社会人の先輩に聞いた ! 後悔しない大学生活を送るために絶対やっておくべきこと。

2017.5.29

5月も終わり。五月病にかかって怠けていませんか ?

今回はこの春から社会人になった先輩方に、後悔しない大学生活を送るためのあれこれを質問してみました!

それではどうぞ。

授業について、モノ申す!

160513_senpai

こんな授業を選ぶといいよ。

自分が興味ある授業をとりましょう!単位のために興味のない授業をとると行くたびに苦痛になります。(芸工大卒・男性)

夏・冬休み前の集中講義がオススメ。一つのジャンルについて一気に学ぶことができるので、特に身に付く感じがします。(芸工大卒・女性)

学んだことを生かせる場面は意外とないので、むしろ資格取得やその他の方面に力を入れる方がおすすめです(山大卒・女性)

授業の受け方はこんなかんじで!

前の席で授業を受けましょう!先生に質問しやすいですし、顔を覚えてもらえるので成績が上がります(体感値)(芸工大卒・男性)

芸工大生の場合はネットバスのメールをスマホに転送設定するのを忘れずに!休講情報や天候による休校情報などが送られてきます!(芸工大卒・女性)

レポート提出を見越して、授業のプリントやノートはちゃんと整理しておきましょう……提出日前夜、片付けから始めるのは大幅なタイムロスです。(芸工大卒・女性)

バイトや就活、どうでした?

160513_senpai02

バイトやるべき?やらないべき?

バイトは経験しましょう!本当は働きたくないものですが、その辛いことから学べることは多いです。例えば、バイトといえどお客さんがいるので責任感が身につきますし、辛いことを楽しくとらえるスキル?も身につきます。(芸工大卒・男性)

バイトは時給で選ぶもよし、身につくスキルで選ぶもよし……ですが、なんとなく始めてしまうとバイトに追われる日々になるかも。シフト管理は計画的に!(芸工大卒・女性)

就活っていつから、どうすればいいの?

3年生のうちから、就活について考えておくといいですよ!(芸工大卒・男性)

大切なのは決まる「時期」よりも決まった「内容」周りに流されず、自分が納得いくまでねばりましょう!(芸工大卒・女性)

本当にやりたい仕事をやるべきだと思います。地元や、学校付近以外での就活はかなりお金がかかります。(山大卒・女性)

先輩の恋愛テクニック、教えてください!

160513_senpai03

チャンスは学年が変わる春ですよ。ビビっと来たら、ガツーンといきましょう。それで、あなたの人生は劇的に華やかになります。(芸工大卒・男性)

サークルや学科はもちろん、バイト先や就活中にも出会いはあるんです!色々な場所に行ってみましょう。(芸工大卒・女性)

同期の3分の2が恋人持ちでした、学生時代の出会いは大切に!(山大卒・女性)

サークル、続けるべきですか?

160513_senpai04

ガチな運動部で青春するのもよし、飲み会にたくさん参加してもよし。サークルはとにかく人と会える場所なので、ぼっちになることはありません!卒業してから、大学の思い出として残るのでぜひ参加しましょう!(芸工大卒・男性)

サークルはかけもちしている子も沢山いたので、興味があったら時期に関わらず見学に行くことをオススメします(芸工大卒・女性)

話のネタやら、就活の強みになるので、やっておけばよかったと思いました。(山大卒・女性)

最後に、先輩から一言。

160513_senpai05

私は卒業直前まで「就活しない!」宣言をしていたものの、結局就職したパターンなのですが、働いてみたら意外と楽しいです。そしてなにより、お給料ってすばらしい!就活は個人のペースでいいと思うのですが、就職をすること自体はかなりオススメします。(芸工大卒・女性)

会社に入ってからは大学で学んでたかどうかや、成績がどうであったとかはほんとうに関係ないです。
むしろ趣味の話が弾むことが多いので、大学生のうちに遊びましょう!(山大卒・女性)

さいごに

いかがでしたか?

さすが先輩。言葉に重みがありますね……。

参考にしつつ、みなさんも自分なりの大学生活をエンジョイしましょう!

こんな記事もオススメです

【就活お悩み相談】就活対策以外で学生時代にやっておいた方が良いことはありますか ?
【就活お悩み相談】就活対策以外で学生時代にやっておいた方が良いことはありますか ?
【まとめ】猛烈に構ってほしい ! ひとり寂しいとき、みんなは何をしているのか ?
【まとめ】猛烈に構ってほしい ! ひとり寂しいとき、みんなは何をしているのか ?
【まとめ】気になるあの子とどこ行こう ? 山形県内のデートスポットまとめ
【まとめ】気になるあの子とどこ行こう ? 山形県内のデートスポットまとめ
この記事を書いた人
にぼし
インタビューを中心に、お役立ち記事を執筆中です。

アクセスランキング

おすすめまとめ