【学生インタビュー125】山形大学 理学部 物質生命化学科4年 荒木渉

2016.6.15

“ 気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー125人目は、山形大学 理学部 物質生命化学科4年の荒木渉さんです。

大学生活の中で人とのつながりを大切にしてきたという荒木さん。

大学で学んできたことや、将来の夢について聞いてきました。

自己紹介

山形大学 理学部 物質生命化学科4年の荒木渉です。

大学では有機合成化学の勉強をしていて、卒業後は山形大学の大学院へ進学したいと考えています。

大学での生活について教えてください

150614_araki

ソフトボールサークルに所属していて、サークル長として活動していました。

アルバイトは塾講師の仕事をしていて、主に中高校生に勉強を教えているのですが、今年で始めて4年目になります。スーパー塾講師です。

1年生の時の夏休みにはプールの監視員のアルバイトをしたこともありましたね。

あとは友達とバカなことをするのが好きで、昼休みの時間に大学で逃走中をしたこともありました (笑)

かなりモテると思うのですが、好きな女性のタイプは ?

160614_araki_5

唐突な質問ですね (笑)

話が面白くて、一緒にいて楽しい人が好きです。

あとは「ごめんなさい」「ありがとう」が言える正直な人も魅力的だと思います。

アルバイトで学んだことはありますか ?

160614_araki_2

はい。プールの監視員を始めるときに講習会が開かれたのですが、その時の担当の方が「率先垂範 (そっせんすいはん) 」という言葉を教えてくれたんです。

率先垂範とは「自ら行動して手本を示し、部下の模範になること」というリーダーに求められる資質のことをいうのですが、この言葉を教わった時から、人に何かを言ったり教える時にまずは自分が率先して行動し、手本を見せるということを意識して行動するようになりましたね。

サークルのみんなをまとめる時にとても参考になりました。

大学生活で印象に残っていることはなんですか ?

160614_araki_3

大学2年生の時に七日町にある屋台村で友達と飲んでいたら、たまたま隣に座っていた社会人の方と一緒に飲むことになったんです。

その方から「企業が人件費の安い高校生よりも、人件費の高い大学生を採用するのは、大学生は4年間で触れ合った人 (友達) とのつながりが多いから」ということを教えていただきました。

社会人になった時に、そのつながりはとても価値のあるものになるのだそうです。

その話を聞いた時から、僕は以前よりも友人を大事にするよう心がけ、今でもそのつながりの輪を広げるようにしています

将来の夢について教えてください

160614_araki_7

将来はいま勉強している有機合成化学の知識を活かして、化粧品や製薬の研究・開発をしてみたいと考えています。

自分が持っている技術や知識をどう活かせば社会に貢献できるか ? と考えた時に、今の夢を目指すようになりました。

謎解きも好きで、科捜研でも仕事がしたいと思っているのですが……どの業種に進むにしても、自分の専門の知識を活かしていきたいです。

そのため、さらに知識を深めるために大学卒業後は山形大学の大学院に進学するつもりです。

さいごに

「ふとした出来事や偶然の出会いが自分の人生を変えるきっかけになった」

多くの人がそんな経験をされたことがあると思います。

今回のインタビューを通して、荒木さんのように人との出会いや偶然の出来事を大切にしているからこそ、日々成長することができるのだと学ぶことができました。

何を目指すのか決まっていないという人も、偶然の出会いや、何気ない日々の生活を大切にして将来の自分に繋げていってほしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました !

こんな記事もオススメです

【学生インタビュー119】 山形大学 人文学部 法経政策学科4年 武藤黎
【学生インタビュー119】 山形大学 人文学部 法経政策学科4年 武藤黎
【学生インタビュー113】山形大学 工学部 機能高分子工学科3年 長守一滉
【学生インタビュー113】山形大学 工学部 機能高分子工学科3年 長守一滉
【学生インタビュー103】山形大学 農学部 食料生命環境学科2年 平塚悠騎
【学生インタビュー103】山形大学 農学部 食料生命環境学科2年 平塚悠騎
この記事を書いた人
ばんでぃ
七日町の「さる家」でバイトしてるよ!

アクセスランキング

おすすめまとめ