【学生団体インタビュー30】東北芸術工科大学 軽音サークル

2016.5.26

頑張っている学生団体やサークルを取材し、その魅力をご紹介する【学生団体インタビュー】。

第30回目の今回は、東北芸術工科大学の軽音サークルです。

70名を超える部員数と20ほどのバンドを擁するこのサークル。芸大らしく、個性あふれる音楽を奏でるサークルです。

自己紹介

160524_keion10軽音サークル28年度部長の企画構想学科2年の成瀬元紀です。好きなアーティストは米津玄師RADWIMPSです。自分の正直な気持ちを歌詞として表現しているところが好きですね。あとどちらのアーティストもメロディが素敵ですね。

160524_keion11副部長で企画構想学科2年の石山佳樹です。好きなアーティストはRADWIMPStricotです。RADWIMPSは音楽をやる人が一度は通る道だと思っています。tricoは曲が変拍子なのにサビがすごいポップでお気に入りです。基本的にリズムが良ければ大体好きです。

160524_keion12副部長でプロダクトデザイン学科の大谷圭亮です。好きなアーティストはthe gazetteです。ヘヴィなリフが最高にかっこ良くて好きですね。

軽音サークルとは ?

160524_keion7

東北芸術工科大学設立当初より活動しているサークルで、現在70名を超える部員がいます。また、ラウドロックやポップ、ノイズなどバンドごとに個性あふれる20以上のバンドが在籍しています。

基本的にバンド単位での活動で、年4回行われる学祭や新歓ライブなどの大きなライブイベントに向けて練習を行なっています。

サークルの雰囲気を教えてください

160524_keion1

スポーツサークルとは違ってバンドごとの活動になっているんですけど、部員が一堂に会するライブイベントに向けて思いを高めてぶつけていくホットでハートフルなサークルですね。

みんな好きなことをやっていて、個性のある人たちの集まりです。自分の好きな音楽やバンドで意気投合できる相手が見つかる場だと思いますね。

このサークルに入ってよかったことは ?

160524_keion9

楽器のスキルだけでなく、ライブイベントの計画や運営も自分たちでおこなって経験していくので、そういうスキルも身についていると思いますね。

また、軽音サークルに入ってから別のパートにも挑戦する機会があって、パート毎の魅せ方や盛り上げ方などを意識するようになりました。それぞれ美味しいところがあってとても面白いです。

魅力を教えてください

160524_keion8

芸工大の軽音サークルにはいろんなジャンルのバンドや個性あふれる先輩たちがいて、アメリカみたいな自由な雰囲気が漂っていますね。だからこそ、ひとりひとりが表現したい音楽を自由にやれるところが魅力の一つだと思います。

また、今年からは学内だけでなく他大学との交流も行なって、よりオープンなサークルを目指しています。交流を通して刺激しあったり、成長できるような面白いサークルにしていきたいと思っています。

今後のイベントの予定を教えてください

160524_keion13

5月27日にサンセットスタジオで新入生歓迎ライブを行います。J-Rockからヘヴィメタルやノイズ、アコースティック弾き語りなど色んなバンドが出るライブを行います。

今回のコンセプトは、前年よりパワーアップした新入生歓迎ライブ ! 身内だけでは収まらないパワフルなライブをお届けします。軽音サークルに所属していなくても、ライブハウスという空間で行う、生の凄さをぜひ体感しに来てほしいと思います !

軽音サークル新歓ライブ詳細情報

日時

2016年5月27日 (金)
OPEN 18:30  START 18:55

入場料

500yen

会場

サンセットスタジオ 山形県山形市中桜田7-42

軽音サークルTwitter

@tuad_keion

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー22】山形大学 アカペラサークル Smile ☆
【学生団体インタビュー22】山形大学 アカペラサークル Smile ☆
【2015学祭インタビュー】八峰祭 Man with a Mission @ 軽音楽研究会 (山大小白川)
【2015学祭インタビュー】八峰祭 Man with a Mission @ 軽音楽研究会 (山大小白川)
【2015学祭インタビュー】芸工祭 ヌヌヌろっくふぇす (芸工大)
【2015学祭インタビュー】芸工祭 ヌヌヌろっくふぇす (芸工大)
この記事を書いた人
しょーや
色々チャレンジしたい純日本人です。

アクセスランキング

おすすめまとめ