【学生インタビュー146】東北芸術工科大学 グラフィックデザイン学科1年 川添日向枝

2016.7.17

“気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー146人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科1年 川添日向枝 (かわぞえひなえ) さんです。

将来、イラストレーターの仕事がしたいという川添さん。学科での活動や将来についてお話を聞きました。

自己紹介

東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科1年 川添日向枝 (かわぞえひなえ) です。青森県青森市出身です。

山形に来てから3か月以上経ちましたが、青森独特の訛りがなかなか抜けません (笑)

趣味はイラストを描くこと、音楽を聴くことです。イラストはアナログとデジタルどちらも描きます。音楽はジャンルを問わず聴きますが、J – POPでは嵐、洋楽ではレディ・ガガが好きです。

芸工大を志望したきっかけを教えて下さい

160715_kawazoehinae_5

オープンキャンパスに来たとき、沢山の自然に囲まれていてのびのびと学習出来る芸工大に魅力を感じました。

その時から「絶対にこの大学に入学したい ! 」と思っていたので、合格が決まった時は泣いて喜びました (笑)

今も芸工大で勉強出来ることが凄く嬉しいので、これからも初心を忘れずに過ごしていきたいです。

グラフィックデザイン学科を志望した理由はなんですか ?

将来、「イラストレーターの仕事に就きたい」と思い芸工大に入学しました。

きっかけは日本のイラストレーター中村祐介さんの作品を見たことです。中村さんの描くイラストの世界観に引き込まれ、大ファンになりました。

グラフィックデザイン学科ではイラストレーターになるために、デザインの基礎を1から学びたいです。

グラフィックデザイン学科の活動について教えて下さい

160715_kawazoehinae_4

グラフィックデザイン学科ではポスターやロゴ、広告やパッケージなど幅広い分野のデザインの仕方を学んでいます。

最近の授業では味覚、触覚、嗅覚など五感を使って商品のラベルを考えたりしました。難易度の高い課題に苦戦することもありますが、みんな必死に頑張っているので自分も負けてはいられません。

教授からのアドバイスはもちろん、同じ学科の人達から刺激を受けることは沢山あるのでこれからもお互いに作品を高め合っていきたいです。

大学生活で心がけていることはなんですか

160715_kawazoehinae_7

失敗を恐れず、どんなことにも挑戦するということです。

恥ずかしがったり、人の目を気にしていては何も始まらないので、どんなことでも自分からアクションを起こすようにしています。

また、デザインの世界は流行に乗らないとついていけないのでメディアで情報を得たり、常に五感で感じながら生活するようにしています。

大学生活でやりたいことはなんですか

大学生にしか出来ない、大きな展覧会をやってみたいです。

例えば、身近にあるものを擬人化して作品を作るなどユニークな展覧会を開いてみたいです。沢山の人に作品を見てもらいたいですね。

また、将来はイラストレーターになりデザインの力で地元の青森を盛り上げたいと思っているので、地域活性化活動についても考えていきたいです。

最後に一言

160715_kawazoehinae_2

グラフィックデザイン学科は学年問わずみんな仲がいいです ! サークルやプロジェクトでの関わりがなくても、どんどん話しかけて下さい ! 待ってます (笑)

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー145】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 大木琢磨
【学生インタビュー145】東北芸術工科大学 企画構想学科4年 大木琢磨
【学生インタビュー144】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 吉田匠
【学生インタビュー144】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 吉田匠
【学生インタビュー140】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース1年 山田竜馬
【学生インタビュー140】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース1年 山田竜馬
この記事を書いた人
きくちみ
純喫茶巡りがしたいです。

アクセスランキング

おすすめまとめ