【リポート】市立米沢図書館と市民ギャラリーが併設。新文化複合施設「ナセBA (なせば)」行ってきた

2016.8.9

2016年7月1日(金)、 市立米沢図書館と市民ギャラリーが併設する新文化複合施設「ナセBA (なせば)」が開館しました。

OPENイベントの様子はこちら↓

【リポート】米沢市街地 新文化複合施設OPENイベント「ナセBAフェス」に行ってきた
【リポート】米沢市街地 新文化複合施設OPENイベント「ナセBAフェス」に行ってきた

今回は、前回の記事で紹介しきれなかったナセBAの建物内を紹介したいと思います !

1階 市民ギャラリー

160716_naseba2

建物の1階のほとんどが、この市民ギャラリーになっています。

各展示室がゆるやかに繋がっており、大きなひとつのギャラリーとして使うことも、小さな部屋ひとつで展示を行うこともできます。

ギャラリーカレンダーはこちらから。

1階 カフェ

160716_naseba6

1階の入口付近には、「さくらCafeナセBA店」があります。オープン直後ということもあって、大勢の市民で賑わっていました。

公式サイト : http://www.sakura21.info/naseba/cafe

1階 自習室

160807_naseba

(画像は http://yamagata-np.jp/news/201606/30/kj_2016063000755.php より引用)

1階の自習室には、山形大学が誇る最新技術である有機EL照明が使われています。蛍光灯やLEDにくらべブルーライトが少なく、影ができにくいので目に優しいのが特徴です。

2階 図書館

160716_naseba4

階段をあがり、2階にすすむと図書館が見えてきます。壁面が閉架図書になっていて、空間の演出に一役買っています。

160716_naseba1

天井がとても高く、開放感にあふれていますね。これならリラックスして読書ができそう !

館長さんのお話

160807_naseba3

米沢市立図書館、館長の村野です。この文化複合施設「ナセBA」は、「優れた人材と豊かな心を育む学びのまち」を実現させるために今年新しく整備されました。

そして、みなさん大学生もこのまちに欠かすことの出来ない人材です。ぜひ、授業やテストなどの受動的な学びではなく、探究心をもって能動的に学んでみてください。きっと、みなさんの人生の糧になることと思います。

なにか探求したいこと、知的好奇心が湧くことがあれば、この図書館がお役に立てるでしょう。お待ちしております。

詳細情報

160716_naseba5
開館時間

9:00~20:00

展示時間

10:00~18:00(時間延長可能)

展示期間

毎週火曜日~日曜日(月曜日は原則として展示替日)

休館日

12月29日~1月3日
施設点検等館内整理日

駐車場

まちなか駐車場をご利用ください。施設利用者は、駐車料が3時間無料になります。

こんな記事もオススメです

【リポート】米沢市街地 新文化複合施設OPENイベント「ナセBAフェス」に行ってきた
【リポート】米沢市街地 新文化複合施設OPENイベント「ナセBAフェス」に行ってきた
【施設紹介】渡米する人必見 ! 山形大学工学部 (米沢市) の主な施設まとめ
【施設紹介】渡米する人必見 ! 山形大学工学部 (米沢市) の主な施設まとめ
【まとめ】山形市内の学習スペース・勉強場所【14選】
【まとめ】山形市内の学習スペース・勉強場所【14選】
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ