【リポート】大学発ベンチャーで地方創生 ! 第5回学長特別講演会に行ってきました

2016.7.13

2016年7月11日(月)、 学長特別講演会シリーズ 「山形から世界へ」 第5回 研究者の知識が地域産業を活性化する 〜次世代育成からベンチャー創出までを実現するエコシステム〜 が開催されました。

【7/11(月)開催】研究者の知識が地域産業を活性化する 〜次世代育成からベンチャー創出までを実現するエコシステム〜
【7/11(月)開催】研究者の知識が地域産業を活性化する 〜次世代育成からベンチャー創出までを実現するエコシステム〜

今回は、この講演会を知らなかった人や行きたかったけど用事が入ってしまった人に向けて講演会の内容を紹介したいと思います !

はじめに 学長の言葉

160713_gakutyoukouenn1

山形大学の学長、小山清人先生です。現在の地方国立大学の置かれている状況や社会情勢について触れた後、学長特別講演会に対する熱い思いを語ってくださいました。

「山形から世界に通用する技術やプロダクト・学術研究をどんどん生み出そう。そして、山形を元気にして地域創生につなげよう」というコンセプトで行われているこのシリーズは、今回で5回目。毎回新しい発見がある講演会なので、今回も非常に楽しみです。

過去の学長特別講演会の詳細はこちら↓

http://www.yamagata-u.ac.jp/jp/university/president/lecture/

講演会の様子

160713_gakutyoukouenn2

講師は、株式会社リバネス代表取締役CEO丸幸弘さん。東京大学大学院在学中に、日本の博士課程を終えた優秀な人材が活躍できる組織が少ないことに問題意識を抱き、「院生が魅力を伝える、最先端科学の出前実験教室」を行う会社を立ち上げました。

そこから、小中高の子どもたちに向けた様々な活動、若手研究者を支援する活動などに注力。筆者が高校時代に好きだった「someone」というサイエンス雑誌を作っているのもこの会社ということが判明し、とても親近感が湧きました。

学生注目の事業いろいろ

160713_gakutyoukouenn3

会場には多くの学生もいたので、リバネスが行う学生・院生向けサービスもいくつか紹介していただきました。

リバネス研究費

一般的に大学で研究をするには、国や企業を説得して研究費をもらう必要があります。こういった場合、あまりリスクのない無難な研究やブームになっている分野に資金が集中しがち。また、研究費の使い方にも様々な制約があります。それを解決するのがこのリバネス研究費。マニアックだけど面白い研究や、企業との相乗効果がのぞめる研究などを支援します。

超異分野学会

「ほかの分野の研究者に自分の研究をいちばんわかりやすく説明した人が優勝」というルールの学会。分野をまたいだ新しい研究や、思いがけない出会いからの共同研究など、さまざまな成果をあげています。毎年3月に行うそうなので、興味のある方はぜひ。

丸さん ✕ 小山先生 の対談

gakutyou5th_thumbnail

第2部は、丸さんと小山先生の対談。小山先生も2つのベンチャー企業の設立や運営に携わった経験があるとのことで、非常に面白い内容の対談になりました。

会場との意見交換も活発に行われ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

興味深い講演をしてくださった丸さん、企画してくださった大学関係者のみなさん、ありがとうございました !

160713_gakutyoukouenn8

▲ 会場に来ていた学生と古川先生 (画面中央右)。提供 : 古川先生

こんな記事もオススメです

【リポート】SORACOM x RaspberryPi 最新技術ワークショップ 行ってきた
【リポート】SORACOM x RaspberryPi 最新技術ワークショップ 行ってきた
【リポート】山形大学工学部11号館 有機材料システムフロンティアセンターに行ってきた
【リポート】山形大学工学部11号館 有機材料システムフロンティアセンターに行ってきた
【リポート】山形から東京へ。サイトウケイスケさんのトークショーに行ってみた
【リポート】山形から東京へ。サイトウケイスケさんのトークショーに行ってみた
この記事を書いた人
たーかぎー
今しかできないことを、最高の仲間と。

アクセスランキング

おすすめまとめ