【学生インタビュー206】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 竹内美絵

2017.2.28

”気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー206人目は、東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 竹内美絵 (たけうちみえ) さんです。

身の周りの優しさに触れながら、作品を描きたいという竹内さん。彼女の作品や、絵に対する思いについて詳しく聞いてみました。

自己紹介

東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 竹内美絵 (たけうちみえ) です。群馬県出身です。

趣味は、お祭りに出ることです。

お祭りの踊りや雰囲気が好きで、昨年は群馬の桐生八木節まつり山形花笠まつりに参加しました。八木節まつりは、櫓の周りをもの凄い勢いで踊るんですよ ! (笑)

どちらのお祭りも盛り上がり、とても楽しかったですね。

芸工大を志望した理由を教えてください

自分が描きたいものや、表現の豊かさが学べる大学に行きたいと思ったことがきっかけです。

小さい頃から絵を描くのが好きで、高校も美術が盛んな学校に進んだのですが、そこで出逢った先生が芸工大出身で、その先生の影響で独立展に出展し入選をしました。

今まで指導して下さった方々には、沢山の影響を受けてきたので先生との距離が近く、より独創的な感性を磨ける芸工大の洋画コースを志望しました。

洋画コースに入ってみて、どうですか ?

洋画コースは平面だけでなく立体も制作するので、表現の振り幅のある課題が多いなと感じます。

後期には人体3部作の課題が与えられ、木炭・油絵・ドローイングの作品を描きました。

特に油絵は空間の捉え方を意識し、色の共存性や豊かさを表現すること心がけましたね。

講評は1人ずつなので緊張しますが、先生や仲間から客観的な意見がもらえるので凄く刺激になります。

作品を他者に伝えるのは難しいですが、意見やアドバイスを自分なりに解釈し、絵に転換していけるよう頑張ります !

竹内さんの作品について教えてください

自分の見えている世界を具象化し、形にしたものの一角を表現しています。

中心の核から派生している模様は1人1人の人間の形で、人との会話や風の音を具体化したものであったり、思いや感情を繋ぎ合わせ作品にしていますね。

革用の銀ペンを使い手首を動かしながら描いていますが、「線をもっと細くしたほうが良い」というアドバイスをもらったりもします… (笑)

今までは黒がメインのものばかりでしたが、大学では色を使った作品も描くようになりました。

絵具は試行錯誤の段階ですが、これも成長になりますし絵具で使う筆の技術は、ペンにも繋がるんです !

なので、これからはモノクロ以外の新しい作品にも挑戦したいですね。

大学生活でやってみたいことは何ですか ?

学校内だけでなく、外部でも展示をしてみたいです。

高校時代、群馬の桐生にある有鄰館で開催された展覧会に出展したのですが、情緒を感じる街と現代アートが融合していてその空間が素敵だったんです。

そこで出逢ったアーティストさんとも親しくなれたので、外部の展覧会に積極的に参加し、人との繋がりを深めていきたいです。

また、絵具での作品はまだまだ勉強中なので、技術が身に付くよう努力したいですね。

大学生活で大切にしたいことを教えてください

心を大切にすることです。

私自身、コミュニケーションと絵は繋がっていると思うので、そこで触れた優しさや温かさを絵で表現したいですね。

それは何気ない友人との会話や、両親の愛、動物、植物からも感じるものなので身の周りに潜んでいる優しさに触れながら、心を通わす機会を増やしていきたいです。

竹内さんにとって絵とはどんなものですか ?

私にとってかけがえのない存在です。

小さい頃から好きだったのもありますが、絵が無かったら今の自分にはなれなかったと思います。

体の一部のようなものでもあるので、これからも取り外すことなく大事にしていきたいですね。

将来の夢は何ですか ?

絵画教室の先生をしながら、作家として活動することです。

小学校から通っていた絵画教室の先生が美術を本当に愛している人で、絵を自分の取柄にしていたんですね。

その先生の姿を追いかけているというのもありますし、今後は障害を持つ人達にも美術の大切さを教えたいと思っています。

障害があるだけでレッテルを貼られてしまいがちですが、絵を教えることで私達と同じように活躍出来る場があることを伝え、可能性を広げてあげたいです。

オススメのお店を教えてください

焼肉きんぐです。

私はお肉が大好きなのですが、特に豚トロ、カルビ、タン塩がオススメです ! (笑)

みなさんもぜひ行ってみてください !

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー198】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 菅野龍樹
【学生インタビュー198】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 菅野龍樹
【学生インタビュー197】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 小舘薫
【学生インタビュー197】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 小舘薫
【学生インタビュー193】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 藤井理江
【学生インタビュー193】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 藤井理江
この記事を書いた人
きくちみ
私物は緑と青が多めです。

アクセスランキング

おすすめまとめ