【まとめ】学部別に聞いてみた。「あなたの夢、なんですか ? 」 〜山大生編〜

2016.4.2

突然ですが、あなたの夢は何ですか ?

夢といっても先生に警察官、公務員やアイドル、スポーツ選手といった職業の面での夢だけでなく、幸せな家庭を築きたい、世界一周がしたいというのも素敵な夢だと思います。

4月から新生活がスタートする中で、就職活動や試験勉強などを通して自分の将来について考えることが増えたのではないでしょうか ?

将来の夢がない、自分のやりたいことが分からない、やりたいことはあるけど実行する勇気がないといった悩みを抱えている人もいると思います。

そこで今回は、山大生に将来の夢を聞いてきました。大学生がどういったことを考えているのか、どんな夢を持っているのか、この場を借りて紹介させてください。

人文学部

武藤 黎さん (4月から4年)

労働者の相談にのっていた父に影響をうけ、将来は弁護士になり法律を使って人を助けたい。

松井 優さん (4年)

リトアニアでの留学を経験。人と違うことがしたい、自分を成長させたいという思いから商社への就職を希望。

東海林 ゆりかさん (4年)

ダンスサークルに所属。自分を表現したいという思いが強かった。テレビ局でアルバイトをしていたが作る側よりテレビに出たいと思うようになった。

藤原 有希さん (4年)

カフェでのアルバイトを通して相手が何を求めているのかを考えるようになった。将来は金融業の仕事に就き、その人に合ったサービスを提供したい。

米山 夏美さん (4年)

現在YUM!のメンバーとして活動中。困っている人に手を差し伸べる、人に自信を与えるという面から損保、化粧品会社での就職を考えている。

吉岡 慧さん (4年)

サークルや団体での活動を通したくさんの人と話をする中で、誰とでも話をすることができるようになった。今は人と人を繋げる仕事がしたい。

原田 千純さん (3年)

中国に留学していた姉がくれたプレゼントがきっかけで海外に興味を持つようになった。日本に来る外国人をもてなす仕事がしたい。

太田 浩二朗さん (4月から社会人)

テレビ局でのアルバイトを通して、テレビを見る側でなく作る側、伝える側につきたいと思うようになりテレビ局の仕事へ。自分の意見を持ちつつ、相手と調和のとれる人になりたい。

佐藤 将人さん (4月から社会人)

サークル活動の中でイベントなどを通じて地域の魅力を
伝えていった。その中で地域に人を呼ぶことに魅力を感じ観光業の仕事へ。

地域教育文化学部

杉山 正和さん (4年)

もともとは数学の先生を目指していた。カナダでの留学を通して山形と世界をつなぐ、山形から世界に発信していく企業で仕事がしたいと思うようになった。

対馬 真美さん (4年)

自分が楽しい学生生活を送れた分、先生になってクラスの生徒に
楽しい学生生活を送らせてあげたい。アーチェリー部の顧問になって生徒をインターハイに連れていきたい。

井元 輝さん (4年)

高校の時からゲームに熱中していた。卒業後は就職しながら資金を集め、専門学校に通いゲーム開発の勉強がしたい。

高橋 実里さん (4年)

小学生の時に児童劇団に所属していて、スポーツや演技など身体表現への強い思いが根底にあった。将来は女優になりたい。

仁井田 ひかりさん (4年)

家族の近くにいたいという思いから地元の公務員、献血を気軽にできる人助けの方法として若い人に伝えたいから赤十字のスタッフ、これから旅に出る人のワクワクした顔を見ながら仕事がしたいから空港のスタッフの3つで今は迷っている。

黒沼 可那さん (4月から社会人)

自分が誇れる仕事についてほしいという母からの言葉。人と関わる仕事、1番患者さんの近くにいる看護師になりたいと思った。4月から看護師へ 。

小松田 恭平さん (3年)

子供と遊ぶのが好きで児童相談所でアルバイトをしている。バスケットボールを通じて挨拶や集団行動を学んだ。先生になって子供たちに伝えていきたい。

理学部

佐藤 俊喜さん (4年)

高校生の時のある先生との出会いがきっかけ。人生でも重要なターニングポイントである高校生。教師になって進路指導をしたい。

工学部

磯 恭平さん (4年)

研究、開発がしたい。みんなの生活が便利になるような、将来残せる新しいものを作りたい。そのために大学院に進学予定。

さいごに

いかがでしたか?

今回の記事では皆さんの簡単な紹介だけでしたが、次回から1人ずつ詳しく紹介していきたいと思います。

人とは違う人生、刺激的な人生を送りたい、後悔はしたくない、楽しく生きたい。みなさんはどんな夢を持っていますか?

僕も自分の将来について漠然と考えては不安になることがよくあります。でもこの記事を読んでいただいた方には、他の人に何を言われても自分が正しいと思う道を進んでいってほしいと考えています。

周りの友達と自分の思っていることを真面目に語るのは少し恥ずかしいと思います。でもこれから紹介していく学生は本気でそれぞれの思いを話してくれました。この機会に皆さんにも将来について考えていただけたらなと思います。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました !

次回をお楽しみに

ライター : ばんでぃ

この記事を書いた人
ばんでぃ
七日町の「さる家」でバイトしてるよ!

アクセスランキング

おすすめまとめ