【2016学祭インタビュー】お化け屋敷・フリマ・中夜祭 etc… 実行委員企画@吾妻祭の魅力とは !?

2016.10.8

“山形の学祭の魅力をお届けする【2016学祭インタビュー】”

学祭実行委員会のみなさんやブースを出す学生の方にインタビューを行い、見どころや意気込みを聞いていきます。

今回は、山形大学工学部の学祭「吾妻祭 (あづまさい) 」を企画・運営する吾妻祭実行委員会のなかで実行委員企画を担当する、企画部門の方々にインタビューしてきました。

自己紹介

161007_aduma_plan5米沢栄養大学2年、健康栄養学部健康栄養学科の川井瑞希です。企画部門の部門長をやらせていただいています。

161007_aduma_plan4山形大学工学部物質化学工学科3年生、吾妻祭実行委員会委員長の吉田英世です。ラーメン屋巡りが趣味です。最近のオススメは、数ヶ月前に新しくできた一期一会です。背脂たっぷりのこってり系の味なので、がっつり食べたい人はぜひ。

161007_aduma_plan6山形大学工学部システム創生工学科3年 佐藤匠です。この前ポケモンGOイベントで2位にランクインしました。

【リポート】ポケモンGOイベント「第2回むしとりたいかい米沢」行ってきた in 上杉公園
【リポート】ポケモンGOイベント「第2回むしとりたいかい米沢」行ってきた in 上杉公園

企画部門の仕事について教えてください !

161007_aduma_plan1

お化け屋敷や研究室公開、フリーマーケットなどの企画、運営をしている部門です。

5月くらいに部門内でやりたい担当を決めて、そこから7〜8人のチームで企画内容を作成し、メンバーの承認を得た後10月の吾妻祭に向けて準備を進めていきます。

最近は本番に向けて準備が大詰めになってきていて、試作回というリハーサルみたいなものをやりました。

企画部門のメンバーの雰囲気を教えてください !

160928_aduma_stage4

山大の工学部キャンパスで準備をすすめていますが、米短生も遅くまで残って頑張っている人が多いですね。

吾妻祭実行委員会には部門ごとに夏休みに旅行するイベントがあるのですが、私たちの部門では旅行の日に台風が上陸してしまって、いろいろな意味で大変でした。土砂降りの雨でイベントが中止になったり、移動がままならなかったりとかなり苦労しましたが、みんなの仲が深まるいいきっかけになったと思います。

今回の見どころは ?

いちばんの見所は、やはりお化け屋敷ですね。お化け屋敷に入る前にムービーを上の動画は予告編です。

去年までは屋内企画と屋外企画を別々におこなっていましたが、今回は屋内企画に集約して、さらにいろいろなアトラクションを用意しました。

2日目の夜には、毎年好評の中夜祭を行います。三角形のモチーフをキャンドルでライトアップして、ジャズの生演奏を聞きながらゆっくり夜食が食べられるという魅力的な内容になっています。

151011_adumasai56

大学生に毎年好評の食べ歩き企画「ちょっと変わった屋台飯?!」も注目です。山形のソウルフード・玉こんが1本50円、オムそばが1人前200円、中身は食べてのお楽しみ、変わり種たこ焼き200円など、リーズナブルな値段でいろいろなB級グルメを楽しんでもらおうという実行委員会主催の企画です。栄養大のメンバーがアドバイザーになって、担当メンバー全員で試作を重ねて、愛情込めて作った料理です。数に限りがあるので、気になる人はぜひお早めに食べてみてください !

最後に一言 !

161007_aduma_plan3

企画部は先輩後輩の仲がよく、去年までのノウハウをきちんと引き継いで、それ以上のものを作ろうとメンバーみんなで頑張っています。

去年よりもグレードアップした企画を、より多くのお客さんに届けたいと思います。普段米沢に訪れる機会が無いという人も、この機会にぜひお越しください !

こんな記事もオススメです

【2016学祭特集】第22回 吾妻祭
【2016学祭特集】第22回 吾妻祭
【2016学祭インタビュー】吾妻祭特設ステージ企画
【2016学祭インタビュー】吾妻祭特設ステージ企画
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ