【学生インタビュー162】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 松本萌花

2016.8.13

”気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー162人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学部 コミュニティデザイン学科1年 松本萌花 (まつもともえか) さんです。

高校時代からFROM PROJECT (ふろぷろ) の活動に携わってきた松本さん。これからの目標や将来についてお話を聞きました。

自己紹介

東北芸術工科大学 デザイン工学部 コミュニティデザイン学科1年 松本萌花 (まつもともえか) です。福島県広野町出身です。

趣味は音楽鑑賞です。ジャンル問わず好きですが、最近はロックを聴くことが多いです。特にアジカンやSiMというアーティストの曲がオススメです !

FROM PROJECTについて教えて下さい !

20160808_matsumotomoeka07

FROM PROJECT (ふろぷろ) は高校生にプロジェクトベースドラーニングという新しい教育を教える一般社団法人です。

「社会にGood Impactを ! 」をテーマとし、高校生のやりたいことをプロジェクトをベースに見つけていきます。

高校時代からこのイベントに参加していたのですが、大学では運営側として活動しています。プロジェクトの進捗状況を見ながら、参加している学生と一緒に成長していきます !

この活動を始めたきっかけは何ですか ?

20160808_matsumotomoeka08

高校時代約一ヶ月間アメリカに留学していたのですが、そこでの経験と地元の活動をどのように進めていこうか悩んだ時ふろぷろを勧められました。

当時は、大会で優勝すれば100万円がもらえると聞き「楽しそうだな」と思い始めたのですが、自分のやりたいことをどんどん引き出してくれる環境が好きになり関わるようになりました。

今までは相談に乗ってもらうことが多かったのですが、これからは支える側として頑張っていきたいです。

コミュニティデザイン学科に入った理由は何ですか ?

20160808_matsumotomoeka03

NPO法人カタリバ主催のマイプロジェクトアワードに参加し、ふろぷろを通して学んだことやプロジェクトの成果を発表する機会がありました。

その時コミュニティデザイン学科の教授と出逢い、学科での活動を聞き「自分のやりたいことはこういうことだ ! 」と強く思いました。

他の大学も視野に入れていたのですが、自分の地元が好きだったことと他の地域のことをもっと深く知りたいと思い入学することを決めました。

コミュニティデザイン学科の良い所を教えて下さい

20160808_matsumotomoeka01

学年を問わず仲が良いこと、先生との距離が近いことです。普段から色々な人と関わることが出来るので、毎日が凄く楽しいです。

その中で、周りの人からふと出てくる言葉がとても素敵でいつも元気をもらえます。コミュニケーションをとる上で言葉は凄く重要なので、これからも大切に過ごしていきたいです。

またコミュニティデザイン学科はヒアリングを徹底しているので、自分が当たり前だと思っていたことが出来ていないことに気付かされます。これは学科だけでなく、地域と関わる上でも必要になってくるので忘れないようにしたいです。

大学生活で大切にしていきたいことは何ですか ?

20160808_matsumotomoeka02

自分の気持ちに正直になること、言葉選びが素敵な人になることです。

活動をするにしても躊躇していては何も始まらないので、やりたいと思ったらためらわずに挑戦することを心がけたいと思います。自分が決めたことは、時間がかかっても最後までやり遂げるようにしたいです。

また、ふろぷろを始めてから自分にとっての宝物は人や物ではなく、言葉であることに気付かされました。

これまで出逢った人に沢山の素敵な言葉を教えてもらったので、自分も同じような存在になりたいです !

大学生活でやってみたいことを教えて下さい

具体的にはまだ決まっていませんが、ふろぷろを生かした新しい活動に取り組んでいきたいです。

その第一歩として、秋から他の学校に出張授業に行き活動していきます。高校生と関わる中で自分自身の学びをどう生かすか考えていきたいですね。

どんな形になっても、ふろぷろにはずっと携わっていきたいです。

将来の夢は何ですか ?

20160808_matsumotomoeka06

将来は、ふろぷろのような環境の下で働きたいと考えています。

この活動を通して、プレゼンテーションやスライドを作る能力が身に付いたのはもちろん人生に必要なスキルを学ぶことが出来ました。

一緒に活動している仲間は目指す所が一緒で、こんな素晴らしい機会はなかなかないと思います。常にインプット、アウトプットが出来る環境に感謝し生活したいですね。様々な視点から物事を考えられるのもこの活動の魅力だと思うので、会社になったらぜひ入りたいです。

ただ、先のことばかり考えてもつまらないと思うので、自分が今やるべきことに全力で取り組みたいです !

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー160】東北芸術工科大学 企画構想学科1年 渡辺理央
【学生インタビュー160】東北芸術工科大学 企画構想学科1年 渡辺理央
【学生インタビュー158】東北芸術工科大学 企画構想学科1年 橋本賴
【学生インタビュー158】東北芸術工科大学 企画構想学科1年 橋本賴
【学生インタビュー155】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥
【学生インタビュー155】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥
この記事を書いた人
きくち
つながりは力。

アクセスランキング

おすすめまとめ