【まとめ】先輩おすすめの授業(芸工大&山大)

2015.4.10

「履修登録のやりかたはなんとなくわかったけど、どの授業がおすすめなのか知りたい!」という新入生のみなさんへ。

これまでの【先輩の声】の記事から、おすすめの授業をまとめてみました。みなさんの授業選択の参考にしてみてください。

先輩おすすめの授業(芸工大編)

「フランス語」

フランス語の勉強をするだけではなく、フランスの文化なども一緒に学べるので、かなり実用的な内容になっています。すごく楽しかった!

———芸工大4年 小笠原さん

先生はユーモアにあふれたフランス人で、明るい雰囲気の授業になっています。授業では会話としてのフランス語を学び、先生や隣の席の人と実際に会話をするので、実践的にフランス語を話す練習が出来ます。

———芸工大2年 八島さん

「広告ビジネス基礎」

授業の最初に授業の内容に繋がる教授おすすめCMが流れます。自分の知らなかった海外のCMやプロモーション映像を発見できます。

———芸工大2年 中村さん

自分の所属している企画構想学科の先生なのですが、何より話がとても面白いです。一部の人にしか通じない話などではなく、映像などを交えて生徒を引き込ませてくれます。

———芸工大2年 佐藤さん

「文章表現」

宗教クライシスという本を題材に要約を行い、それをもとに簡単なプレゼンを行うといった内容でした。宗教を切り口として現代が抱える問題について考えさせられ、新しい視点をもたらしてくれました。

———芸工大2年 久保さん

「西洋建築史」と「アニメーション史」

どちらも先生のお話が大変興味深く、最終課題も自由度が高く楽しんで取り組めます。

———芸工大2年 宮川さん

「臨床心理」

この授業を通して、一見軽視されがちなアートの意義、意味といったものを改めて知ることが出来ました。また、わからないことがあっても教授に質問すれば丁寧に答えてくれるのも嬉しかったです。

———芸工大2年 中谷さん

「美術解剖学」

人間や動物の骨格や筋肉を改めて学ぶ授業です。私はこの授業を受けて映画だったり人形だったり、近所のカラスや猫だったり、動きのあるものを見る事が楽しくなりました。字面だけみるとお堅い分野に見えますが、アニメやロボット、フィギュアなどといった話もたくさん絡んでくるのでとても楽しかったです。

———芸工大3年 久保田さん

先生が非常に熱く面白く、内容もしっかりしています!毎講義後に拍手が出るほどです笑

———芸工大4年 福崎さん

「人間力研究」

各教授が交代で担当し、内容もその教授が決めます。いろいろなお話が聞けて楽しみながら学ぶことができます。

———芸工大2年 今野さん

先輩おすすめの授業(山大編)

「山形を元気にする起業家に学ぶ」

山形のいろいろな業種の社長さんとディスカッションをしたり、講演を聞いたりできる授業です。視野が広がるのはもちろんのこと、臆することなく大人と話すことができるようになるので、1年生のうちから履修しておくと大学生活に必ずプラスになります。

———山大3年 高木さん

「サイエンスコミュニケーション」

サイエンスを一般の人にわかりやすく伝えるために必要な能力を身につけることが目標の一つです。また、サイエンス部分を通じて小、中、高校で出前授業をすることもできます。大学生になりコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力は強く要求されます。この大切な能力をより高度な実戦の中で身につけられるのがこの授業の強みです。

———山大3年 上野さん

「フィールドワーク最上」

この授業は山形県で大学のない最上郡で活動するものです。私は、金山町にいきました。地域の方々や子供達が暖かく迎えいれてくれ、充実した授業でした。

———山大2年 後藤さん

「フランス語Ⅰ」

フランス語でもののけ姫を見て、感銘を受けました。

———山大2年 佐藤さん

「言語学概論」

単位が取りやすく、S評価が取りにくい授業。先生の授業中のジェスチャーには注目!古畑任三郎を題材にしながら授業したりします。

———山大3年 尾田さん

(ライター:山大3年 高木)

この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ