【リポート】学生団体ドットジェイピー主催「日本をデザインしよう」ワークショップに行ってきた (動画あり)

2017.6.29

6/24(土)に山形市にある霞城セントラル23階の高度情報会議室で学生団体ドットジェイピー主催「日本をデザインしよう」のワークショップがおこなわれました。

総理大臣の視点で日本を現状を理解して、どんな政策をしたらよりよい日本になるのか。社会や政策立案について理解を深められるワークショップです。

今回は写真を中心に、ワークショップの様子をお届けします!

会場まで

霞城セントラルの中は広く、23階の高度情報会議室へはエレベーターなどを使っていかなければなりません。しかし、スタッフの方が随所におり、誘導してくれました。

挨拶

ワークショップの責任者による柳澤さんからのご挨拶。社会や政策立案について理解を深めるという今回のワークショップへの想いを話していただきました。

アイスブレイク

単に自己紹介をするのではなく、他人の紹介をおこなう「他己自己紹介」というものをおこないました。

コミュニケーションが重要になるこのアイスブレイク。しかし、最初から打ち解けているグループが多かったです (笑)

次に、「私はだーれだ」というアイスブレイクをしました。

背中に貼ってあるお題を他人に聞いていき、自分はだれなのか、何なのか当てるゲームです。

それぞれ席を立って、会場にいる人に聞きまわっていました。このアイスブレイクのおかげで、参加者もスタッフもかなり打ち解けたようです。

ワーク

アイスブレイクが終わり、ここから本題が始まります。

まずは「人口減少が問題にならない国って ?」というテーマでのグループワークをしました。人口減少という切り口で、今の日本について理解を深めます。

次に、「今の日本の課題は何ですか ?」というテーマでとにかく課題を付箋に書き出しました。

複数人で意見を出し合うと、様々な視点からの課題がたくさんでます。

今まで出した課題をもとに、政策を考えることに。まずは、スタッフの方が一連の流れを説明してくれました。

いよいよ発表用の資料の作成です。模造紙に書いたメモから、提案のテーマを決めます。

そして議論を重ねて、パネルにプレゼンテーション用のメモを書きます。スタッフの方も補助もあり、時間内にどちらのグループも終わったようです。

いざ発表 !(動画)

さいごに

いかがでしたか ?

時間が空いていたから参加してみた、という方も大変為になったワークショップだと言っていました。

今後もドットジェイピーさんはこのようなワークショップを開催するそうなので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか ?

こんな記事もオススメです

【リポート】学生団体ドットジェイピー主催「2017年春の議員交流会」に行ってきた
【リポート】学生団体ドットジェイピー主催「2017年春の議員交流会」に行ってきた
【学生団体インタビュー42】ドットジェイピー山形支部
【学生団体インタビュー42】ドットジェイピー山形支部
【学生インタビュー235】東北芸術工科大学 歴史遺産学科 3年 柳澤もも
【学生インタビュー235】東北芸術工科大学 歴史遺産学科 3年 柳澤もも
【学生インタビュー221】山形大学 人文学部 法経政策学科 2年 高原好
【学生インタビュー221】山形大学 人文学部 法経政策学科 2年 高原好
【学生インタビュー220】山形大学 工学部 応用生命システム工学科 3年 大上将輝
【学生インタビュー220】山形大学 工学部 応用生命システム工学科 3年 大上将輝
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ