参加しています。他には季節ごとにBBQや芋煮会などのイベント、夏と冬に合宿をおこなっています。

サークルの雰囲気について教えてください

ゆる~く楽しむがコンセプトなので、ミスしても咎めることなくやっています。ガチガチな上下関係もなく、すべてがゆる~くという感じです。

大会後の打ち上げでは、特技や鍛え上げた肉体美を披露する先輩がいるなど、ハジける人が多いですね ! バスケットボールを通して、THE大学生を楽しむことができると思います !

サークルに入ったきっかけは何ですか ?

takahashi僕は推薦で進学が決まっており、山大にいる先輩に伝えたらサークルに誘われました。入学前の出来事です (笑) 。高校までやってきたバスケットボールを続けるつもりだったので、そのまま入りましたね。ガチガチな上下関係がなく、オープンな雰囲気だったのも「大学ではバスケを楽しんでやりたい」という理想と合致したのも理由です。

takahashi大学でもバスケはしたかったのですが、ガチガチな上下関係や練習よりも、バスケを楽しみたいと思っていましたね。他のサークルも検討しましたが、決め手は人数の多さでした。人数が多い方が練習や季節のイベントが楽しめますから !

今年の夏合宿はどこに行くんですか ?

今年は朝日町にある朝日自然館に行きます。山形大学生協を通して予約しました。人数と日にちと条件を伝えたら全部手配してくれました。バスも手配してもらえたのは大きいですね。

日中は大江町町民体育館を借りていて、そこでレクリエーションをおこないます。バスケだけではなく、障害物競走やドッチビーなどをする予定です。そのあとに、朝日自然館に行きます。

朝日自然館では大小複数のコテージを借りています。みんなが集まれる大きなコテージでは、飲む人は飲んで騒ぎます (笑) また、コテージごとにご飯を作る予定です。キッチン設備が全部あるので使いやすいんです。そこも朝日自然館を選んだポイントですね。

なにかエピソードはありますか ?

毎年、この合宿をきっかけに開花する人がいます (笑) 。どういうことかと言うと、今まではおとなしかった人がレクをやっている最中や、夜の飲み会の席で普段のイメージから想像できない姿を見せるんです。

周囲の迷惑にならない程度に大騒ぎする伝統があって、その空気がそうさせるみたいですね。今年は上級生のテンションについて来れるかな ? (笑) 。他には、ボケが秀逸な人が多くてツッコミも激しく入り乱れます。このボケとツッコミのリズムはうちのサークルならではですね。

人数が多いので普段話したことのない人が必ずいるのですが、合宿を通して仲良くなったり、様々なエピソードが繰り広げられます。今年はどんなストーリーが生まれるのか楽しみです。

最後にひとことお願いします!

半数くらいが初心者です。ゆる~いノリも僕たちの魅力。経験者から初心者までもが楽しめる仕掛けがたくさんあるので、興味のある人はぜひ連絡をください !

ご連絡はこちらから

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー77】山形大学 音楽愛好会
【学生団体インタビュー77】山形大学 音楽愛好会
【学生団体インタビュー76】国際交流サークル IF (山形大学)
【学生団体インタビュー76】国際交流サークル IF (山形大学)
【学生団体インタビュー75】東北芸術工科大学 軽音サークル
【学生団体インタビュー75】東北芸術工科大学 軽音サークル
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ