【6/19(日)開催】 最前線宇宙講演会 中性子星最前線 〜超新星爆発の花に集まる宇宙の昆虫たち〜

2016.6.9

毎年、やまがた天文台を拠点に活動する「NPO法人 小さな天文学者の会」が主催する、最前線宇宙講演会。

今年は、「中性子星最前線 ~超新星の花に集まる宇宙の昆虫たち~」と題して、6月19日に行われます。

そこで、スタッフとしてまとめ役を務めるお二人に話を聞いてきました !

自己紹介

160602_ucyu2

地域教育文化学部児童教育コース2年の山田愛里です。最前線宇宙講演会のスタッフ代表を務めています。主に今回の講演会のPRを担当しています。

理学部物理学科2年の齊藤肇です。同じくスタッフ代表です。小さな天文学者の会に所属している学生にスタッフとして動いてもらうのですが、そのとりまとめをしています。

最前線宇宙講演会とはどんなイベントですか ?

NPO法人小さな天文学者の会が毎年開催している講演会です。最近はずっと外部の先生をお招きして開催していたのですが、今回は約10年ぶりに、小さな天文学者の会の理事長でもある物理学科の柴田晋平先生が講演します。

超新星爆発……星の一生の最後に起きる大きな爆発ですね。そのあとにできる中性子星が講演のテーマです。多種多様な中性子星を、同じように多種多様な昆虫になぞらえて講演してくださるそうです。僕もとても楽しみです !

おふたりから一言

一般向けのわかりやすい内容になっているので、宇宙に興味がある方はぜひご参加ください !

芸工大の方もぜひいらしてください。創作のヒントになる……かも ?

最前線宇宙講演会「中性子星最前線 ~超新星の花に集まる宇宙の昆虫たち~」 詳細情報

160602_uyu3
日時

2016年6月19日(日) 14:00 ~ 16:00

開場は13:30です。

場所

山形大学小白川キャンパス 理学部大講義室

※ 入場無料・予約不要です。
※ 駐車場をご用意しています。入り口の守衛さんにお声掛け下さい。

対象

宇宙に興味・関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

※ 会場はバリアフリーです。
※ 耳の不自由な方もぜひご参加ください。講演内容をスクリーンに投影する「パソコン要約筆記」がつきます。

主催

NPO法人 小さな天文学者の会

http://astr-www.kj.yamagata-u.ac.jp/~shoten/

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー10】小さな天文学者の会 ( TWOS )
【学生団体インタビュー10】小さな天文学者の会 ( TWOS )
【学生インタビュー41】山形大学理学部物理学科3年 池野一樹
【学生インタビュー41】山形大学理学部物理学科3年 池野一樹
【学生インタビュー88】山形大学 地域教育文化学部 児童教育コース 越後七々美
【学生インタビュー88】山形大学 地域教育文化学部 児童教育コース 越後七々美
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ