【学生団体インタビュー74】山形大学 軽音楽研究会

2017.5.30

頑張っている学生団体やサークルを取材し、その魅力をご紹介する【学生団体インタビュー】

74回目は 山形大学 軽音楽研究会の皆さんにお話を聞いてきました !

自己紹介

takahashi人文学部 法経政策学科 2年の本間伊織です。部長を務めています。好きな作品は「デジモン」です。リアルタイムで見ていたのはデジモンセイバーズですね。

takahashi理学部 物質生命科学科 2年の九悔航です。副部長を務めています。好きなアニメは「そらのいろ、みずのいろ」です。水泳部の話なんですが、主人公と2人のヒロインの織り成す3角関係がいいんです。高校時代を思い出せる作品ですね。

takahashi人文学部 法経政策学科 2年の森谷将臣です。会計をやっています。好きな作品は「ジョジョの奇妙な冒険」です。特に5部が好きですね。ジョルノ・ジョバァーナがかっこいい !

軽音楽研究会はどんな活動をしているんですか ?

2ヶ月に1回の頻度で開催しているライブのために日々練習しています。場所は体育館横の部室棟音楽練習室です。

入部後、バンドを組んでそれぞれが練習します。定期的にバンドメンバーは組み替えたりしており、人によっては様々なジャンルの曲に挑戦することが可能です。もちろん、1つのバンドを極めるという人もいますよ !

現在は米沢キャンパスのメンバーを含めて45人在籍しています。ちょっとだけ女子部員が多い感じです。特定のグループに固まることなく、みんなで音楽を楽しんでいます。

ちょっとした自慢なんですが、幽霊部員がいません ! たぶん、馴染みやすい環境なんだと思います。

軽音楽研究会の雰囲気について教えてください

バンドによって異なりますが、「ピリッ」とした雰囲気でやっているバンドもあれば、「とにかく音楽を楽しむ ! 」そんな雰囲気のバンドもあります。それぞれ、和気あいあいとメリハリのある活動をしていると思いますね。

ライブではいろんなジャンルがあり、重い曲の時は部員で頭を振ったり、しっとりとした弾き語りであれば静かに聞きます。

サークルのライブは同じ軽音楽研究会のメンバーが多いのですが、ほどよい緊張感があります。しかし、みんなノリがいいので青春を謳歌するにはもってこいのサークルだと思います (笑)

皆さんが入部したきっかけは何ですか ?

takahashi高校の時に一緒に野球をやっていた友達と、大学に入ったら音楽をやろうと決めていました。また、もともと音楽が好きで、高校の文化祭でも即席バンドをやっていたというのも、入部を後押ししてくれましたね。

takahashi高校の時からバンドをやっていました。部活やサークルとして高校内に組織がなかったので、外部でバンドを組んでの活動でした。大学ではサークルとしてバンドを組むことを体験したくて入りましたね。

takahashi高校の時からバンド活動をしていて、続けたいと思ったので入りました。最初は音愛と軽音楽研究会に所属していたのですが、部長になるのをきっかけに軽音楽研究会の活動に専念しました。

6月17日に「新入生ライブ」をするそうですね !

takahashiそうなんですよー。春に入った新入生が、初めてライブを行う機会なんです。

takahashi新入生が演奏するのはもちろんですが、新入生に負けまいと必死に練習した上級生を見るのも面白いと思います (笑)

takahashi新入生ライブでは、サークルの雰囲気がわかりますよ。まだ、サークルに入っていない、他のサークルを見てみたいという方は来てください

takahashiライブの雰囲気を味わいたい、生演奏を聴きたいそんな人も大歓迎 !

takahashi入場無料です !

takahashiお待ちしております !

最後に一言お願いします

初心者も経験者も大歓迎!イケメンのお兄さんや美人のお姉さんが初心者に丁寧に教えます !

経験者の方は、軽音楽研究会の中で即活躍できると思いますよ !

それでは「新入生ライブ」でお待ちしております!

ご連絡はこちらから

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー73】東北芸術工科大学 エアソフトサークル
【学生団体インタビュー73】東北芸術工科大学 エアソフトサークル
【学生団体インタビュー72】山形大学フリーペーパーサークル Y-ai !
【学生団体インタビュー72】山形大学フリーペーパーサークル Y-ai !
【学生団体インタビュー71】デザセンスタッフ (東北芸術工科大学)
【学生団体インタビュー71】デザセンスタッフ (東北芸術工科大学)
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ