【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 TOEIC・英語編

2016.5.14

大学生を知り尽くした山大書籍部の書店員さんが、大学生にオススメする書籍を教えてくれるこの記事シリーズ。

第7回となる今回は、 「TOEIC・英語編」 をお届けします。

TOEIC対策本の売れ筋や、これから英語を始めたい方にオススメの本を聞いてきました。

書籍部の方のコメントとともにどうぞ !

TOEICテスト究極の模試600問 ヒロ前田

▼ 書籍部コメント

模試が3つ収録されています。この本のいいところは、すべての問題の難易度・選択率が載っていて、さらにほとんどの問題に「なぜ間違えるのか」がとても詳しく解説されているところ。他の対策本と比べてみても、群を抜いて詳しい解説です。繰り返し解くことで、力がつくと思います。

筆者も店頭で中身を見ましたが、とにかく解説がやさしく、詳しいです。

はじめてTOEICを受ける方にもおすすめ。

TOEIC TEST 必ず☆でる単スピードマスター 成重寿

▼ 書籍部コメント

「これをやっておけば間違いない ! 」という単語だけを集めた単語集です。みなさんおなじみの赤シート付き。例文付きなので、どんな場面で使う単語なのかを確認できます。同じ音の単語でも、センテンスで覚えれば間違えづらいですよね。姉妹本の問題集もあります。

直前まで使える単語集。

1冊持っておけばスキマ時間でも勉強ができますね !

身につく英語のためのAtoZ 行方昭夫

▼ 書籍部コメント

「読む」「書く」「聴く」「話す」の基本のキを、A~Zのアルファベットになぞらえてコラム風に解説してくれます。以前『【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 新入生編』で紹介した「日本人の英語」とは違って、日本の方が書いているんですが、だからこそ「日本人が抱きやすい疑問」も踏まえた内容です。読み物として面白い本ですね。

岩波ジュニア新書から出版されています。

中高生向けのシリーズですが、大学生にも面白い内容です。

総合英語Forest 石黒昭博

▼ 書籍部コメント

高校生の時に使っていたという方もいるかもしれませんね。高校の参考書として使うことの多い文法の本なんですが、意外と大学生にも売れてるんですよ。文法についてのことなら、だいたい全部載っています。TOEICなどとは別に、ライティングを鍛えたいという方にオススメです。

「ライティングを復習しようと思って買ったけどまだ開いてないな……」とつぶやいたのは書籍部のOさん。

「文法ってなんだっけ ? 」という方は復習もできますし、1冊あればいつでも確認できるのでずっと使えます。

英語のしくみがわかる基本動詞24 小西友七

▼ 書籍部コメント

動詞には、「中核的意味」というものがあります。意味がたくさんある動詞でも、共通した一本の線、コアとなる意味のこと。動詞がわかれば、ざっくりとでも文章の意味を推測できるようになりますよね。「全体的な文法はどうでもいいけど、文の中心になる動詞を理解できるようになりたい」という方におすすめです。

高校や予備校でもなかなか教えることのない、動詞の「中核的意味」に着目した本。

リーディングを鍛えたい方も読んでおいて損はないはず。

おわりに

いかがでしたか ?

これからTOEICを受けるという方、そうでなくても英語を学びたいと思っている方は参考にしてみてくださいね。

授業で英語の本を読んでいる筆者もしっかりアドバイスをいただいてきました。

書籍部のみなさん、今回もありがとうございました !

こんな記事もオススメです

【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 新入生編
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ ! 大学生にオススメの本 新入生編
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ! 大学生にオススメの本 旅編
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ! 大学生にオススメの本 旅編
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ! 就活を控える大学生へ贈る本
【まとめ】山大書籍部の書店員が選ぶ! 就活を控える大学生へ贈る本
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ