【学生団体インタビュー31】山形大学 地域連携型 学生サークル Team道草

2016.5.28

頑張っている学生団体やサークルを取材し、その魅力をご紹介する【学生団体インタビュー】

第31回目の今回は、山形大学 地域連携型 学生サークル Team道草です。

授業がきっかけで設立されたTeam道草。どんな想いでサークル活動をしているのか聞いてきました !

自己紹介をお願いします

160523_mitikusa1人文学部人間文化学科3年チーム道草代表菅野雄介です。趣味は読書、料理です。洋食に最近はまっていて、ペペロンチーノオムライスを作っています。主に自分のために作っています。

160523_mitikusa2地域教育文化学部地域教育文化学科システム情報学コース3年小川実己です。
最近はランニングが趣味で、今年の仙台国際ハーフマラソン大会(5キロ)には初めて参加しました。大会の前には毎朝寮から芸工大までランニングをしていました。

チーム道草について教えてください

160522_mitikusa3

3年前に卒業した先輩たちが、授業で最上郡金山町をフィールドワークしたことがきっかけで設立されました。授業だけでなく、その後も継続的に関わりたいと思ったことがきっかけでサークルとして活動を始めました。

また、フィールドワークのなかで、金山町田茂沢地区にある道草分校を拠点として活動していたことから、道草という名前をもらってサークルの名前に取り入れました。

チーム道草は基本的にプロジェクト単位での活動をしています。こういうことをやりたいという思いがあれば、やってもらいたい人や、同じ思いを持った人がここにはいるので、そういう人たちと企画をすすめていくことが出来ます。

活動内容について教えてください

160522_mitikusa2

主な活動としては、金山町を舞台として中学校の学生に対する学習支援や、子どもたちを集めてイベントを企画したりしています。

また、ふるさとCM大賞に投稿するCM作成に携わったり、新庄にある北辰小学校の学生に時分の住んでいる地区のことを知るイベントのお手伝いなども行なっています。

活動外にも金山町で行われる神室雪まつりでブースを出したり、明安小学校というところで先生たちと一緒にイベントを企画しました。

様々な活動をしていく中で、そのときだけの関わりだけでなく継続して関係を築くことができるので、どんどんと活動が広がっています。

今年度の活動目標を教えてください

160427_mitikusa8

このサークルの一番の目的は、学生のやってみたいことと地域のやってほしいことを掛けあわせて一つの活動にしていくことなので、今年は大学生がもっと楽しんでやれるものをやっていこうと思っています。

活動を通してのやりがいを教えてください

160427_mitikusa19

自分たちが考えたことで、相手が喜んだり楽しんでくれることが嬉しいですね。また、それを直接関わって実感できるので今後も続けていこうという思いがあります。

また、地域と特別密に関わるサークルなので人とのつながりを特に感じますね。活動を続けていると、町を歩いていても小さい子から大人まで声をかけてもらえたり、電話してくれて嬉しくなりますね。

最後にひとこと

160427_mitikusa21

大学4年間で非日常的な経験を金山町でしてみませんか ? 普通の大学生では得られない体験を一緒にしましょう !

チーム道草 詳細情報

▼Facebookページ

https://www.facebook.com/チーム道草-507353576019840/ ? fref=ts

▼Twitter

@TeamMichikusa

こんな記事もオススメです

【学生団体インタビュー29】レッドブル主催 国際イベント 日本代表チーム HAPPIES
【学生団体インタビュー29】レッドブル主催 国際イベント 日本代表チーム HAPPIES
【学生団体インタビュー28】技術開発サークル MOT ! (もっと)
【学生団体インタビュー28】技術開発サークル MOT ! (もっと)
【学生団体インタビュー27】山形大学 生協学生委員会 OH,ONE!?
【学生団体インタビュー27】山形大学 生協学生委員会 OH,ONE!?
この記事を書いた人
しょーや
色々チャレンジしたい純日本人です。

アクセスランキング

おすすめまとめ