【学生インタビュー186】東北芸術工科大学 グラフィックデザイン学科1年 柳沼佑奈

2016.11.16

”気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー186人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科1年 柳沼佑奈 (やぎぬまゆうな) さんです。

学科の活動やチュートリアルに積極的に取り組む柳沼さん。これまでの活動や、大学生活の目標についてお話しを聞きました。

自己紹介

東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科1年 柳沼佑奈 (やぎぬまゆうな) です。宮城県女川町出身です。

趣味は男性ファッション誌を読むこと音楽を聴くことです。男性ファッション誌は、メンズノンノをよく読みます。もともとモデルが好きだったのですが、最近はメンズの服を着ることが多いのでファッションに注目して見ていますね。

音楽は、andropやKANA-BOONなどロックを聴くことが好きです !

芸工大に入った理由を教えてください

20161108_yaginumayuuna01

自分が好きなことを「時間をかけてでも突き詰めてやってみたい ! 」と思ったことがきっかけです。

小さい頃から絵を描くのが好きだったので、自分が学びたい分野を勉強することができ、力を身に付けられるグラフィックデザイン学科に魅力を感じましたね。

また、高校時代は吹奏楽部に所属し、演奏会に向けてポスターやチラシを制作していました。今までやってきたことが大学での学びに繋がっていると思います。

グラフィックデザイン学科に入ってみて、どうですか ?

20161108_yaginumayuuna04

学科の活動や課題で忙しいときもありますが、それを感じさせないくらい恵まれた環境にいるなと思います。周りが一生懸命取り組む姿を見ると、自分も頑張ろうという気持ちになれますね。

前期は個人の活動が多く、五感をフルに使った表現が多かったのですが、最近は11月15日、16日に行われるあそびのえんにちに向けて準備をしています。あそびのえんにちは、こども芸術大学の園児に道具やルールを提案し、縁日形式で遊びの空間を作るというものです。

私自身、デザインを勉強する前から子供と関わる仕事がしたいと思っていたので、直接的でも間接的でも子供の反応が見れることが嬉しいですね。自分達が考えた小物やセットで、どんな遊びをしてくれるか楽しみです !

大学生活でやってみたいことを教えてください

20161108_yaginumayuuna06

学部・学科を超えた企画をやってみたいです。

具体的な内容は考え中ですが、自分の学科にも他学科にも信頼できる仲間が沢山いるので、企画を提案しビジュアル的に表現出来るようになりたいと思います。デザインの技術を身に付けるのはもちろん、デジタルの表現が上手くなりたいので今のうちから場数を増やしていきたいです。

大学に入ってから、色々な物を見たり聞いたりしたことで、自分が受け入れられる物の範囲が確実に広がりました。そこから良い・悪いを見極められるようになり、センスを磨きたいですね。

大学生活で大切にしていきたいことは何ですか ?

自分だけの意見にとらわれず、沢山の人と関わり考えを吸収することです。

グラフィックデザインは共感を得るためのツールでもあるので、受け手の人に寄り添えるものを作りたいと思います。視覚的なものだけでなく、幅広いデザインに挑戦していきたいですね。

私達の生活には欠かせないデザインで、誰かの気持ちを動かす人になりたいです !

チュートリアルについて教えてください !

160531_sumadora9

山形スマートドライバーのチュートリアルに所属しています。

スマートドライバーの精神を山形に住む人に伝え、「おもいやりで事故件数を減らす」ことを目的とし活動しています。スマドラはとにかくメンバーが面白いので、学科を超えた先輩や友人と関われて嬉しいです。新体制になってからもメンバー同士で意見が言い合える環境になっていますし、やろうと思ったことを一番形にしやすい場所がスマドラだと思います。

グラフィックを勉強する中でも、デザインと企画を両立して出来るようになりたいと考えるようになったので、スマドラで学んだことを学科の活動にしっかり生かしたいです !

【学生団体インタビュー33】思いやりで事故を減らす。山形スマートドライバー
【学生団体インタビュー33】思いやりで事故を減らす。山形スマートドライバー

高校生百貨店のロゴを作ったと聞きましたが・・・

20161108_yaginumayuuna07

高校生百貨店とは、「 」(かぎかっこ) PLOJECTが主催行っている復興や地域おこし、そして高校生世代の人材育成を目的としたプログラムです。石巻・女川の高校生が地元の商品を発掘し、生産者の思いや背景とともにお届けするお店です。

「遠くを近くにするお店」というコンセプトのもと、生産者と消費者が土地を越えて近づき、人との距離を繋ぐお店にしたいという願いが込められています。生産者の思いをお手紙として消費者に受け取ってもらうために、学生時代一度は作ったことがある手紙の折り方をロゴマークにしました。

高校生百貨店のロゴマークが初めてのグラフィックデザインだったので、大学生活の原動力にもなっていますね。

 これからの目標は何ですか ?

20161108_yaginumayuuna05

本当に好きなこと、やりたいことを見つけていきたいです。

私の周りには個性的な人が多く、物の見方や考えもそれぞれ違いますが、やりたいと思ったことを形に出来る人が多いと感じます。カッコ良いと思いますし、自分も出来るようになりたいですね。

学科の活動やチュートリアルでの経験を生かし、将来デザインや人を支える存在になれるよう頑張ります !

オススメのお店を教えてください

山形市七日町にある花の種です。

先日友人と行ったのですが、ガレットのようなオシャレなクレープを食べました。特にキャラメルのクレープが美味しかったです。

たくさん種類があるので、みなさんぜひ行ってみてください !

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー174】東北芸術工科大学 企画構想学科1年 須藤清貴
【学生インタビュー174】東北芸術工科大学 企画構想学科1年 須藤清貴
【学生インタビュー129】東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科 3年 高橋玄篤
【学生インタビュー129】東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科 3年 高橋玄篤
【学生インタビュー117】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科3年 平栗和宗
【学生インタビュー117】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科3年 平栗和宗
この記事を書いた人
きくちみ
私物は緑と青が多めです。

アクセスランキング

おすすめまとめ