【学生インタビュー187】東北芸術工科大学 美術科 洋画コース2年 斎藤亮輔

2016.11.21

” 気になるあの人は何をしているんだろう ? “

学生インタビュー187人目は、東北芸術工科大学 美術科 洋画コース2年 斎藤亮輔 (さいとうりょうすけ) さんです。

自主制作にも力を入れている一方、ライブペイントもしているという斎藤さん。彼の絵に込められた想いについて聞いてみました。

自己紹介

東北芸術工科大学 美術科 洋画コース2年 斎藤亮輔です。

趣味は映画を見ることです。アクション系、SF系の映画をよく見ますね。

特に「007」「インターステラー」が好きです。おすすめは、「2001年宇宙の旅」という作品。

「2001年宇宙の旅」は、未来の2001年という設定になっていて、コンピューター任せになった世界を描いています。

この作品は、映画のセットやカラフルな衣装がすごくおもしろいんです。赤い宇宙服を着た男の人が出てきたり、他の宇宙映画とはちょっと違う舞台セットやデザインが魅力ですね。

斎藤さんの作品について教えてください

161116_saitou2

動物と曲線の模様を融合させた絵を描いています。

このような絵を描き始めたのは、高校生の頃からでした。昔から動物を描くことが好きで、写実的に動物の絵を描いていました。不思議な模様の絵を描くことも好きで、ノートによく落書きしてましたね。

けれどその当時、ただ見たままに絵を描くことに飽きてしまっていたんです。そこで「動物と模様を融合させた絵を描いたら面白くなるんじゃないか」と思ったのが始まりでした。

新しいやり方で絵を描くようになってからは、周りの先生に「普通に描いた方が賞にも入選しやすい」と言われ反対されましたね。でも気にしないで、描きたい絵を描いてました (笑)

どんな想いで作品を描いていますか?

161116_saitou

今は、人間と動物の関わりについて考えながら絵を描いています。

絵にこのような想いを込めるようになったきっかけは、動物園でした。動物を描くために、昔からよく動物園に通っていました。

そこで、檻に入っている動物を見ていて、次第にそれがかわいそうに思えてきたんです。「檻の中にいる動物って幸せなのかな」と考えるようになりました。

そう考えるようになってからは「わざわざ動物園に行って動物の絵を描くのも変だな」と思うようになり、身近な動物も描くようになりましたね。

どんな動物を描くのでしょうか?

身近な動物ではを描いたりしました。友達が飼っている猫を描かせてもらったんです。

この絵を描いた時は、もっと対象の動物を身近に感じたかったので、友達に「何でこの猫を飼ってるの ? 」とかいろいろ質問してました。

猫のことをいろいろ調べているうちに、分かったこともありました。猫には onionpoisoning (オニオンポイソーニング) というアレルギーがあり、1部の花に近づくことができないんです。けれど、猫と花が一緒に写っている写真とかってたくさんあるんですよね。これって造花とかを使って、写真を撮っているんですよ。

飼い主が、造花を使うことで猫も花と一緒に写真を撮ることができる。この発見が、動物と人との距離について考えるきっかけになりました。

自分が描いた作品の中でも、模様を花のように見立て、猫と花の共演をイメージしています。動物への気遣いや、思いやりのようなものを絵の中に込めました。

ライブペイントもしていると聞きましたが…

161116_saitou5

ライブハウスや、山形のボランティアイベントの活動の中で、ライブペイントをやっています。山形駅近くのLOOP(ループ)というライブハウスや、L.O.L.(エルオーエル) というバーなどでよくやらせて頂いてますね。

ライブペイントは、音楽に合わせて即興で絵を描きます。絵が出来上がっていく過程が見えることが、ライブペイントの魅力だと思いますね。

ライブペイントをしていると、お客さんが声をかけてくれたり、立ち止まってくれたりする場面がたくさんあります。そのような場面の中で、より見ている人が楽しめる絵を描くにはどうしたらいいかを考えています。

人に、絵を描いているところを見られるおもしろさがあって、ライブペイントがすごく自分に合っているんだなと感じます。

あとは、実験的にいろいろな方法を楽しみながらライブペイントをしていますね。

筆を大きく動かしたり、曲と絵の連動を意識してみたり、身体を動かしながら、感覚的にいろいろなやり方を楽しめるところがいいですね。

161116_saitou8

これからやってみたいことはありますか?

161116_saitou4

絵を描いている過程を作品にしたいと考えています。ライブペイントの影響もすごくありますね。

以前は、作品が出来上がるまでの過程を早回しで撮影した動画を、ツイッターにあげたりしました。同じ絵をいろいろな描き方で描いた動画を作るのも、面白そうだと考えていますね。やり方はたくさんあるので、1番いいと思うやり方で作品を作っていけたらいいなと思ってます。

他にも、彫刻コースの友達とタッグを組んでエイリアンのアニメを作りたいですね。

アニメを作りたいと思ったのは、その友達の作品を見たことがきっかけでした。彼が、ものすごくかっこいいエイリアンのフィギュアを作っていて「これが動いたり変形したりしたら最高にかっこいいんじゃないか」と思ったのが始まりですね。俺が勝手に、エイリアンの変形をイメージしたイラストとかを描いていました (笑)

将来の夢を教えてください

161116_saitou3

アーティストになりたいです ! 何でもできちゃう感じの !

パソコンなどのメディアを使った表現も、アナログの素材を使った表現も、どちらも合体させたかっこいい作品を作れるようなアーティストになりたいですね。

オススメのお店を教えてください

文翔館の近くにある、プリンセスというパン屋さんがおすすめです。

中でも、モンブランパンがすごくおいしいですよ。パイ生地の中に生クリームが入っていて、上にモンブランクリームが乗っています。パイ生地のふたをちぎって、中のクリームにつけて食べると最高です!

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー180】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 外山雄太
【学生インタビュー180】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 外山雄太
【学生インタビュー155】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥
【学生インタビュー155】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥
【学生インタビュー133】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース3年 小林祐生
【学生インタビュー133】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース3年 小林祐生
この記事を書いた人
つくねちゃん
毎日眠いです。

アクセスランキング

おすすめまとめ