【学生インタビュー156】東北芸術工科大学 デザイン工学専攻 地域デザイン研究領域2年 浜田翔太朗

2016.8.2

“気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー156人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学専攻 地域デザイン研究領域 2年の浜田翔太朗 (はまだ しょうたろう) さんです。

コワーキングスペースの研究をしているという浜田さん。コワーキングスペースとは一体何なのかを聞いてきました !

自己紹介

東北芸術工科大学 地域デザイン研究領域2年の浜田翔太朗です。院への進学は、大学4年生の1月に決めました。

卒制ではどんなものに取り組まれましたか ?

160731_hamadashoutarou02

私の親が蔵元なので、そこで販売しているお酒と合うコンビニ弁当を紹介するWebサイトを作りました。

肉の料理だったら赤ワイン、魚の料理だったら日本酒といった具合に分類分けしていました。

どうして大学院へ進まれたのですか?

大学4年生のときに、コワーキングスペースの実施実験に参加したんです。

それがきっかけでコワーキングスペースに興味を持ち、研究を進めるために院に進学しました。

コワーキングスペースとはなんですか ?

160731_hamadashoutarou04

コワーキングスペースとは、様々な業種の方などが集まって仕事をする場です。異なる業種の方が交流することで、新しいアイデアやビジネスが生まれることがあります。

アメリカ発祥のものなんですが、日本でも増えてきて注目されつつあります。

研究内容について詳しく教えてください

160731_hamadashoutarou

コワーキングスペースの中で、利用者が連携して新しいことを創造するには、どのような要素が必要か ? という研究です。

要素とは、例えば飲食物の提供や、店主による利用者同士の交流の促進などです。

コワーキングスペースの活用によって、どんな効果があるなどの論文はたくさんあるのですが、効果を出すに当たって必要な要素の論文はまだ少ないんです。

研究で困っていることはありますか ?

情報の蓄積がないことですね。コワーキングスペース自体が最近作られたコンテンツですし、私が研究している必要な要素の研究は論文も少ないので、とにかく情報が足りません。

学部生と院生ではどんな違いがありますか ?

160731_hamadashoutarou03

研究的な内容ですと、論文を書いたり読んだりすることが増えました。

研究以外ですと、他の領域間との交流が学部生の時に比べて多かったり、教授との距離が近いですね。

他の研究領域の方が研究室に遊びにきたりして、とてもフレンドリーです (笑)

大学院に進学して楽しかったことは ?

大学の外で調査するのが楽しいですね。大学にいると中々情報が入ってこないんですが、外に出ると色々な発見があり、分かることがたくさんあります。

オススメのお店を教えてください

駅周辺のチャオという店がオススメです。店主の方がバリスタの資格を持っていて、山形で唯一イタリアコーヒーが飲めるお店です。

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー135】東北芸術工科大学 芸術文化専攻 洋画領域 院生2年 渡辺光希
【学生インタビュー135】東北芸術工科大学 芸術文化専攻 洋画領域 院生2年 渡辺光希
【学生インタビュー147】山形大学 大学院 医学系研究科 博士課程前期1年 鈴木遼
【学生インタビュー147】山形大学 大学院 医学系研究科 博士課程前期1年 鈴木遼
【学生インタビュー108】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 小笠原裕一
【学生インタビュー108】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 小笠原裕一
この記事を書いた人
いがいが
インタビューで卒業制作の魅力を伝えます!

アクセスランキング

おすすめまとめ