【リポート】芸工大の先生と学生が多数参加 ! 「FDワールド・カフェ」に行ってきた

2016.7.28

7月27日(水) 「FDワールド・カフェ ~ 授業をもっと楽しくしよう ! 」 が芸工大学食2階で開催されました。

芸工大の先生と学生が、より良い授業について意見を出し合うというこの企画。今回は、その様子を多数の写真とともにご紹介します !

開会

160728_fd_3

▲ デザイン工学部、芸術学部問わず、様々な学科の先生や学生が席につきました。

160728_fd_6

▲ 開会の挨拶は青山先生が担当しました。「わかりやすい授業」「ためになる授業」とはなにか、学生と先生が一緒に考えるのは芸工大では初めてとのこと !

160728_fd_4

▲ 今回は各テーブルにペンやポストイットが置かれ、ワークショップ形式で進行します。

160728_fd_7

▲ 次に、各テーブルをファシリテーターの先生 (進行役) から自己紹介がありました。

グループに分かれて意見出し

160728_fd_8

▲ まずはテーブルごとに自己紹介から。先生も学生も所属学科が違うのですが、すぐに打ち解けたようです !

160728_fd_11

▲「わかりやすい授業」「ためになる授業」について、ざっくばらんに意見を出し合っています。

160728_fd_13

▲ 学生のリアルな声を聞いて、意見を出し合うテーブルもありました。

160728_fd_15

▲ 先生方の顔は、真剣そのものですね。

160728_fd_21

▲ ポストイットには、たくさんの意見が書き込まれています。

160728_fd_19

▲ 一通り書き終えたら、ディスカッションスタート !

160728_fd_22

▲ 話し合いながら、意見の書かれたポストイットをグループ分けしていきます。

160728_fd_26

▲ 先生同士で共感しあったり、意見交換が白熱する場面もしばしばありました !

160728_fd_43

▲ 学生も授業を受けている立場から、「わかりやすい授業」「ためになる授業」について意見を出します。

実際に書かれた意見

160728_fd_47

▲ 何のためのワークなのか (目的) を先に提示する

160728_fd_48

▲ 課題止まりでない社会に通用するもの

160728_fd_51

▲ 実社会との関係を想像できる

グループを組み直して意見をブラッシュアップ

160728_fd_46

▲ 意見をより深めるため、一度グループを解散し組み直します。

160728_fd_54

▲ ファシリテーターの先生は、テーブルを移動せずに新しいメンバーへ、先ほど出た意見を共有します。

160728_fd_58

▲ 新しくグループを組み直したことで、より議論が活発に ! 教育について、とても熱心に話されていました。

各テーブルごとのまとめ発表

160728_fd_61

▲ 最後に各テーブルごとのまとめを発表し合いました。

160728_fd_63

▲ 学生からは、「普段感じることができない、先生たちの熱い想いを感じることができた」という感想も。

160728_fd_65

▲ こちらのグループでは「教える分野への愛、学生への愛はとても大切 ! 」という意見が出たそうです。

さいごに

160728_fd_77

授業をより良くするための話し合い「FDワールド・カフェ」に、今回は初めて学生が参加しました。

そして先生も学生も、気兼ねなく本音を話し合えることに驚きました。今回出た意見は、後期からの授業に反映されるそうです。

先生方は授業の質を高めるために、こんなことをしていたんですね。ちょっとだけ、先生たちの裏側を見れたワークショップでした !

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー122】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 石橋海夏絵
【学生インタビュー122】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 石橋海夏絵
【リポート】宅飲みやパーティーの買い出しにぴったり ! 十日町に新しくできたスーパー256に行ってみた。
【リポート】宅飲みやパーティーの買い出しにぴったり ! 十日町に新しくできたスーパー256に行ってみた。
【リポート】LightingObject2016 点灯式に行ってきました
【リポート】LightingObject2016 点灯式に行ってきました
この記事を書いた人
natukusa編集部
natukusaの公式情報を発信しています。

アクセスランキング

おすすめまとめ