【学生インタビュー144】東北芸術工科大学 コミュニティデザイン学科1年 吉田匠

2016.7.15

“気になるあの人は何をしているんだろう”

学生インタビュー144人目は、東北芸術工科大学 デザイン工学部 コミュニティデザイン学科1年 吉田匠 (よしだたくみ) さんです。これまでの活動や将来についてお話を聞きました。

自己紹介

東北芸術工科大学 デザイン工学部 コミュニティデザイン学科 1年 吉田匠 (よしだたくみ) です。ニックネームはヨスダです。

趣味は、イラストを描くことです。今は手描きよりもパソコンを使って描くことが多いです。アナログには出せない色の発色で作品を描けるのが魅力だと思います。

コミュニティデザイン学科ではどんなことを学んでいますか?

160715_yosidatakumi_3

コミュニティデザイン学科では、課外活動やファシリテーションを通して人との関係づくりをデザインする方法を学んでいます。

その中で、「コミュニティとはそもそも何なのか」「社会をよりよくするにはどうすれば良いか を考え、地域の課題解決に必要な力を身に付けていきます。

自分の意見を相手に伝えるのはもちろん、地域に寄り添いながら解決方法を見つけていくことが大切だと思います。

大学生活で頑張りたいことは何ですか

160715_yosidatakumi_7

人を巻き込む力を身に付けることです。地域支援をするにしても人との繋がりは必要不可欠なので、目に見えないデザインの可能性を生かした活動に取り組んでいきたいです。

そして、沢山の地域にコミュニティデザインを浸透させたいですね。

所属しているサークルについて教えて下さい

160715_yosidatakumi_4

アルルカンというサークルに所属しています。そこでは、オリジナルに限定した漫画やイラストを製作しています。中・高時代もアートをメインに活動してきたので、自分の好きなことと学科の活動を両立していきたいと思っています。

絵を書くのが好きとお聞きしましたが・・・

160715_yosidatakumi_1

そうですね。小さい頃から絵を描くのが好きで、友人が外で遊んでいる中ずっと教室で絵を描いていました(笑) 。僕にとって絵を描くことは、ストレス発散の1つです。

また、中高の6年間美術部に所属し、沢山の作品を描いてきました。

中学時代は土砂災害防止に関する絵画コンクールで最優秀賞国土交通省事務次官賞を受賞しました!高校時代は、高校生マナーアップ運動のポスター学校祭のポスターを手掛けましたね。

将来の夢は何ですか

160715_yosidatakumi_11

今までやってきた美術の経験を生かし、アートと人を繋ぐ架け橋となるアーティストコミュニティデザイナーになりたいです。

この学科に入学してから、目に見えないデザインがどのような役割を果たしているか深く考えるようになりました。

アートの力で社会をよくする方法を見つけ、地域活性化の手助けをしていけたらなと思っています。

オススメのお店を教えて下さい!

僕はラーメンが大好きなのですが、その中でも2軒紹介したいお店があります。

1つ目は、山形市平久保にある麺屋丸文です。沢山メニューがある中でもにぼしDXというラーメンが美味しいです。

2つ目は、山形市平清水にある八幡屋です。シンプルで飾らない美味しさが良いなと思います。特に中華そばがオススメです。芸工大から近いので是非行ってみて下さい!

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー140】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース1年 山田竜馬
【学生インタビュー140】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース1年 山田竜馬
【学生インタビュー139】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 小嶋友之
【学生インタビュー139】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科4年 小嶋友之
【学生インタビュー138】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科1年 津田陽向
【学生インタビュー138】東北芸術工科大学 デザイン工学部 企画構想学科1年 津田陽向
この記事を書いた人
きくちみ
私物は緑と青が多めです。

アクセスランキング

おすすめまとめ