【まとめ】読書の秋 ! 秋の夜長にオススメの本4選

2016.10.16

10月も半ばを過ぎました。みなさんいかがお過ごしですか ?

朝晩は肌寒く、秋の深まりを感じる季節になりましたね。

秋といえば読書 ! ということで、本好きな大学生に秋の夜長にオススメの本を聞いてきました。

それではどうぞ !

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-16-12-54-14

未来を見通す不思議な力を持った祖母と、漫画家の母と、そして物語を紡ぐわたし。

製鉄業で財を成した一家の盛衰と、周りを取り巻く人々のようすが描かれます。

▼ オススメポイント

祖母・母・わたしの三世代と一家のようすが、細かな情景・心象描写でつづられていきます。

時代が変わるので、短編のような感覚で読めるのがうれしいです。読後感がちょっと切ないのも心にしみるところですね。 (4年・女性)

モモ ミヒャエル・エンデ

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-16-12-55-21

主人公はちょっと変わった女の子・モモ。

世界中の余分な時間を奪う時間泥棒の出現によって、モモのまわりのみんなはゆとりある生活をどんどん失っていってしまいます。

▼ オススメポイント

少年向けのファンタジー。でも、今読んでも間違いなく面白いし、ちょっと考えさせられる。同著者の「はてしない物語」もオススメ ! (4年・男性)

コンビニ人間 村田紗耶香

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-16-12-55-36

今年の芥川賞受賞作品。36歳未婚女性、大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目という主人公。

そんな生活に変化がもたらされたとき、主人公はどんな道を選ぶのか… ?

▼ オススメポイント

ぜったいなりたくない、けど、ならないとは言い切れない。自分が主人公の立場なら ? と考えたら、他人から見たらどうしようもないようなそんな生活でも、主人公と同じように平穏な気持ちになると思う。リアリティがすごい。 (3年・女性)

機長、究極の決断 C・サレンバーガー

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-16-12-54-36

2009年1月、ふたつのエンジンに同時に鳥が衝突し、ハドソン川へ不時着した旅客機。

乗客全員が無事生還し、「ハドソン川の奇跡」と呼ばれたこの事件の裏側をつづった手記がこの本です。

映画「ハドソン川の奇跡」は、フォーラム山形MOVIE ON やまがたで上映中です。

▼ オススメポイント

映画化に先立ち原作を読みました。リアルタイムでこの事件のニュースを見ていたころは「すごいな」としか思っていなかったけど、この本を読み、経験を積んだ機長が起こすべくして起こした奇跡なんだということがよくわかりました。 (3年・男性)

まとめ

いかがでしたか ?

筆者も気になる作品がいくつかありました。こうして友達にヒアリングしてみると、知らなかったその人の趣味嗜好が知れて楽しいですね !

オススメ記事には、生協書籍部の書店員さんオススメの本も紹介されているので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

こんな記事もオススメです

【ゆる~く調査54】一番重い本は18禁 !? 芸工大図書館にある本について
【ゆる~く調査54】一番重い本は18禁 !? 芸工大図書館にある本について
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 コミック編
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 コミック編
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 TOEIC・英語編
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 TOEIC・英語編
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ