【学生インタビュー179】 東北芸術工科大学 企画構想学科4年 山田もも子

2016.10.15

”気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー179人目は、東北芸術工科大学 企画構想学科4年 山田もも子 さんです。

7月には内定をいただいたという山田もも子さん。どのように就活を進めて来たのかを聞いてきました !

自己紹介

東北芸術工科大学 企画構想学科4年 山田もも子です。絵を描くことが好きです。

どうして企画構想学科へ入られたのですか ?

yamadamomoko_161013_03

実は高校時代は美術を勉強していて、洋画コースを志望していました。

しかしオープンキャンパスで大学に来た際に、企画構想学科のワークショップを体験して企画構想学科に興味を持ち、自分の趣味である絵と企画を合わせて何かできないかと思い、企画構想学科へ入りました。

入学後のギャップはありましたか ?

オープンキャンパスでのワークショップのときはとにかくアイデアを出すことをしていましたが、実際に演習をしてみると競合分析や市場調査などが多かったです。

やっていることが半分会社のようなときもあり、仕事の世界に足を踏み入れた感覚がありました。

企画構想学科のどんなところが楽しいですか ?

yamadamomoko_161013_01

企画構想学科では演習のときにグループを作って企画を制作していくのですが、みんなで制作していく達成感があります。

会議で意見をぶつけあえるのも企画構想学科の魅力です。

学んでいて印象深かったことはありますか ?

ゼミの中で、教授から「挨拶はしっかりしなさい」「何かするとき、恥ずかしいと思わない」「緊張に慣れなさい」などと言われてきたことが、実際に就活などの場面で役立ったことですね。

当時は「本当に役立つのだろうか ?」と思ってましたが(笑)

就活はどのように進められましたか ?

yamadamomoko_161013_02

周りに就活の話を振ってみると「えー、まだやってない ! 」という答えがほとんどだったのですが、そこで安心するのではなく、他の人がやってないのであれば自分はやっておこうと、常に周りより一歩先に動いていました。そのおかげか、夏休みに入る前には内定をいただくことができました。

就活のアドバイスを教えてください

自己分析は早めにしておいた方がいいです。

自分が何をしたいのか、何に適性があるのかしっかり分析しておかないと、就活中に自分が何をやりたいのか迷ってしまいます。

面接では見た目を意識した方がいいと思います。

暗い顔より笑顔の方が絶対印象がいいですし、姿勢も日頃から真っ直ぐになるよう意識するといいです。

就活の後半になってくると、顔の印象が暗かったり、姿勢が曲がっている方などが多く見受けられたので、やはりそういったところが見られているのだと思います。

また、女の子はメイクも重要になってくるので、周りに聞いてみたり、色々調べてみるといいと思います。

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー171】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 渡邉考宜
【学生インタビュー171】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 渡邉考宜
【学生インタビュー153】 東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 赤間華怜
【学生インタビュー153】 東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 赤間華怜
【学生インタビュー145】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 大木琢磨
【学生インタビュー145】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 大木琢磨
この記事を書いた人
いがいが
インタビューで卒業制作の魅力を伝えます!

アクセスランキング

おすすめまとめ