今この瞬間からできる、楽しいTOEICリスニング対策

2015.4.30

もうすぐ4月も終わりですね。

時が経つのは早いものです……

ということは、一年生はあと2ヶ月ちょっとで、TOEICの試験日です。

この調子でいくと、対策をする前にあっという間に7月に……!?

そこで、今回は、私がTOEICの2ヶ月前に実践していたリスニング対策の中でも、

楽しくできて、続けられた教材を厳選して紹介したいと思います!

今回紹介する教材

・速読英単語・入門編

・TED

・NHK World

・Science in the News

・バイリンガール英会話 ( YouTubeチャンネル )

速読英単語・入門編

言わずと知れた、受験生の味方、Z会の「速短」シリーズの入門編です。

リスニング対策に単語帳?と思われるかもしれませんが、対策には、これの別売のCDを使います。

ここで取り上げられている英文が程よく簡単で、なおかつ日本語訳が見開きでついているので、意味を調べる時間を極限まで減らすことができます。

リスニング対策に難しい英文を聞く必要はありません。簡単な英文をすらすらと音読出来るようになれば、聞き取るのも簡単になります。

私が行った練習法は、このCDで読み上げられる文章を徹底的に真似することです。

「シャドウィング」とよばれる手法ですね。

流れてくる英文に、0.1秒くらい遅れてオウム返しします。完全にリズムや音をまねるつもりで。

そうすると、英語特有のリズムや音に慣れてきて、どこを集中して聞けば文章の内容がつかめるのかが感覚的に分かるようになります。

TED

英語のリズムに慣れてきたら、ずっと同じ英文の繰り返しは飽きてくると思います。

そこで、私が次に手を出したのはTEDです。

https://www.youtube.com/user/cyoshida1231

TEDとは、世界中で面白い活動をしている人たちが、英語でプレゼンした動画を集めたサイトのことです。

いろいろな分野の面白いトピックがまとめられているので、自分が興味のある分野の動画を見ながらついでに英語の勉強もできちゃいます。日本語の翻訳も充実していたり、字幕の言語が選べたりするので、英語学習にもぴったりです。

さらに、英語圏ではない人が喋る英語を聞くことも出来るので、いろいろな癖のある英語に耳をならすことができます。

国際交流や共同研究では共通語としての英語を使う機会が多くあるので、理系文系問わず慣れておいて損はないですね。

非英語圏の人の方が平易な英語をゆっくりしゃべってくれるので、慣れるとネイティブより分かりやすかったりします。

NHK World

政治や経済などのニュースを英語で聞くことが出来る、NHKのサイトです。

24時間無料でニュース映像を配信しています。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/

本サイトでは字幕が出ませんが、ニュースで英会話という番組で英語学習の教材として使われているので、そこのサイトで日本語訳や文章・単語の解説が見れたりします。

リスニングより少し早口で、単語もレベルが上がるので、高得点を狙いたい人におすすめです。

その他

理系でバリバリ英語を使いたい人向け

Science in the News

http://learningenglish.voanews.com/archive/learningenglish-programs-radio-science-in-the-news/latest/1579/1579.html

実践的な日常会話を身につけたい人向け

バイリンガール英会話 ( YouTubeチャンネル )

https://www.youtube.com/user/cyoshida1231

まとめ

今の時代、アニメや映画の英語バージョンや、海外の動画サイトで、様々な英語を聞くことができます。

自分の興味や専門を教材にできる英語学習や、より実践に近い英語学習を意識すると、モチベーションも保てると思います。

まだまだTOEICは先ですが、楽しみながら、コツコツ英語力を伸ばしちゃいましょう!

ライター:山形大学3年 たーかぎー

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ