【学生団体インタビュー41】東北芸術工科大学 DoingSosiology

2016.12.31

頑張っている学生団体やサークルを取材し、その魅力をご紹介する【学生団体インタビュー】。

第41回目の今回は、東北芸術工科大学で活動する、DoingSosiology(ドゥーイングソシオロジー)の方々にお話を聞いてきました !

山形の大江町で、子供向けのワークショップを行っているDoingSosiologyさん。活動の様子や、学生たちの想いについて掘り下げて聞いていきます。

自己紹介

デザイン工学部 グラフィックデザイン学科の安倍萌夏 (あべ もえか) です。高校の先輩に誘われたことがサークルに入ったきっかけで、子供と活動することに興味がありました。DoingSosiologyでは副代表をしています。代表と一緒に会議をまとめたり、書記をしたりしています。

芸術学部 美術科 洋画コースの稲井佑羽 (いない ゆうは) です。高校の先輩の紹介で、この活動に参加しました。会議の時の、みんなが真剣に取り組む様子に惹かれました。

DoingSosiologyとは?

芸工大の、様々な学科の学生が活動しているサークルです。現在は1〜3年生、全員で18人います。

DoingSosiologyの中でも、「おおえfamilywa (おおえふぁみりわ) 」「瀧下村塾 (りゅうかそんじゅく) 」に活動が分かれています。

おおえfamilywaの主な活動は、年に2回行うワークショップと、毎週木曜日の会議です。夏と冬に、左沢にある大江町で子供向けのワークショップをするため、半年かけて1から企画を考えていきます。そのため、毎週企画について話し合う会議を行っているんですよ。

瀧下村塾の主な活動は毎月1回山登りをしたり、米作りをしたり様々な活動をします。有機農業を営む伊藤さんという方のもとで、小学生と一緒にいろいろな体験をしていますよ。

どんなワークショップをしているのですか?

大江町の小学生を対象に、造形ワークショップを行っています。

今年の夏は、「夜空に舞う、光る龍」をテーマにしてワークショップをしましたね。朝日少年自然の家というキャンプ場で、子供たちと一緒に光る龍を作りました。夜はキャンプファイヤーの周りで、作った龍を持ってみんなで踊ったんですよ。

龍は、大きなシーツ園芸用の柵などを使って作っています。小学生と一緒に、絵の具でシーツに模様を描いたりしましたね。筆などは使わないで、手足スポンジなど、ちょっと変わったものを使って絵を描きました。

私たちはワークショップを通して、ものづくりや自然の豊かさを、小学生と共に学んでいくことを目指しています。「人と人との繋がり」を築けるような場を作っていきたいですね。

瀧下村塾ではどんな活動をしていますか?

山形の自然の中で、毎月1回日帰りで、小学生たちと一緒に様々な活動をしています。

8月の「夏キャンプ」は泊まりがけで、蔵王連峰の1つである雁戸山に登りました。かなりハードでしたが、無事山頂までたどり着くことができました。頂上からの眺めは最高でしたね。

他には米作りもしました。田植えから収穫、そして食べるまで、1から子供たちと一緒にやります。泥だらけになりながら田植えをしたり、鳥よけの大きなカカシを作ったり、すごく貴重な経験でした。

瀧下村塾では、たくましい子供たちの姿を見ながら、生きるために必要な力を学ぶことができます。

DoingSosiologyの雰囲気を教えてください

女子の割合が多く、和やかな雰囲気です。けっこう個性的な人が多いですね(笑)

毎週の会議では、お菓子を食べながら会議をしています。様々な学科のメンバーが集まっているので、いろいろな意見や考え方が出てきておもしろいですよ。

会議では、1人1人の意見を大切にすることをモットーにしています。

 DoingSosiologyの魅力は何ですか?

美術が好きな学生たちが、一生懸命コミュニケーションをしながら、美術の楽しさを伝えようとしているところです。

会議では、言いたいことをうまく言葉にできない人も多いけれど、それでも想いを言葉にしようと頑張っています。

いろいろな考えを持った人たちが集まって、新しいものの見方を知ることができる、「視野の広がりを体験できる」場だと思います。

最後に一言!

来年の2月に、冬のワークショップを行う予定です。今はその企画にむけてメンバーみんなで奮闘中です!

企画の試作なども今後行う予定なので、興味のある方は下記のアドレスへ連絡してください。

mail : kitasawa0224 (at) gmail.com

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー38】アートインライフ
【学生団体インタビュー38】アートインライフ
【学生団体インタビュー37】くらしのもと
【学生団体インタビュー37】くらしのもと
【学生団体インタビュー26】東北芸術工科大学 劇団 NoName
【学生団体インタビュー26】東北芸術工科大学 劇団 NoName
この記事を書いた人
つくねちゃん
毎日眠いです。

アクセスランキング

おすすめまとめ