【学生インタビュー136】東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース 3年 川合南菜子

2016.7.4

“気になるあの人はなにをしているんだろう ? ”

学生インタビュー136人目は、東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース 3年 川合南菜子さんです。

中学生のころから日本画に興味を持っていたという川合さん。

普段の学科での活動や、チュートリアルの魅力についてお話を聞いてきました !

自己紹介

東北芸術工科大学 芸術学部 美術科 日本画コース 3年 川合南菜子 (かわいななこ) です。

ライブに行くことが好きで、月1でライブに行ってます。邦楽ロックが好きです。「THE BACK HORN」というバンドが好きで、フェスでも必ず見にいきます。

普段はどんな作品をつくっているんですか ?

160630_kawainanako04
▲川合さんのアトリエ

筆で描く線が心地よくて、筆を使っています。

2年生の後期くらいに、ライブの備忘録を筆ペンでよく描いていたんですよ。それが積み重なって筆が好きなりました。

元々、葛飾北斎のような古典的なタッチが好きで、憧れていたので、やってみたらやっぱりハマった感じですね。

作品としては、人を描くことが多いと思います。ライブに行くと、色んな年齢層の人がいるので、そういう人たちの様子を観察して作品のネタにすることがあります。

他にも蔵を描いたり…筆もそうですけど、古風なものが好きなのかもしれないです。

日本画コースに進もうと思ったきっかけはなんですか ?

地元の美術館で、日本画の展示がよくあったので、作品に触れる機会が多かったんです。

もともと小さいときから絵を描くことが好きで、中学のときには「美大に行きたい」と思っていたので、大学では一番興味のあった日本画コースに進みました。

日本画コースは、教授とコミュニケーションがとりやすいので、アドバイスをもらいやすい環境だと思います。それから、院生以外の全学年が同じ棟にいるので、他の学年がなにを制作しているのか見にいくことが出来ます。

学科の雰囲気を教えてください

160630_kawainanako02

全体的にみると静かな感じですけど、個人でみると個性的な人が多いと思います。

先日、日本画コースの行事として、福島まで写生旅行をしに行きました。教授や学生、外部の作家さんと一緒に、五色沼や山のスケッチをしたりして、すごく楽しかったです !

そのせいで今ちょっと風邪をひいています (笑)

川合さんの好きな作品を教えてください

木村武山という作家の「阿房劫火」という作品が好きです ! 中学のときに教科書で見たときから好きでした。

炎とか煙の表現が余りにも生々しくて、一気に世界観に引き込まれました。美術館で実際に現物を見たときは、あまりの迫力に圧倒されて泣きました…。

チュートリアルについて教えてください

様々なコースの学生が参加している「東北画は可能か ? 」というチュートリアルに参加しています。

東北に根付いている文化とかを研究して、「自分たちがいま居る東北とはなんなのか ? 」について考え、作品に落とし込んでいます。

私は茨城出身なので、大学に入る前は、東北は物静かなイメージがあったんですが、このチュートリアルで現地の人と話す機会が増えて、イメージが変わりました。

みんな、自分のいる土地に誇りを持っていて、内に熱いものを秘めているんだな、と思うようになりました。

どんな場所でも、田舎だから、と卑下するものはなにもないと思います。確かに交通網とかは東京に比べたら不便ですが、自分にとって東北は居心地のいい場所ですね。

川合さんにとって、「絵を描く」とは ?

160630_kawainanako03

自分の世界や価値観を広げることです。

描いているときは、楽しいことよりも苦しいことのほうが多いんです。

でも描き終えて振り返ると、それまでより見えている世界が広がっているように感じるんです。それを感じると嬉しいし、もっと自分を高められるんじゃないかと思っています。

今は、自分の作品を通して、多くの人が何かを感じてもらえることを目指して制作をしています。

おすすめのお店

駅前にある「Bonafide」というお店が好きです。

あまり見かけないブランドの洋服が売られています。

他人とかぶらない、珍しい服が欲しい人は、どうぞ行ってみてください !

こんな記事もおすすめです

【学生インタビュー129】東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科 3年 高橋玄篤
【学生インタビュー129】東北芸術工科大学 デザイン工学部 グラフィックデザイン学科 3年 高橋玄篤
【学生インタビュー135】東北芸術工科大学 芸術文化専攻 洋画領域 院生2年 渡辺光希
【学生インタビュー135】東北芸術工科大学 芸術文化専攻 洋画領域 院生2年 渡辺光希
【ランキング】natukusaで人気だった記事 2016年6月
【ランキング】natukusaで人気だった記事 2016年6月
この記事を書いた人
さなぎ
冒険王ビィト、バロン編完結おめでとう!!

アクセスランキング

おすすめまとめ