【5/29(月)~6/3(土)開催】美術科 洋画コース2年生グループ展 人生の4分の1とは ?

2017.5.30

5/29 (月)~6/3 (土) に、美術科 洋画コース2年生グループ展「人生の4分の1」が東北芸術工科大学 本館エントランスホールで開催されます。

今回は、展示をするメンバーに見どころを詳しく聞いてきました !

自己紹介

jinsei洋画コース2年 藤井理江 (ふじいりえ) です。20年間で印象に残っている出来事は、家の庭を走り回っていたとき、石が土に埋め込まれてるところに顎を打ち付けてしまい、ホッチキスみたいなもので傷をとめてもらったことです !

jinsei洋画コース2年 竹内美絵 (たけうちみえ) です。幼稚園の頃、親戚の家の近くのスーパーへ買い物に行ったときの話。ジュースの入っているどぶ漬けの栓を抜き、スーパー中を水浸しに…。きちんと謝罪もしました。ただのいたずらかもしれませんが、なぜ自分がそんなことをしたのか今でも謎です (笑)

jinsei洋画コース2年 齋藤彩寧 (さいとうあやね) です。去年の半年間で、映画を30本近く見たことが思い出ですね。ほとんどが友達が借りてきてくれたものだったので、全部無料でした。ごめん ! ありがとう ! ! !

jinsei洋画コース2年 江口明日香 (えぐちあすか) です。20年間の思い出は、幼稚園の頃にテンション上がって流れるプールに飛び込んで溺れてしまったことです。

jinsei洋画コース2年 吉川真由 (よしかわまゆ) です。私の記憶は古い順にどんどん薄れてるので、印象に残っている出来事はパッとは思いつきません…。「今」がとても楽しいです !

jinsei洋画コース2年 市川江真 (いちかわえま) です。昔、姉と喧嘩することが多々あったのですが、口喧嘩で必ず負けてしまいしょっちゅう泣きました。口でかなわないので、その度バレないように姉の物に落書きしたり、見られたら恥ずかしいと思うような物を勝手に漁って探し出していましたね。ちなみに、これは姉に一度も言ったことがありません !

人生の4分の1とは ?

私達は今年で20歳を迎えるので、女性の平均寿命を80歳と仮定し「人生の4分の1生きてきた」というところから名付けました(笑)

平面・立体・インスタレーションなどジャンルは様々ですが、個々に自分のテーマに沿った作品を展示します。

全員の作品が揃い素敵な空間になったので、たくさんの方々にエントランスホールに足を運んでほしいです !

展示の内容について教えてください

jinsei私は今回、平面作品と立体作品を展示します。自作品テーマの『顔』『生きもの。』『食べもの。』は、丸いキャンバスと3cm四方の立方体という新しい形に描いた作品達です。部屋に飾ろうと描き始めた絵や、クスっと笑って貰える絵で絵画に興味を持ってもらえたらいいなと思いますね。

jinsei立体作品と60号の平面作品を展示します。自分の感情、相互性、共通性など日々の暮らしの中の一部分を表していますね。相手に上手く伝わるかよりも、見てくれた人が様々な感情を持ってくれたら嬉しいです。

jinsei私は「生・性・時・流れ」をテーマに制作していて、今回はそれを具現化した作品になっています。押しつけのアートではなく、寄り添えるアートにしたいと思ったので、作品から存在や感情を感じ取ってほしいです !

jinsei私は平面作品を1点展示します。自分の視点から、日々の生活で気になったことを共有できればと思い、描いていますね。自分にしか気づかないこと、見えているものを表現したいです。

jinsei平面作品と立体作品を展示します。形態は違いますが、自分の中で日々感じていること、気にしていることを作品にするのは共通していると思います。ぜひ注目して見てほしいです。

jinsei今回の展示では、自分のやりたいな、試してみたいなと思ったことをやらせてもらいました ! 「時」をイメージして見る人が面白いと感じられるような卵の殻を使った立体作品です。もう一つは「毒を吐くことができたらどんなに楽だろうか」というのをコンセプトに、私の好きなものを題材に油絵で表現しました。

見どころは何ですか ?

jinsei2年生は自分の絵の方向性を決めていく時期で、葛藤の中の作品でもあると思います。迷い、悩みながらも、展示を通して作品が今後どうなっていくのかの分岐点になれば良いですね。私自身、やりたいことを全部作品にしたので、他学科の人にもじっくり見てもらいたいです !

jinsei山形で出逢い展示が出来るというのは、必然であり偶然だと思います。みんな個性が強く、面白い作品を制作しているので、それぞれが考えていることが作品に投影されています。ぜひみてみてください !

jinsei私達は生まれ育った環境もバラバラですが、それぞれ20年間の価値観の中で生まれたものだと思うんです。美術という共通点を持った6人の作品をじっくり見てほしいですね。

jinsei絵画も性格もバラバラなこのメンバーで展示が出来るのは、本当に凄いことだと思います。その中に混ぜてもらえるのは嬉しいですし、1人1人の作品の個性を見てくれた人に感じてもらいたいですね。

jinsei作品の方向性は変わっていくかもしれませんが、今しか描けないリアル感を見てほしいです。作品を理解してほしいというよりも見た人なりの解釈や感じ方で、作品について考えてもらえるきっかけになったり、心の片隅に置いてもらえたら良いなと思いますね。

jinsei今回は気になっていた素材を使ってみたくて、とにかく手を使って本能で動かして作りました (笑) 卵の殻は、私にとって身近で魅力的な物の一つです。そんな卵の殻を美しくみせたいという想いも込めました。油絵の方のテーマでの「毒を吐く」という溜め込んだものを吐き出すことは、決して汚くない、むしろその姿は綺麗ではないのかと思います。好きなものを題材にしてるので、私の心の中を覗いてるような気持ちで見てください !

最後にひとこと !

みんなが自由に制作したものなので、エントランスホールにふらっと立ち寄り、1人1人の作品をじっくり見てみてください ! 見に来てくださった方々に楽しんでもらえたら嬉しいです。

6人の「20歳のリアル」をぜひご覧ください !

 人生の4分の1 詳細情報

日時

5月29 (月)~6月3日 (土)

平日 9:00 ~ 21:00

※ 最終日3日(土)は9:00 ~ 16:00

会場

東北芸術工科大学 本館エントランスホール南

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー206】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 竹内美絵
【学生インタビュー206】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 竹内美絵
【学生インタビュー193】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 藤井理江
【学生インタビュー193】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 藤井理江
【学生インタビュー163】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 市川江真
【学生インタビュー163】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 市川江真
この記事を書いた人
きくちみ
私物は緑と青が多めです。

アクセスランキング

おすすめまとめ