【ゆる〜く調査19】サークルってどうやって選びましたか ? 先輩たちに聞いてみた。

2017.4.4

いよいよ4月がやってこようとしています。みなさんいかがお過ごしですか ?

4月は出会いの季節です。

授業はもちろん、部活やサークルなど、新しく始めることが増えますよね。

特に、サークルは大学生になって初めて経験する活動

そこで、いま大学に通っている先輩方に、 「サークルをどうやって選んだのか ? 」 について聞いてきました

とにかく好きなことをやる

160329_yuru2

「中・高と運動部でした。大学でもそのサークルに入りました」

部活動でやっていたことって、離れてしまってもふとした時にすごくやりたくなりますよね。

「吹奏楽をずっとやっていたので、大学でも楽器に触れていたかった」

楽器に触れることがほとんど習慣になっていたのだとか。

「音楽が好きだったので、軽音サークルに入った」

好きなことをやりたい気持ちがそのままサークルの選択にもつながったんですね。

新しいことにチャレンジ

160329_yuru3

「やったことのないことをしてみたかった ! 」

これは山形大学パラグライダーサークルに所属している先輩の声。

好奇心とチャレンジする気持ちは、いつまでも大切にしたいですね。

「学部は国際や英語とはまったく関わりが無いですし、自分自身海外に行ったこともありませんでした。でも、いろんな国の人と交流してみたいと思ったのが、今のサークルに入ったきっかけです」

留学生の方と交流するサークルもたくさんあります。

人とのつながりが決め手になった

160329_yuru4

「同じ学科の先輩が多かった」

同じ学科という共通点があると、授業でわからなかったことや悩みを相談できるので頼りになります。

また 「過去問をもらえる」 というコメントも・・・・・・

「共通の趣味の話題を楽しめる友人が欲しかった」

サークルは新しい人間関係を築く場所にもなります。

趣味のことを話せて、わかってくれる相手がいるのはうれしいですよね。

「新歓フェスで対応してくれた先輩が優しかったから」

お世話になる先輩が優しい、雰囲気が良いというのは惹かれるポイントですね。

まとめ

いかがでしたか ?

サークルに入った理由も、その決め手も、人それぞれですね。

新入生の皆さんが実際にサークルの先輩と会うのは、4月のはじめの新歓

まずはそこに足を運んで、実際に体験したり、自分の目で確認してみると良いのではないでしょうか。

新入生の皆さんを、素敵な先輩方が待っていますよ !

こんな記事もオススメです

【まとめ】2017年度版 山形大学のサークル・学生団体のTwitterアカウント 99個
【まとめ】2017年度版 山形大学のサークル・学生団体のTwitterアカウント 99個
【まとめ】2017年度版 東北芸術工科大学のサークル・学生団体のTwitterアカウント 20個
【まとめ】2017年度版 東北芸術工科大学のサークル・学生団体のTwitterアカウント 20個
【ゆる~く調査18】新入生必見 !  入学式の服装はどうする ?
【ゆる~く調査18】新入生必見 ! 入学式の服装はどうする ?
この記事を書いた人
KK
カレーはナンよりライス派です。

アクセスランキング

おすすめまとめ