【学生インタビュー247】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 佐藤真友奈

2017.7.20

気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー247人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科3年 佐藤真友奈 (さとう まゆな) さんです。

自己紹介

東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科3年 佐藤真友奈 (さとうまゆな) です。

あだ名は「まゆぱん」です。諸説ありますが、小学校の頃にパンダにハマっていたことがあだ名の由来らしいです。

芸工大に来たきっかけは何ですか ?

パソコンでイラストを書くことが多く、自分の特技を伸ばせる大学に進みたいと思っていました。そこで、母親から勧められたのが芸工大です。さっそく、オープンキャンパスに参加しました。様々な学科を見ていたところ、玉こんにゃくを配っているブースを見つけたんです。もらって食べていたところ、気がついたら企画構想学科のワークショップに参加していました(笑)

ワークショップの内容は企業と企業を掛け合わせて、新しい商品やサービスを作るというのもです。昔から人と話すことが好きだった私は、グループワークにドはまりしました。高校までは話すのが苦手な人や、議論に消極的な人が多かったのですが、企画構想学科のワークショップは別で、全員の意識が高かったんです。

また、先生にもお話を聞きました。企画構想学科はプロジェクトそのもののデザインをする学科だということ。その点に惹かれて、1人のデザイナーではなく、ディレクションする立場からプロジェクトに関わっていきたいと思いましたね。なぜなら、自分よりも専門的なデザインができる人はたくさんいるからです。

今取り組んでいることはなんですか ?

「YAMAGATAひらめきコンペティション」という、企業から課題として出題される商品・サービスについてのアイデアを募集するコンペを企画運営しています。

私は代表という立場でこの授業に関わっています。代表になってからというもの、みんなに助けてもらいっぱなしで頭が上がらないですね。私が言った意図をくみ取ってくれて、テキパキと仕事をこなしてくれます。

また、授業初めにコール&レスポンスということをしています。「ひらめきで ! 鮮やかに ! 」×3「どこをだー?」「山形だー」「よっしゃいくぞー」「レッツジーニアス ! 」こんな感じで授業がスタートするのですが、すっごい楽しいです (笑) 。最初は恥ずかしかったんですが、コール&レスポンスによって一体感が生まれました。みんなも楽しくやってくれるので、毎週この授業が楽しみですね !

この授業では47名の企画構想学科3年生が関わっているのですが、様々な部署に分かれています。協賛企業とやり取りをする営業班、コンペに関することすべてを企画する企画班、PRをおこなう広報班、11/3の表彰式を考えるイベント班、予算を管理する経理。そしてこの5つの班を総括して方向性を整えていくのが執行部です。

実際にクライアント様がいるので、ぬるいことはできません。しかし、授業はじめに執行部で「楽しくやる」というポリシーを決めました。そのために、頑張っている人を褒める仕組みを実施中です。47人もいるとワークバランスに偏りができてしまいます。そのために、頑張っている人に投票し授業終わりに班員を評価するようにしています。特に頑張った人に何か特典を設けたいですね !

コンペティションに対する思いを教えてください

「ひらめきで山形をあざやかに」がコンセプト。そして、協賛いただいている企業に良いアイデアを提供し、山形に還元できる仕組みを作れることが目標です。

始め、学生メンバーで山形に対するイメージを出し合ったところ、暗いイメージが多かったんです。その理由は、企業活動と学生の熱意が上手く結びついていないんじゃないかと分析して動き始めました。そして、その想いを胸に企業さんを訪問したところ、学生を応援してくれる企業さんが多くあることを知ります。

どういう形であれ、学生の活動を応援してくれる企業がいたことに山形の可能性を感じましたね。また、学生とコラボしたいという企業さんが多数いたのですが、コネクションがなくコラボできないという意見もありました。そこで、企業と学生の熱意を形にでき、山形を盛り上げるために「YAMAGATAひらめきコンペティション」を開催することに。

YAMAGATAひらめきコンペティションでは、企業の課題に対してアイデアや企画を応募してもらう形になります。賞金や副賞も豪華ですよ ! また、応募いただいたアイデアや企画が企業に採用されて実現するかも ! ぜひぜひチャレンジしてみてください !

将来の夢はなんですか ?

まだ業界は決めていませんが、キャリアウーマンになってバリバリ働きたいです!

人間に与えられた「考える」という能力を最大限活かしていきたいですね ! そのために、大学では得意なことを伸ばし、不得意なことを克服できるよう頑張りたいと思います。

YAMAGATAひらめきコンペティション詳細

公式ポスター (タップすると拡大表示ができます)
公式ホームページ

https://hiramekicompe.com/

公式SNS

Twitter[@tuadsolt_compe]

Facebook[@solt Tuad]

Instagram[@tuadsolt]

お問い合わせ先

YAMAGATAひらめきコンペティション事務局(東北芸術工科大学企画構想学科内)

〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5

[TEL]023-627-2178(平日受付時間 11:00~17:00 ※1-2)

[FAX]023-627-2140

[Mail] hcpyamagata@gmail.com

※1土曜日曜、祝日期間を除きます。 ※2学校閉鎖期間中(8/11~8/20)はメールでの対応のみとさせていただきます。

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー246】東北芸術工科大学 企画構想学科 3年 宇野美優
【学生インタビュー246】東北芸術工科大学 企画構想学科 3年 宇野美優
【学生インタビュー245】東北芸術工科大学 美術科 総合美術コース3年 髙橋洋充
【学生インタビュー245】東北芸術工科大学 美術科 総合美術コース3年 髙橋洋充
【学生インタビュー242 & 243】東北芸術工科大学 美術科 工芸コース 陶芸専攻 3年 後藤有美&早坂美郷
【学生インタビュー242 & 243】東北芸術工科大学 美術科 工芸コース 陶芸専攻 3年 後藤有美&早坂美郷
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ