【学生インタビュー153】 東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 赤間華怜

2016.7.28

“気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー153人目は東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 赤間華怜(あかま かれん) さんです。

赤間さんの今までの取り組みと、これからの取り組むことについて聞いてきました !

どうして企画構想学科に入られたのですか?

高校生のとき、美術部の顧問にすすめられたのがきっかけです。最初入学前は人を幸せにする学科って楽しそう!という漠然とした気持ちだったのですが、今では企画構想学科に来てよかったと思います。

企画構想学科にどんなイメージがありましたか ?

160722_akamakaren4

特に「商品を作る」イメージが強かったですね。また、中学校や高校では企画なんて勉強したことがなかったので、とても新鮮でとてもワクワクしていました。

実際に入ってみてどうでしたか?

まず、入学前から興味のあった、商品の企画販売が出来ました!

また、グループワークをする際にみんなが自分の意見を持っていて、互いに意見をぶつけ合ってアイデアを高められるのはとても楽しいです。

学んでいて大事だなと思ったことはどんなことですか ?

報告・連絡・相談の【報連相】が、演習の中で大事だと思いました。

これができないとプロジェクトチームの中で意思が統一できませんし、困っていることを教えてもらえないとフォローもできませんでした。他には、まじめな人ほど一人で抱えてしまい、他人に頼れなかったりするのが落とし穴でした。

企画構想学科で楽しかったことはどんなことですか?

160722_akamakaren5

二年生のときにCelebration The age 20 Party (セレパ)という、新成人に向けたイベントを企画、運営したことですね。ターゲットが私たちと同年代の方だったので、とても楽しく企画や、企画に使う動画などを作成しました。

自分たちと近い年代の方がターゲットであるほうが、企画しやすいんですよね(笑)

卒制ではどんなことに取り組んでいますか ?

160722_akamakaren2

【災害関連死】を予防することに取り組んでいます。災害における火災や津波で直接亡くなることではなく、避難所での精神的疲労などの間接的なことで亡くなることを災害関連死といいます。

せっかく助かった命が災害関連死で奪われるのはとても惜しい。それを防ぐために何かがしたい。と思い取り組んでいます。

具体的にどんなことをしようと考えていますか ?

160722_akamakaren3

【おとなりノート】という企画を考えています。回覧板と交換ノートを組み合わせたものと考えていただければわかりやすいと思います。

単に回覧板を回すのではなく、回ってきた人はノートのテーマに沿ったことを書いて次の人に受け渡します。回覧板に、交換ノートのコミュニケーション価値をつけたものですが、その他にもスタンプなど色々盛り込むものを考えています。

避難先で他人との共同生活で精神的に疲労するのであれば、普段からお隣さんや地元の方などとコミュニケーションを取ることで、いざ共同生活を強いられたときの精神的疲労を軽減できるのではないかと思い、この企画を実施したいと考えています。

卒制で困っていることはありますか ?

160722_akamakaren6

ユーザーがノートに書き込む際のモチベーションを、どうやって高めるかが現状の大きな課題です。

オススメのお店はありますか ?

企画構想学科では定番ですが、【小福】という飲食店がオススメです。唐揚げなどが人気です。

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー122】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 石橋海夏絵
【学生インタビュー122】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 石橋海夏絵
【学生インタビュー139】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 小嶋友之
【学生インタビュー139】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 小嶋友之
【学生インタビュー56】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 片平圭亮
【学生インタビュー56】東北芸術工科大学 企画構想学科3年 片平圭亮
この記事を書いた人
いがいが
インタビューで卒業制作の魅力を伝えます!

アクセスランキング

おすすめまとめ