【学生インタビュー155】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥

2016.7.31

”気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー155人目は、東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥 (きみじりふみや) さんです。

自分と向き合いながら作品を描く木見尻さん。これまでの活動や絵に対する熱い思いを聞きました。

自己紹介

東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 洋画コース1年 木見尻郁弥 (きみじりふみや) です。宮城県仙台市出身です。今は一人暮らしをしているのですが、大学にはキックボードで通学しています (笑)

先日、ナツクサに登場した日本画コース1年の山田竜馬君とは同じ高校出身です !

【学生インタビュー140】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース1年 山田竜馬
【学生インタビュー140】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース1年 山田竜馬

趣味は、古着屋巡りと漫画を読むことです。古着屋は色々なメーカーの服があるので、好きなものを自分で選べる所が好きです。

漫画は浦沢直樹さんや松本大洋さんの作品を読みます。話の内容はもちろん、素朴で力強い絵が素敵だと思いますね。

高校時代、印象に残っていることは何ですか ?

20160726_kimijirifumiya06

小さい頃から絵を描くのが好きで、自分の絵を見て喜んでくれる人がいることに嬉しさを感じました。

本格的に絵を学ぶため美術科の高校に進学しましたが、自分が何を描いたら良いのか分からず悩んだ時期がありました。

そんなとき、ゲスト講師としていらっしゃった現代美術作家のヤノベケンジさんから「若いうちは様々なことに挑戦し、自分が楽しいと思うことをやり続けるべきだ」という言葉をかけていただきました。自分のスタイルを決めずに自由に描いて良いんだということに気付かされましたね。

ヤノベさんの言葉が無かったら、今の自分はいないと思います。これからもこの言葉を忘れずに過ごしていきたいです。

洋画コースに入ったきっかけは何ですか ?

20160726_kimijirifumiya10

洋画コースの先輩が大きな作品を描いたり、山形でライブペイントをやっていると知り自分もやりたい ! と強く思いました。

洋画は油絵のイメージが強いと思いますが、最近ではアクリル絵具で描いたり立体的な作品を作ったりします。

腕を大きく動かし自由に描くことが好きだったので、ジャンルを問わず作品が描ける所に魅力を感じました。

普段はどのようにして絵を描いているのですか ?

20160728_kimijirifumiya11

自分の思いを一度字に起こし、音楽を聴きながら作品を描きます。

直接描くと必ず行き詰ってしまうので、自分の気持ちを整理しながら制作していますね。

絵は思いを伝える手段の一つだと思っているので、自分の感情と音楽を重ね合わせて描くことを心がけています。

絵を描く上で大切にしていることを教えてください

20160728_kimijirifumiya13

自分と向き合いながら作品を描くことです。

僕は自分の思いを言葉にするのが苦手で、コミュニケーションの一つとして絵を描いてきました。絵を描いている時、やっと自分の感情と向き合うことが出来るんです。

もちろん辛いことや苦しいことのほうが多いですが自分と向き合い、思いを絵にぶつけることで前に進むことが出来ます。

絵を見てくれた人が自分の感情を思い返したとき「この気持ちは間違っていないんだ」と再確認してもらえるような作品を描いていきたいですね。

絵を描いていて良かったと思うことは何ですか ?

20160726_kimijirifumiya05

自分自身と向き合うことが出来たのはもちろん、モノを見る世界が変わったことです。

思いを言葉にしたり人に伝えることが苦手だったからこそ、絵を自分のルーツにすることが出来ました。

普段、何気なく見ている植物や風景にも感情移入するようになりましたね。

今こうして絵を描いているのも偶然の重なりだと思うので、絵を通して得たものを自分の武器にしていけたらと思います。

チュートリアルについて教えて下さい

東北画は可能か ? のチュートリアルに所属しています。

学生それぞれが東北の美術を考えるチュートリアルで、これから写生旅行にも行く予定です。

先日、青森県立美術館で行われた作品のレセプションに参加してきました。自分が見たかった奈良美智さんの作品も見ることができ、凄く楽しかったです。

実際に目で見て感じたことを、これからの作品に繋げていきたいと思います。

これからどんな作品を描いていきたいですか

20160726_kimijirifumiya01

叙情的な作品を描き続けていきたいです。

僕自身、四年間でやりたいことや将来の夢はまだ決まっていません。模索する中で本当にやりたいことを見つけていきたいと思います。

将来どんな職業に就いたとしても、自分の感情と向き合いながら作品を手掛けていきたいですね。

行ってみたいお店を教えて下さい

山形市あこや町にあるミュージック昭和です。ここは、先輩からオススメしてもらった楽器屋さんです。

レトロな物が好きなので、楽器やレコードをじっくり見に行きたいですね。

入学してから四ヶ月が経ちましたが、山形のことをもっと知りたいのでオススメのお店など是非教えて下さい !

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー154】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 佐藤杏樹
【学生インタビュー154】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 佐藤杏樹
【学生インタビュー150】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科 1年 阿部将樹
【学生インタビュー150】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科 1年 阿部将樹
【学生インタビュー146】東北芸術工科大学 グラフィックデザイン学科1年 川添日向枝
【学生インタビュー146】東北芸術工科大学 グラフィックデザイン学科1年 川添日向枝
この記事を書いた人
きくちみ
純喫茶巡りがしたいです。

アクセスランキング

おすすめまとめ