【学生インタビュー158】東北芸術工科大学 企画構想学科1年 橋本賴

2016.8.7

”気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー158人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科1年 橋本賴 (はしもとらい) さんです。

古着の存在を多くの人に知ってほしいという橋本さん。大学での目標や古着の魅力についてお話を聞きました。

自己紹介

東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科1年 橋本賴 (はしもとらい) です。宮城県仙台市出身です。山形市十日町にあるSQUATという古着屋でアルバイトをしています。

趣味は、子犬の動画を見ることと触れることです。普段から友達といるときも動画を見たり、話し出したと思うと子犬のことばかり話します。1人のときも、携帯触ってる時は写真や動画を見ています (笑)

企画構想学科に入った理由は何ですか ?

20160805_hashimotorai02

高校時代に芸工大の存在を知り、専門的に企画が学べるという所に魅力を感じました。

もともとCMが好きでよく見ていたのですが広告や宣伝にストーリーがあったり、短時間で人の心を動かす作品の面白さに感動し「自分もやってみたい」と思いました。

企画の授業だけでなく美術やデザインなど他の大学にはない授業が沢山あるので、とても楽しく充実した毎日です。

大学生活でやってみたいことは何ですか ?

20160805_hashimotorai07

古着を広めるためのイベントを企画してみたいです。

せっかく古着屋でアルバイトをしているので企画の力で売り上げを伸ばしたり、人を呼び込む方法を考えていきたいです。

今はTwiiterやInstagramで商品を宣伝したり、グラフィックデザイン学科の友人と一緒にSQUATの専属モデルとして活動しています。若い人達が古着に興味を持ってくれるようなイベントが出来たらなと思っています。

橋本君が思う古着の魅力は何ですか ?

魅力は数えきれないほどあるのですが、一番は人と被らないことです。着るだけで自分の個性を出せる所が素敵だと思います。

また古着は、昔誰かが着ていたものが多く1950年代や1960年代の商品もあります。何十年経っても着まわせる所も新しい服にはない魅力だと思います。

古着の良さをどのように伝えていきたいですか ?

20160805_hashimotorai06

古着を知らない人や着こなし方が分からない人が多いですが、自分が好きな服を着るのが一番だと思うので、まずは古着の存在を多くの人に知ってもらいたいです。

具体的なアイデアは考え中なのですが、買ってもらうより好きになってもらうことのほうが大切だと思うので若い世代に古着の良さを浸透させたいですね。

魅力に気付いていく中で、お客さんを古着好きに成長させることが目標です !

大学生活で大切にしていきたいことを教えてください

20160805_hashimotorai09

一つのグループに属さず、色々な人と関わりを持つことです。

SQUATでアルバイトを始めてから古着について深く知れたのはもちろん、人とコミュニケーションを取ることの大切さを学びました。

始めたばかりの頃は、話さずに終わってしまうお客さんが沢山いて「なんであの時話さなかったんだろう……」と凄く後悔しました。

大学では苦手という先入観をなくし、自分が出逢った人との楽しさを見つけていきたいです。

将来の夢は何ですか ?

20160805_hashimotorai04

まだはっきりとは決まっていませんが、自分が好きな古着と学んでいる企画を生かした仕事がしたいと思っています。

その第一歩として、SQUATを多くの人に知ってもらうための活動を積極的やっていきたいです。

山形県民に古着を定着させていき、「山形といえばSQUAT」「SQUATと言えば芸工大の橋本賴」と言われるくらい有名になりたいです !

最後に宣伝をお願いします !

20160805_hashimotorai10

SQUATでは男性ものだけでなく、女性が着れる可愛い商品も販売しています。

古着が好きな人はもちろん、海外やクラブイベントに興味がある人にもオススメです。男女問わずお店に来てほしいですね。

また、芸工大割引というサービスも行っていて「橋本賴の友達です ! 」と言ってくれれば全品10%オフになります。知り合いでなくても、僕のTwitterをフォローしてくれれば大丈夫です !

お店のTwitterやInstagramでも宣伝しているので、ぜひ見て下さい ! これからもSQUATをよろしくお願いします !

https://twitter.com/SQUATSHOP

https://www.instagram.com/squat_used_clothing/

詳細

山形市十日町4-3-14

TEL/FAX 023-626-1847

11:00 ~ 20:00

0PEN EVERY DAY

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー155】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥
【学生インタビュー155】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥
【学生インタビュー154】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 佐藤杏樹
【学生インタビュー154】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 佐藤杏樹
【学生インタビュー151】東北芸術工科大学 映像学科1年 岩渕晴樹
【学生インタビュー151】東北芸術工科大学 映像学科1年 岩渕晴樹
この記事を書いた人
きくちみ
つながりは力。

アクセスランキング

おすすめまとめ