【学生インタビュー116】東北芸術工科大学 芸術学部 歴史遺産学科3年 佐藤大夢

2016.5.27

“気になるあの人は何をしているんだろう ? ”

学生インタビュー116人目は、東北芸術工科大学 芸術学部 歴史遺産学科 3年 佐藤大夢さんです。

学科の活動に全力で取り組みながら、軽音サークルで3バンドを掛け持ちしているストイックな彼の秘密に迫ります。

自己紹介

160523_satohiromu1

東北芸術工科大学 歴史遺産学科3年の佐藤大夢です。バンドでドラムを叩いていて、最近は5月27日に開かれる軽音サークルの新歓ライブに向けて練習をしています。

もう3年になって、こうやってバンドを組めているのも卒業までと考えると楽しいけど涙が出てくる思いでいっぱいです。

歴史遺産学科について教えてください

160523_satohiromu3

歴史遺産学科考古学歴史学民俗人類学と時代毎に専攻があります。考古学が先史時代、飛鳥から明治までが歴史学、大正から現在までが民俗人類学の領域になります。

僕の専攻は民俗人類学で、人の文化や生活にスポットを当てて学んでいます。現地の歴史には残らないけど存在している文化や歴史、身体知を調査して、形に残すことを行なっています。そして、そこから人間全体が歩んできた歴史の形や文化の流れを学んでいますね。

学科の演習について教えてください

2年生の時には東京都慰霊堂という、関東大震災や東京大空襲で亡くなった身元不明の方を祀る場所に演習で行ってきました。その時のテーマは「あまり知られていない所に目を向ける」ということで、観光ではなかなか目を向けないような所に注目して調査をしてきました。

僕は東京都慰霊堂に行って、こういった部分を知らなくても生きていけるけど、そこに目を背けてはいけないなと改めて感じる機会になりました。心持ちが変わりましたね。

所属バンドについて教えてください

160523_satohiromu2

今は大学の軽音サークルで結成した「FatheGain」「シシーオズボーン(シミーオズレクイエムトゥヒロム)」、「jordan」という3つのバンドに所属していて。

「FatherGain」は僕とフロントウーマン二人のスリーピースで、全体的に激し目な曲をオリジナルバンドとしてやっています。ハードドゥームパンクバンドですね。ちなみにハードドゥームパンクは造語です。

「シシーオズボーン」海外メタルアーティストのコピーを主にやっています。うるさいです。みんなよく動きます。楽しいです。

「jordan」キレイめロックをやっているバンドです。インストゥルメンタルで歌はないのですが、リードギターの奏でる泣きのギターに心が震えます。

バンドの魅力を教えてください

みんなとやっている感じがいいですね。バンドがチームとしてみんなでやれるスポーツみたいなところがあります。

あとは純粋に音楽が好きというのもありますね。一人でやるのも楽しいけど、バンドでやるともっと気持ち良いと思います。

これからやってみたいことを教えてください

160523_satohiromu4

学科としては、卒論があるのでそれに向かってやって頑張っていこうと思っています。卒論を出して単位を取るだけではなく、今後の人生において生きてくるような卒論にしたいと思っていますね。あわよくば学会に出せるようなものにしていきたいと思います。

サークルでは先輩がどんどん卒業して行ったり、同級生が忙しくなって活動頻度は減っていきますが、今やっている人たちで力の限りやっていきたいと思っています。

軽音サークル新歓ライブ詳細情報

▼日時

2016年5月27日 (金)
OPEN 18:30  START 18:55

▼入場料

500yen

▼会場

サンセットスタジオ 山形県山形市中桜田7-42

▼軽音サークルTwitter

@tuad_keion

おすすめのお店を教えてください

サイゼリアですね、安くて美味しいです。気軽に友達と行けて近いのでおすすめです。粉チーズ、オリーブオイル、唐辛子フレークがかけ放題なのが魅力的ですね。イカスミパスタがとにかく安くて美味しくて一押しです。

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー30】東北芸術工科大学 軽音サークル
【学生団体インタビュー30】東北芸術工科大学 軽音サークル
【学生インタビュー115】東北芸術工科大学 デザイン工学部 映像学科 3年 斎藤有里
【学生インタビュー115】東北芸術工科大学 デザイン工学部 映像学科 3年 斎藤有里
【学生インタビュー114】東北芸術工科大学 デザイン工学部 コミュニティデザイン学科3年 柴田雄輝
【学生インタビュー114】東北芸術工科大学 デザイン工学部 コミュニティデザイン学科3年 柴田雄輝
この記事を書いた人
しょーや
色々チャレンジしたい純日本人です。

アクセスランキング

おすすめまとめ